集客の悩みを解決するために、商品が必要のない人には売らない

集客を頑張って行っているが、

中々上がっていかずに

悩んでいる人も多いとおもいます。

自分の努力や能力が足りないと

思われているかも知れません。

そう思う前に、

少し考え方を変えてみませんか。

あなたが接しているお客さまは、

その商品やサービスが必要なのでしょうか?

いくら努力した所で

必要のないお客さまに

売り込みしても売れません。

この記事は下記の方におススメです。

  • 集客にお悩みの方
  • マーケティング担当者又はマーケティングを学びたい方
  • 起業初心者又は今後起業しようと思っている方

集客の悩み解決~購入するかどうかはお客さま次第~

当たり前の様ですが、

商品が売れるか売れないかは

お客さま次第です。

お客さまの都合があり、

都合が悪ければ絶対に売れません。

これを見誤って

自分や自社の努力次第で売れるだろう

と思うのは過信です。

満腹のお客さまに対しては、

いくら美味しい料理でも、

割引価格にした料理でも売れません。

それをこんなに美味しいのに

何故売れないのか?

割引にしているのに何故売れないのか?

と考えても意味がありません。

いくら良い商品なのでおススメしても、

お客さまが必要だと

思わなければ買いません。

営業努力が足りない訳ではないのです。

逆に不快感だけ与えているかも知れません。

タイミングも非常に重要だということです。

満腹のお客さまでも5~6時間後には

興味を持ってもらえるかも知れませんし、

明日になれば分かりません。

雨が急に降り出したとしても

傘を持っている人に傘は売れません。

しかし、別日に傘を持ってくるのを

忘れて雨が降り出したら、

仕方なく傘を買うかも知れません。

集客の悩み解決~商品が売れない理由~

お客さまが商品を買う理由は必ずあります。

逆に買わない理由も必ずあります。

人間がなんとなく

商品を買うことはありえません。

ましてや何も思わないで買うこともありません。

お客さま自身がなんとなく買った

と思っていたとしても、

突き詰めていくと実は理由があります。

例えば、

「そういえば1週間ほど前に

テレビで見て食べてみたかった」

「パッケージを見て美味しそうと思った」

のようになにかしら理由があるはず。

もちろん、

お客さまが商品を買わない

理由も必ずあります。

  1. 商品を知らない
    お客さまが商品を買わない理由のトップです。
    商品自体知らないので買いません。

    商品のジャンルによっては、
    莫大な種類の新商品が発売されます。

    実際は知らないまま新商品が発売され、
    気づかないまま終売している商品など
    いくらでもあります。

    いくらお客さまが缶コーヒーを
    好きだったとしても
    全メーカーの全種類を知っている人など
    ほとんどいないでしょう。
  2. 商品に魅力を感じない
    商品を知ってはいるが魅力を感じなければ、
    お客さまも買うことはないでしょう。

    商品自体の評価が低く売れない場合は
    改良も必要ですが、
    魅力が伝わっていない場合もあります。

    商品の訴求ポイントを変えてみて、
    お客さま自身が問題解決できる
    と判断すれば購入するでしょう。

    先程、説明したお客さまに
    商品の必要がないので
    魅力を感じない場合もあります。

    すでに同様の商品を持っているので
    興味がない時もあります。

    訴求ポイントを変更するのも、
    お客さまが必要かどうか分かるのも、

    お客さまのことを
    理解していなければ分かりません。

    つまり、
    お客さまのことを理解していなければ、
    商品は売れないということです。

    そして、お客さまのことを
    より深く理解した方が良いということです。

集客の悩み解決~潜在顧客と見込み顧客~

潜在顧客と見込み顧客という言葉があります。

これは、お客さまが商品や

サービスに対しての状態を表す言葉です。

潜在顧客は、

商品を知らなかったり

必要がなかったりするお客さまです。

しかし、

商品やサービスを知ったり、

必要だと思えたりするようになったら

購入する可能性があります。

先程説明したタイミングの問題でも同様です。

見込み顧客は、

すでに商品やサービスを知っていて

興味や関心があり後に

購入の可能性があるお客さまのことです。

すでに資料請求のダウンロード、

メールアドレスなどの

情報登録をするような状態です。

潜在顧客でも、

商品やサービスを知ったとしても

興味を持たなかったり必要がない

と思われたりするお客さまに

アプローチしていっても意味がありません。

なので、

潜在顧客から商品やサービスに

興味を抱いて見込み顧客へとなった

お客さまに対してアプローチしていきます。

そして見込み顧客から

購入してもらい優良顧客へと導きます。

集客の悩み解決~アウトバウンドマーケティングとインバウンドマーケティング~

潜在顧客から見込み顧客に

なっていくお客さま、

もしくはすでに見込み顧客になっている

お客さまにだけアプローチ

していくことが一番効率的です。

そのためには、

お客さまの都合や状態を

理解しなくてはなりません。

企業側の意見を

一方的に押しつけるだけの

メディア広告やチラシ配布、

訪問営業などの手法

では厳しくなります。

これをアウトバウンドマーケティングといいます。

コンテンツから

潜在顧客に興味を持ってもらい、

お客さまが見込み顧客になった時に

アプローチしてコミュニケーションを

取るのが一番確実な方法です。

このように、

コンテンツでセールスをするのではなく、

お客さまに有益な情報を発信して惹き付ける。

コミュニケーションを取ることで

信頼関係を作って行く手法を

インバウンドマーケティングといいます。

情報過多社会でお客さまは

自分に興味がある商品の情報は

自分で収集するので、

押しつけを嫌います。

なので、

最近ではインバウンドマーケティングが

主流になっています。

商品が必要のない人には売らないようにしよう!

ついつい忘れてしまいがちですが、

お客さまが商品を買わないのは

お客さまの都合だということです。

買わない理由、

商品が必要のない理由があります。

そのお客さま無理にアプローチしても

コストの悪化やお客さまに

嫌悪感を抱かせるなど逆効果。

商品が必要だという

お客さまに対してだけ

アプローチしていけば、

効率的になりますし

お客さまも喜んでいただけます。

SNS・メルマガ・アンケートなどを

利用してお客さまを理解する努力をしましょう。

売るという気持ちも大事ですが、

最も重要なことは

お客さまを理解しようということです。

役に立ったと思ったらclick!

▼無料集客相談はコチラ▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)