記事の書き方と構成を6つのポイントで解説!【テンプレート付き】

この記事タイトルを見て

思わずクリックしたというあなた。

こんなことで悩んでいませんか?

ブログを始めたけど、
なかなか記事が書けない…

Webライターになったけど、
仕事が取れない…

なにかテンプレートが
あれば書けるのに…

でも、もう大丈夫。

これを読めば

そんな悩みはサクッと解消されます。

今回は

誰でも記事文章をカンタンに

作れるコツをお伝えしていきます。

記事の書き方と構成に必要な6つのポイントを覚えよう

ポイントは6つです。

  • 1記事1テーマにする
  • 見出しから書く
  • 構成をつくる
  • 漢字をへらして小学生でも
    わかるように書く
  • 数字とカタチを具体的に書く
  • 自信をもって断言する

7つも一気に
覚えられない…

という方もいるかと思います。

なので、まずは

その中で、もっとも重要な

構成の作り方テンプレート

を公開します。

しっかりと覚えて、テンプレートに

当てはめるだけで

きちんとした記事が出来上がります。

この記事を見たら

すぐ文章を書いてください。

やらないといつまでたっても

覚えられません。

記事の書き方と構成テンプレートを使うときに必要な考え方

主張に対してきちんとした理由を述べる

(その主張が本当なのかデータを持ってくる

相手が、その主張の意味がわかりにくい場合

相手の現実に入り込んで、

例え話を小学生でもわかるよう

優しく話してあげるだけです。

そして、できるだけ早めに、

結論を持って来てください。

記事の書き方と構成テンプレート【コピペして使ってください】

1.主張:タイトル

2.導入文:主張をさらに深く

3.結論:主張の結論を述べる

4.主張の理由:箇条書きで主張の理由を3つほど書いて行く

(必ずしも理由と書く必要はない、メリットを3つ書く事

4の例文

※この記事を読むべき人は以下の

3つに当てはまるような方です。

  • 記事の簡単な書き方を知りたい人
  • 初心者でもテンプレに
    当てはめるだけでスラスラと
    書ける様な物を探している
  • 記事作成のスキルアップを考えている人

という、方にオススメの記事となります。

理由1を見出しにする

理由を見出しにする:見出し2

理由を解説する

例え話やデータを使って、

理由のイメージさせて

そういうことか!

と理解を気づきをうながす

あらゆる角度で表現しなくては

いけない場合は:見出し3

見出し3に対する解説を入れる。

理由2を見出しにする

次の理由を見出しにする:見出し2

理由を解説する

例え話やデータを使って、

理由のイメージさせて

そういうことか!

と理解を気づきをうながす

あらゆる角度で表現しなくては

いけない場合は:見出し3

見出し3に対する解説を入れる。

理由3を見出しにする

次の理由を見出しにする:見出し2

理由を解説する

例え話やデータを使って、

理由のイメージさせて

そういうことか!

と理解を気づきをうながす

あらゆる角度で表現しなくては

いけない場合は:見出し3

見出し3に対する解説を入れる。

まとめ:もう一度結論を書く

※見出しにまとめと

書かずに結論を書く

記事の書き方と構成テンプレートを使えば今すぐ記事書けるようになる

構成ができていれば、

それにそって文章を書いていけば

カンタンに記事が作成できます。

そして、最後に重要なことを

もう一度お伝えします。

この記事を読み終わったらすぐに

このテンプレートを使って

文章を書いてください。

読んで終わりではありません。

やってみて初めて意味が出るのです。

どうぞよろしくお願いいたします。

素人占い師の売上げを1か月で200倍にした方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)