集客の悩みを解決するために、「集客する目的」を思い出す

「初心忘るべからず」という諺があります。

これは始めのころの謙虚な気持ちや

真剣な気持ちを、

忘れてはいけないという意味を持ちます。

これは集客においても同じことです。

ある程度集客に慣れた頃なのに

「どうして売上げが上がらないのか?」

とお悩みになる方も多いと思います。

ですので、

集客の悩みを解決するためには

初心に戻って「集客する目的」

を思い出し、その上で新たに

対策を立てていく必要があります。

この記事はこんな方にオススメです

  • マーケティング初心者ではないが、未だに集客に悩み、苦手意識を持っている方
  • 初心に戻って「集客する目的」を思い出したい方
  • 集客に関する悩み事を一つでも減らしたい方

なぜ「集客する目的」を思い出すことが集客の悩み解決に繋がるのか

では、逆に

集客の目的が曖昧であると

どうなってしまうのでしょうか。

言い換えれば

「集客において自分が最終的に何を得たいのか」

ということがはっきりしないということです。

しかし大抵の方は

「自社の認知度を高め

お客さまを呼び込み、売上げを伸ばしたい」

こう考えるのではないでしょうか。

つまり集客の目的が

明確であればあるほど、

問題点が解決しやすいのです。

その結果世間での認知度が高まり、

それに伴い売上げも上昇し、

集客においてのお悩みの減少に繋がります。

なぜ、「集客する目的」を明確にしないと売上げが増えないのか

仮にですがここで、

集客の目的を

「多くの収益を得ること」

と設定したとします。

すると今度は、

それらに対して

「何を行っていくべきか」

ということを考える必要が出てきます。

多くの収益を得るためには

何が必要になってくるでしょうか。

宣伝の必要性、世間での認知度、

お客さまからの信頼感など

色々課題が出てくることがわかります。

またある程度集客に長けている方は、

闇雲に宣伝をかけても

効果がないこともご存じでしょう。

そうするとターゲットを

絞っての集客も重要になってきます。

「集客する目的」を「多くの収益を得ること」と設定した場合の具体例

明確な課題がでてきたことにより、

次に何を行うべきか

またお悩みになると思います。

一例として、

宣伝や認知度を高めるためには、

オンラインではWeb広告やSNSを

使用してたくさんの人を集客する、

オフラインではチラシなどを

作成するなどが挙げられます。

また認知度が高まる

宣伝や営業活動を通して、

自社の信頼感が増していきます。

その時に、

自社商品の魅力だけでなく、

オンライン上のセキュリティの強さや、

情報漏洩対策などに対しても

しっかり対策を行っていること

を伝えることで、

お客さまが「この会社は安心できる」

と信頼感を持つようになります。

ターゲットを絞るためには

ペルソナを設定することも重要です。

ペルソナとは商品や

サービスを提供するうえで、

理想的な架空の人物像を意味します。

ペルソナを作成することにより、

お客さまの理想や感情が

イメージしやすくなります。

そうすることでその人物が

共感できるポイントが

わかりやすくなります。

つまり商品やサービスごとに、

より詳しくペルソナを作成することで、

そのペルソナに近い

実在の人物を集客することが可能になります。

ペルソナの作成は以下の3ステップです。

①お客様にインタビューやアンケートを行う

例えば

「20代の女性で、

看護師のお客様の場合、

こういう価値観を持っていたり、

こういう物がほしいと思っているのだな」

というような情報がわかります。

②1の情報を元にしてより詳細な人物像をつくりあげていく

  • 年齢
  • 性別
  • 職業
  • 住所
  • 家族構成
  • 趣味
  • 性格

などまるで一人の人物が

実在するかのように設定します。

③1と2でまとめた情報を元にして、物語風にストーリーを作成する 

これでペルソナの完成です。

しかしペルソナは、

業界の動きや季節によって

変わっていくので、

定期的に作り直す必要があります。

またペルソナは一人だけ作るのではなく、

必要に応じて増やしたり

減らしたりすることが大切です。

集客の悩みを解決するためには目的を明確にしよう

「集客の目的は何か?」

と尋ねられても、

みなそれぞれ悩みますし、

少しずつ回答も異なってくるでしょう。

しかしどうせ集客をするのなら、

より多くの収益を求めたい、

と思うのが多くの人にとって

自然なことではないでしょうか。

けれどもその時に

漠然と収益だけを求めていても、

解決には繋がりません。

また、最初のころは

集客に対していろいろと

意気込みや目標があった方も、

長く続けていく中で

その思いが薄れる場合もあるでしょう。

レッドオーシャンという

言葉をご存じでしょうか。

血で血を洗うように

競争の激しい業界のことを指します。

このような市場が多い中で

「集客の目的」が曖昧であることは大変危険です。

ぼんやりしていては

すぐに足をすくわれるでしょう。

そうならないためには、

みなさんも初心を忘れずに、

目的を思い出しながら集客に励みましょう。

素人占い師の売上げを1か月で200倍にした方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)