集客の悩みを解決するために単純接触効果を狙って何度かアプローチ

今までに、全く関心のなかった人に

何回か会っていくうちに興味を持つようになり、

好意を抱いてくようになって

恋愛に発展していったことはないでしょうか?

また、全く知らない商品だったけども

テレビCMで何度も見ているうちに

気になってきて、

最終的には購入した

なんて経験がある人は多いと思います。

これを心理学では、

単純接触効果(ザイオンス効果)と言われています。

この記事は下記の方におススメです

  • 集客にお悩みの方
  • マーケティング担当者又はマーケティングを学びたい方
  • 起業初心者又は今後起業しようと思っている方

集客の悩み解決~単純接触効果(ザイオンス効果)とは~

ザイオンス効果とは、

1968年アメリカの心理学者

ロバート・ザイオンスが論文にまとめたことで

知られるようになり、

別名でザイオンスの単純接触効果

又はザイオンスの法則とも言われています。

最初は、興味がなかったものが

何度も接触していくうちに、

だんだん好感度が高くなっていく効果です。

これは、

人間関係や恋愛だけでの話ではありません。

何度も見たり、

聞いたりしていると音楽や文字、

図形などもそうですし、

料理では味やにおいに関しても

何度も接していくうちに好感度が高くなります。

以前からビジネスシーンでも使用されており、

沢山テレビCMを流したり、

繁盛に営業マンが訪問したりするなど

単純接触効果で好感度が高まって

商品を購入するケースはかなりあります。

集客の悩み解決~単純接触効果の注意点~

単純接触効果を狙えば、

恋愛でもビジネスでも上手く行くなら

どんどん何回でも接触した方が

良いと思った方もいるかも知れませんが、

ひとつ注意点があります。

恋愛を例にすると、

初対面で相手に嫌な感情をもたれてしまうと

何度も接触することが逆効果になります。

相手にとっては嫌悪感が増して

ストーカーとして認知されていくかも知れません。

また、初対面は好意があったのですが

2回3回と会ううちに嫌な部分が目に留まり

嫌悪感を抱いてしまうと、

離れようとするでしょう。

そんな時に何度も会おうとするとこれも逆効果です。

単純接触効果を狙うには、

その時々の状況判断を

しながら行っていきましょう。

単純に接触すればどうにかなる訳ではなく、

逆に人間関係を壊していってしまいます。

集客の悩み解決~単純接触効果の上限~

単純接触効果には上限があります。

いつまでも会う回数ごとに

好意が高まっていく訳ではありません。

3回会うことで認知されやすくなり

7回目から行動が増えると言われています。

これは、セブンヒッツ理論と言います。

商品であれば広告を7回見たあたりから

購入する可能性が高まります。

そして、好感度が高まる上限は

10回と言われています。

それ以上は好感度が上がりません。

恋愛であれば10回以上会っても

親密な関係になれなければ

諦めた方が良いかも知れませんし、

営業でしたら違うアプローチ方法を考えるか、

違う新規の人に代えた方が良いかも知れません。

集客の悩み解決~単純接触効果が使用されている主な集客方法~

単純接触効果が使用されている

集客方法で分かりやすいのは、テレビCMです。

クリーンなイメージを短時間で

何回も放送することによって、

お客さまにイメージが積み重なっていき

商品を選択して購入します。

また、営業マンも何回も足を運ぶことで、

営業マンを信頼するようになり

商品の価値よりも

営業マンで判断して購入します。

また、毎週決まった曜日にある

折り込み広告やポスティングもそうです。

そして、チラシをデジタル化して

配布するメルマガやLINEなどもそうですし、

有益な情報を定期的に

流してくれるSNSもそうです。

接触回数を増やすことによって

来店頻度や商品購入頻度を上げています。

集客の悩み解決~単純接触効果を使用した集客の活用方法~

テレビCMや営業マンと言われても

それだけの資金や人材が必要ですし、

現在のマーケティング手法としては

効率が悪いため、

Webマーケティング手法を用います。

メルマガ・LINEを利用する

メルマガやLINE公式アカウントで

定期的に配信することによって、

接触回数を増やします。

これは、企業や商品を忘れないようにするためと、

お得な情報を送信して

何度も目にしてもらうことで

企業のファンになってもらう目的もあります。

さらに、ステップメールを利用すれば

一定期間でメールを配信していき、

徐々に企業や商品に興味を

持ってもらうように設定されているので、

購入される確率が高くなります。

あわせて読みたい

リターゲティング広告を利用する

リターゲティング広告とは、

インターネットで検索キーワードや

閲覧ページの履歴から

ユーザーの好みに合う商品を紹介する広告です。


この広告は単純接触効果を狙って、

複数のサイトで同じ商品の

広告が何度も表示されます。

その商品に徐々に好感度が高くなり、

広告をクリックするようになります。

SNSを利用する

SNSから情報を発信していくことで、

その情報が楽しければ

フォローしてくれます。

そうすると、その企業の情報を

何度も見ることになり

接触回数が増えていきます。

さらに、SNSでは気軽にお客さまと

コミュニケーションが取れるため

接触していくうちに企業のファンに

なってくれる可能性が高くなります。

合わせて読みたい

単純接触効果を意識して集客しよう!

1回や2回接触して相手に反応がなくて

諦めてしまうのはもったいないです。

さらに、5回6回の接触で購入されずに

接触をやめてしまうのも同様です。

最初に興味を持たれなくても、

徐々に認知していき

そこから徐々に購買意欲が高まってきます。

相手が自社に対して嫌いな感情でなければ

接触回数を増やしていきましょう。

現在は、

インバウンドマーケティングが主流の時代です。

Webマーケティングの手法を利用して

単純接触効果を狙い集客する方法が

低コストで効果が期待でき、おススメです。

集客に悩んだ時は、

お客さまとの接触回数を

十分に取っているのかチェックしてみて下さい。

素人占い師の売上げを1か月で200倍にした方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)