集客の悩みを解決するために、見込み客に直接リサーチする

あなたの商品やサービスに

興味を持っているお客さまがいるのですが、

そのまま放っておいて良いのでしょうか。

いずれ購入する可能性が

高いお客さまに対して

何もしないのは損です。

集客に悩んでいるなら、

尚更興味を持ってもらっている

お客さまに

アプローチしていくことは大事です。

何もしなければ

競合他社に流れるかも知れません。

この記事は下記の方におススメです

  • 集客にお悩みの方
  • マーケティング担当者又はマーケティングを学びたい方
  • 起業初心者又は今後起業しようと思っている方

集客の悩み解決~見込み客とは~

見込み客とは、

自社の商品やサービスを

認知していて興味があり、

後に購入の可能性が

あるお客さまのことです。

将来、継続的に購入してくれて

お得意様になってくれる可能性もあります。

自社のホームページなどから

メルアドやLINE(ライン)を登録してくれたり、

資料請求や資料ダウンロードをしてくれたり、

無料サービスを登録して

利用してくれているお客さまのことになります。

すでに自社及び自社の商品や

サービスに興味がある上での

お客さまの行動になりますので、

不明点や問題点が解決すれば

購入の決断をしてくれます。

購入までもう少しの状態にある

見込み客に対して

アプローチしないのは非常にもったいない。

目の前にお客さまがいて、

お客さまが興味や関心を示しているのにも

関わらず何もしないことは、愚の骨頂です。

集客の悩み解決~なぜ見込み客にリサーチするのか~

見込み客は、

あくまでも購入見込みのある

お客さまのことであり、

必ず購入する訳ではありません。

リサーチする目的は、

購買率を上げるためです。

お客さまのことをより深く理解して、

何を求めているのかを探ることにより、

お客さまに合わせたアプローチを

することによって購入の決断を促します。

それぞれのお客さまに

行動してもらいたいと思っているならば、

それぞれのお客さまが

普段どういう行動をしていて、

どういうことを考えて

何をきっかけに行動をしているのか。

それを知ることができれば、

お客さまに合わせた言葉なり

文章なりで行動を起こすように

後押しすることができます。

集客の悩み解決~何の情報をリサーチするのか~

見込み客をリサーチする場合、

何をリサーチすれば良いのでしょうか。

まずは、

性別・年齢・職業・家族構成

などの基本情報です。

同じ商品やサービスを紹介するにしても、

20代と50代や男女、公務員と自営業、

既婚者や独身などでも

アプローチの仕方が変わってきます。

さらに、

悩んだり困ったりしていること、

商品やサービスの選択基準は

かなり有益な情報で、

購入するきっかけや理由、

タイミングを知ることができます。

また、見込み客の関心のあること、

常識的に思っていること、

価値観、願望や欲求、商品や業者に対する

感情など細かく可能な限りリサーチします。

リサーチした結果に基づいて、

・セールスレター

・セールストーク

・コンテンツ制作など

をすることによって、

よりお客さま側の立場に立った

アプローチをすることができます。

集客の悩み解決~見込み客のリサーチ方法~

ここからは、どのような方法で

見込み客の情報を収集していけば

良いのか紹介していきます。

見込み客に直接聞いてみる(実際に会話してみる)

直接会えるお客さまの場合は、

会話をしてみましょう。

何も関係のない話からヒントが隠されていて、

興味のあることや困っていること

などが知ることができる場合があります。

見込み客に直接聞いてみる(アンケート)

メルマガやブログ、

SNSなどに登録しているのならば、

アンケートを用意して

直接お客さまに聞いてみます。

これは、

商品を購入されている

お客さまに聞くのも効果があります。

売れている他社を調べてみる

競合他社などで売れている商品があれば、

自分で見込み客の立場になって

登録してみましょう。

他社のメルマガに登録したり、

SNSのフォロワーに

なったりしたりして

セールスレターなどを読んでみます。

すでにリサーチをして

セールスレターを作成しているので、

かなり参考になり、

こちらで最初からリサーチする

手間がかなり省けます。

Q&Aサイトで調べる

Yahoo!知恵袋などのQ&Aサイトは、

情報の宝庫です。

お客さまの困っていることや

悩んでいること、

商品やサービスに対しての疑問など

莫大な情報があるので参考になります。

雑誌

ニッチな分野や専門分野の雑誌から

得られる情報はかなりあります。

ネットで得られない

詳細な情報があったりもします。

表紙や目次だけでも

見込み客が何に興味・関心があって

何に困っているのか探ることができます。

ショッピングサイトのレビュー

Amazonや楽天などである程度の

売上とレビュー数がある商品ならば、

肯定的なレビューも

否定的なレビューも読んでみましょう。

お客さまの要望や願望、

困ったことなど知ることができます。

見込み客の立場になってみる

自分が見込み客なら

どう行動するのか考えてみましょう。

どのような言葉で

検索するのか考えてみて、

検索してみたら上位サイトに

行ってどのように言われているのか、

どのように販売されているのか探ります。

そうしたら、

参考にして同様のことをやってみましょう。

これは、あなたが思っている見込み客も

同じ行動をする可能性が高いからです。

見込み客に直接リサーチしてみよう!

見込み客をリサーチするには、

直接聞いてみる方法が一番効果的です。

アンケートの回収率を上げるために

割引券を付けたり、

無料の相談会やセミナーを行ってみたり

するなど工夫次第では色々な方法があります。


LINE(ライン)や

Twitter(ツイッター)などのSNSから、

直接リサーチすることも可能です。

集客に悩んだら、

お客さまの気持ちになって考えてみましょう。

そのためのリサーチです。

素人占い師の売上げを1か月で200倍にした方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)