『集客の悩みを解決するために、正しい「集客のゴール」を設定する』

集客にお悩みのあなたにとって、

胸を張って集客に成功した

と言える基準はどこにあるでしょうか。

集客成功の基準とは

明確なゴールの基準であり、

この基準が曖昧であれば

集客をゴールに導き、

成功を収めることが難しくなるのです。

集客においてゴールとなる目標を

設けることは当然のように思いますが、

集客にお悩みの方には

欠けていることが多いと言えます。

この記事はこんな方にオススメです

  • 集客にお悩みの方
  • マーケティング担当者あるいは起業されている方
  • マーケティングについて学びたい方

集客の悩みを解決〜集客のゴールがなければ道に迷う〜

車で運転をしている時、

あなたはゴールとなる目的地に

向かって運転をすることが

ほとんどでしょう。

集客も車の運転と同じで、

まずは明確で正しい目的地を設定し、

そこに向かって

どのような方策を立てていくか、

どのような工夫が必要か

検討を重ねていくことが求められます。

ゴールなしにスタートしては、

どこに向かえば良いか悩み、

あるいは自分が今どのポジションにいるか

把握することが難しくなります。

道に迷うことのないよう、

正しい集客のゴールを

設定することが必要となるのです。

集客の悩みを解決〜SMARTゴール〜

道に迷わず、

正しいゴールにたどり着くためには

明確な目標を設定することから始まります。

そこで、現在広く用いられている

目標設定の法則が、

ジョージ・T・ドラン博士が唱えた

「SMARTゴール」です。

SMARTとは

5つの単語の頭文字を取った法則名になります。

Specific:具体的な目標

Specificは抽象的な目標ではなく、

具体性を持たせた目標に

することを指しています。

例えば、「商品をたくさん売る」

という目標では

どれくらい売りたいか具体性に欠け、

目標としては

非常に抽象的になってしまいます

一方、

「集客を去年よりも10%アップさせる」

という目標を立てれば、

去年との比較や

具体的な数値が伴っているので、

目標から逆算して

必要な方策を立てやすくなるでしょう。

Measurable:測定可能な目標

目標に向かって奮闘していても、

最終的な目標まで

今どのくらいの所にいるか

分からないでいては

目標実現の可能性は低くなるでしょう。

SMARTゴールでは目標の達成度を

測れるようにすることを

重要としているので、

目標には具体的な数値を用いて、

達成度合いを測りやすく

することが必要になります。

Achievable:実現可能な目標

Achievableは

目標が実現可能なもの

であるかどうかを指します。

現実から逸脱し、

到底実現できないような目標では

なかなか達成ができず、

モチベーションの低下にもつながります。

逆に、

すぐに達成できるような目標を

立てても意味がありません。

両者のバランスを見ながら、

現実的に実現が見込まれる目標を

立てることが重要なのです。

Relevant:関連性のある目標

チーム全体では

「新規のお客さまを100人獲得する」

という目標があるのに対し、

「新規ではなく、リピーターの

お客さまを20人獲得する」

という目標を立ててしまった場合は

関連性がない目標になります。

目標達成の先に

見据えているものがある場合、

その見据えているものから

逸脱している無関係な目標では、

達成したとしても

利益は少ないでしょう。

「集客を去年より20%アップする」

という目標があれば、

「100人だった去年のお客さまの数を、

今年は120人にする」

のように、関連性を持たせた目標を

立てる必要があります。

Time-bound:期限を定めた目標

Time-boundは

目標に期限が設けられているか

どうかを指します。

いくら「集客を20%アップさせる」

「売上を300万円アップさせる」

という数値を持たせた目標を立てても、

期限が設けられていなければ、

いつまでも目標に向かって

ゆっくりと取り組むことになりかねません。

「来年までに」や「年末までに」

のように具体的な時期を設けることで、

モチベーションが上昇し、

作業能率の増加につながるのです。

集客の悩みを解決〜目標は設定だけで終わらない〜

上述したSMARTゴールを

参考に目標を設定したら、

その後ただひたすらに

目標へ向かって進んで良いのでしょうか。

実は、目標設定後にも

重要なことがいくつかあります。

目標実現のために必要な事に注力する

まず、目標を立てた際は

目標達成のために

必要のないモノ・コトを

やめることが挙げられます。

目標に関係ない

不必要な部分を切り捨てる事で、

経済的にも時間的にも

コストを削減する事ができるので、

目標実現のために

必要な部分のみに注力することができます。

目標実現に向けたスケジュールを立てる

最終的な目標を立てるだけでは、

目標に至る過程が薄くなってしまいます。

日々のスケジュールに

具体的な行動計画を設けることで、

目標から逆算して

その日に何をすべきかが見えてくるので、

目標とセットで

スケジュールを立てるようにしましょう。

定期的に目標を見直す

景気の悪化のように、

目標設定の際に

予測不可能なことが

起きる場合もあります。

そのような事態が起きた場合、

無理やり当初の目標に

固執するのではなく、

柔軟に目標を見直すことも大切です。

あまりにも頻繁に変えても

目標のもつ意義が薄れてしまいますが、

日々の進捗や

取り巻く状況を見つめながら、

見直すべき時には思い切って

見直すことも考えましょう。

集客の悩みを解決〜正しい目標設定が集客のゴールを呼ぶ〜

集客にお悩みを抱えている方こそ、

今一度目標を見直してみましょう。

そもそも具体的な目標を

立てていない方は、

今回紹介したSMARTゴールを参考に

より具体性を持ったゴールを

設定する必要があります。

的確な目標と過程となる綿密な行動が、

あなたの理想とする集客に

近づくための正しい方策となるのです。

素人占い師の売上げを1か月で200倍にした方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)