占い師のWebにおける集客方法

ウェブ集客とマーケティングの画像

占い師がネットで活動する上で「商品やサービス」と「集客」のうち、どちらにコストを割くべきかご存知ですか?

結論は「集客」にコストを割くべきなのです。

実は占い師に限らず、オンライン上でスキルを提供して稼げる方はココナラをはじめとする、スキル販売サイトやクラウドソーシングといった「Web」を通して集客しています。

今回は、インターネットにおける集客ノウハウについて分かりやすく解説していきます。

こんな方におすすめ

  1. ネット上でビジネスを始めようと考えている方
  2. 商品を作っても売れずに悩んでいる方
  3. ココナラなどのWebで活動する占い師の方

結論|集客に対して労力を割くべき

結論|集客に対して労力を割くべき の画像

商品やサービスの開発と集客の2つのうち、どちらに労力(コスト)を割くべきでしょうか。

選ぶなら集客に対して労力を割きましょう。

商品もないのに集客をしても無駄では?

あなたが思うように、たしかに集客をする上で売り物となる商品は必要です。

しかし商品のクオリティは重要ではありません。

インターネットが発達する以前、オフラインで商売をするのが基本でした。

その状態での集客方法と言えば

  • チラシ
  • TVCM
  • 口コミ

でお客さまを集めてきました。

それから十数年でオンライン上で商売をする企業が増え、個人経営だとしてもほとんどのの経営者がホームページを持つようになりました。

チラシやTVCMのほかに、ホームページやネット広告がありますが、いずれにしても「広告費」がかかります。

つまり効率的に集客をするには、「Web上の集客にコストを割くべき」なのがお分かりかと思います。

Web集客にコストを割くべき3つの理由

Web集客にコストを割くべき3つの理由 の画像

企業であれば広告費について予算をかけられますが、個人レベルとなると集客に労力をかけようとすら思わない人がほとんどです。

「商品性が良ければ、客はあとからついてくる」と。

「良い商品を作り上げてから、自信をもってネット上で売り込みたい」と。

なぜ初心者ほどWeb集客・Webマーケティングにコストを割くべきなのか?

3つの理由を分かりやすく解説します。

理由1:商品を知ってもらわなければ意味がない

初心者であればネット上の集客に労力を割かない傾向が強いのですが、Web集客に労力を割くことは周りとの差別化を図れるメリットがあります。

そもそも、商品を売るためにはお客さまが来てくれないと売れません。

オフラインでのビジネスでも、口コミをしてもらうにはまず自分の商品をお客さまに知ってもらわなければ、何も始まりませんよね。

どんなにいい商品も「お客さまの目に届かなければ意味がない」のです。

ですから、良い商品を作るためにコストを割くことは止めましょう!

集客に労力を割かないというのは、例えるなら人が通らない細い路地にひっそりとラーメン屋を開くようなものです。

特に初心者ほど、まずは「自分の商品を知ってもらう」ようにPRしましょう。

理由2:商品を売るための活動をしていない

先ほど、集客がいかに大事であるか理解できたかと思います。

しかし「良い商品を作れば自然にお客さまが来る」と思い込んでいませんか?

かつて高い広告費を払ってチラシやTVCMを作らなければならなかった時代では、それで正解でした。

しかし今ではSNSや自身のホームページで、かんたんにあなたの商品を宣伝できるようになったのです。

SNS上に広告を出せば月額数千円程度で、より多くの人の目に触れさせることができます。

高額なチラシやTVコマーシャルの宣伝費は不要になったのです。

つまり、商品があれば「あとはネット上で宣伝するだけ」なので、集客に専念する気持ちで力を入れましょう!

たったの数千円で多くの人に、自分の商品を知ってもらうことができる時代です。

Webで集客活動をしないのは、この瞬間にもチャンスを逃しているということですよ。

非常にもったいない話だとは思いませんか?

理由3:知ってもらわなければ本当にいい商品が作れない

本当に「良い商品」とはなんでしょうか?

良い商品とは、お客さまの意見を聞いて改善することで初めてできあがるものです。

お客さまに買ってもらってすらいない状態では、「良い商品」というのは自己評価に過ぎないのです。

誰かに買ってもらって、「良いね!」と言ってもらえるから、「良い商品」だということです。

ですから、最初は「お客さまに買ってもらうこと」が一番やるべきことになります。

そのために、集客に労力を割くべきなのです。

コストは商品20%・集客80%の割合で集客にウエイトを

コストは商品20%・集客80%の割合で集客にウエイトを の画像

結論として占い師がWebで活動するにあたって、コストは商品20%・集客80%の割合で集客に重点を置くことをおすすめします。

そして集客が成功してから良い商品づくりの改善をしつつ、コストをかけることをオススメします。

初心者ほどこの方法を守った方が良いでしょう。

理由は商品を作ること自体、難しいことではないからです。

商品は知識・情報・スキルをもとにサービスとして変換して作るようなイメージです。

これら3つを生かした商品を作るのであれば全く難しくありません。

良い商品を作らずに集客するのは詐欺ではないの?

集客をする時点で、今の自分の力を100%出して作った商品を自信をもって提供すれば問題はありません。

なんとなくで商品を作れば、それは「詐欺」になります。

商品というのは知識・情報・スキルがなければ、お客さまに提供できません。

良い商品というのもお客様からフィードバックを得て、はじめて作り込めるのです。

ですから、まずは今の自分がベストを尽くして作った「商品」をお客様に提供しましょう。

集客にコストをかける具体的行動とは

集客にコストをかける具体的行動とは の画像

集客にコストをかけるということは広告費を払うことのほかに、以下の3つが含まれます。

  1. マーケティングについて勉強する
  2. 本を買って勉強する
  3. メンターから正しい知識を学ぶ

正しい集客を行うためには正しいWeb集客を学ぶことが大事なのです。

これらのアクションも、立派な「集客にコストをかける」ということです。

まとめ

占い師をはじめとする、ネット上でビジネスを展開する方向けに、Web集客・Webマーケティングに労力を割くべき理由を解説してきましたが、いかがでしたか?

大きな成果を出すには商品を作るより、まずは集客にコスト(労力)を割きましょう。

Webで集客をすることにより、少ない労力で大きな成果が見込めるということが分かりました。

しかし、それには正しいWeb集客とマーケティングの方法を知る必要があるということも分かりましたね。

たった数千円の広告費で、あなたの商品が飛ぶように売れて、数千円の広告費の元を取ることができるようになります。

そのためにはWeb集客に80%のコスト・労力を割いて、多くの人の目にあなたの素晴らしい商品やサービスを届けましょう。

ウェブでサービスを販売するときに必ず覚えてほしい1つのテクニック もぜひお読み下さい。

Web集客に特化した一般社団法人アインでは、他社にはないノウハウを持っています。

インターネットの集客でお困りの方はぜひアインまでご相談下さい。

>>>ご相談はこちら<<<

投稿者プロフィール

アイン記事編集部
アイン記事編集部
一般社団法人アイン専属の記事編集部です。

「絶対にやってはいけないSNS集客法 30チェックシート」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)