集客の悩み解決するために、すべてを情報発信のコンテンツにする

コンテンツは、1990年代後半から

インターネットの普及と

共に浸透してきた言葉です。

直訳すると中身や内容になりますが、

Webサイトで使用されている意味

としては情報の中身となります。

このインターネットやスマホの普及は、

コンテンツと深く関わり合っていて

情報収集の方法が変化していくことで、

マーケティングの手法も

変化することになりました。

コンテンツマーケティングは、

かなり昔から行われていた手法ですが、

日本で注目され重要視されてきたのは

2014年頃からとまだまだ最近の話になります。

この記事は下記の方におススメです。

  • 集客にお悩みの方
  • マーケティング担当者又はマーケティングを学びたい方
  • 起業初心者又は今後起業しようと思っている方

集客の悩み解決~アウトバウンドからインバウンドへ~

インターネットやスマホの普及で、

アウトバウンドマーケティングから

インバウンドマーケティングへ

主流が変化することになりました。

これには、圧倒的な情報量の違いがあります。

以前はテレビや新聞・雑誌などで

情報を得ていたので、

1日で得る情報量もそこまで多くなく

興味や関心のない情報も目を通していました。

それがインターネット・スマホによって

いつでも・どこでも情報が得られる環境になり、

あまりの情報量の多さのため

自分に興味のある情報以外は

目を通すことはしなくなりました。

流通情報量は、

2001年度から2009年度に

かけて99%伸びています。

だからと言って人間の情報処理能力は

あまり変わらないので、

流通情報量の99%以上は目を通されません。

それまで、とにかく広告を沢山出せば

興味のない人でも見てくれていたものが、

あまりにも広告が多くなったので

本当に興味のある広告しか

見なくなっていきました。

そこで、重要視されてきたのが

インバウンドマーケティングです。

コンテンツを使用した

コンテンツマーケティングが

注目されるようになりました。

集客の悩み解決~コンテンツマーケティングとは~

コンテンツマーケティングとは、

お客さまにとって

価値のある役立つ情報を

発信して見つけてもらうことになります。

また、見つけてもらったら

見込み客を育てていき購入してもらい、

最終的にはファンになって

もらえるようにしていくことです。

広告や電話や訪問での営業などは、

企業側の情報を相手の状態が

どうであれ押し込んでいく手法です。

現在では自分で必要な情報は

自分で得ることができるので、

あまり押しつけられてしまうと

逆効果になります。

また、現在では新商品の情報を

入手する方法で一番多いのは、

インターネット検索です。

テレビCMや店頭で実際に

見るよりも多くなっているのが実情です。

一方のコンテンツマーケティングは、

お客さまの視点でお客さまの考え方に

合わせて情報を発信します。

つまり、広告は企業側視点で

コンテンツマーケティングは

お客さま側視点の手法になります。

集客の悩み解決~新しいメンタルモデル~

現在では、

商品を購入するにあたって

意思決定を下すプロセスへの

メンタルモデルが変わってきています。

2011年にGoogleが提唱したZmotです。

Zmotは、

Zero Moment of Truthの略になり、

直訳するとゼロの真実の瞬間

という意味になります。

まず、刺激を受けたお客さまは、

その刺激を受けた商品について

インターネットから

・商品の情報

・レビュー

・体験談など

十分に情報収集を行って

購入の意思を決定して

店頭に行くというものです。

お客さまが来店した時には、

すでに相当な量の情報に接しています。

高額の商品ほど長期間情報収集して

比較検討後に購入の意思決定をしています。

つまり、インターネットでの

情報発信が売上・利益に

かなりの影響を及ぼしている

ということになります。

集客と悩み解決~SNSの利用者増加~

インターネットとスマホの普及により、

年々利用者が増加しているのがSNSです。

2019年度末での国内ネットユーザーは

推定9,960万人でそのうちのSNS利用者は

78.2%で7786万人となっています。

さらに、今後も利用者は

増加していく予測になっています。

10代・20代の利用者が多かったが、

SNSを利用するのが

当たり前になってきたため、

現在は40代以上の利用者が増加してきています。

インターネット同様、

SNSもかなりの影響力を持つようになっており、

ビジネスやマーケティングで

かかせなくなっています。

SNSからの情報で商品を

購入する意思決定をしたお客さまも

かなり増えているということです。

集客の悩み解決~コンテンツマーケティングの手法~

  1. オウンドメディア
    自社で情報発信をコントロールして
    コンテンツをストックしていくことで
    資産化できるメディアです。

    主にブログやホームページ、メルマガなどのことです。

    ブログ等はSNSと違い、
    お客さまが悩んだり困ったりした時に
    検索エンジンを利用して

    解決する時に流入が期待できます。

    また、その場限りの
    新しい情報発信だけではなく、
    今までの情報が蓄積されていきますので、

    幅広いお客さま層に
    対応していくコトが可能です。
  2. シェアードメディア
    SNSを活用して
    アプローチしていく手法です。

    Twitter(ツイッター)
    Facebook(フェイスブック)
    LINE(ライン)などを利用します。

    ブログと違い、
    お客さまとリアルタイムで
    双方向のコミュニケーションが可能ですし、

    コミュニティの形成や
    口コミで拡散する影響力はかなり重要です。
  3. アーンドメディア
    影響力のある人やメディアを通して
    自社や商品の宣伝をしてもらい
    信用・評判を上げる手法です。

    インフルエンサーや
    有名ブロガーなどを活用します。
  4. ペイドメディア
    広告とコンテンツマーケティングの
    良い部分を補完し合う手法です。

    ・SNS広告
    ・記事広告
    ・インフィード広告
    (SNSのタイムライン等の広告)
    ・リスティング広告
    (検索連動型広告)

    などがあります。

すべて情報発信のコンテンツにしよう!

現在はコンテンツマーケティングが主流です。

お客さまの立場になって

考えてみることが重要になっています。

また、インターネットとSNSは

ビジネスシーンにおいてかなりの影響力があります。

一つのメディアだけではなく、

ブログとSNSなど色々なコンテンツから

情報発信することによって、

相互補完することになり、

相乗効果が期待できます。

集客に悩んだらコンテンツを

活用できているのかチェックしてみましょう。

素人占い師の売上げを1か月で200倍にした方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)