集客の悩みを解決するために、オンラインで情報発信を始める

パソコンやスマートフォンが

普及したことにより、

現代人においてインターネットは

欠かせないツールとなりました。

誰しもがオンライン上で

情報を発信したり、

受けたりする時代です。

一昔前のように、

企業側から個別にアプローチを

かけなくても集客を行うことが

簡単になりつつあります。

そうは言っても

まだまだオンライン集客のやり方が

悩みの種になっている方も

いらっしゃると思われますし、

ネットショップだけでなく

オフラインの実店舗へ

足を運んでほしいとお悩みの方も

いらっしゃると思います。

この記事はこんな方にオススメです

  • オフライン(実店舗)への集客数が増えずにお悩みの方
  • オンライン集客を検討しているが、手間もかかるし本当に効果があるのかお悩みの方
  • オンライン集客について学びたいが、どうすればいいかお悩みの方

なぜ、今オンラインでの情報発信が集客の悩み解決に繋がるのか

スマートフォンやSNSの普及により、

誰しもが場所や時間にとらわれず、

情報収集が可能になりました。

これは世界中の消費者が自ら、

企業の商品やサービスについての

情報にアクセスできる

ということでもあります。

こうした背景を考えると、

従来のオフラインのみでの集客には

限界があることがおわかり頂けると思います。

では、集客の悩みを解決するには

オンラインのみに力を入れるべきなのか

というとそうではありません。

なぜ、集客においてオンラインとオフラインの両方が必要なのか

ここでオンラインと

オフラインのメリット、

デメリットをそれぞれ紹介します。

  • オンラインでの集客

メリット:情報の伝達が速く、空間的にも地理的にも左右されない。

デメリット:オンライン上には同じような競合企業が多い。物理的に干渉できない。

  • オフラインでの集客

メリット:物理的に干渉できることにより、自社の経営資源の魅力が高くなる。

デメリット:時間や場所に制約されてしまう。

このことから、

どちらか一方だけに力を入れるのは

望ましくないことがわかります。

つまりオンラインと

オフラインの欠点を補い、

利点のみを組み合わせる戦略が、

これからの集客の中で重要になってきます。

この戦略のことを

O2O(Online to Offline.Offline to Online)

といいます。

O2O戦略は、

速さが売りのオンラインで情報を広め、

そこから実店舗などのオフラインに

お客さまを誘導します。

そこで他社との差別化を図り、

オフラインにしかない価値を提供することで

、以後もリピーターとしての

集客が望めるという効果が期待できます。

O2Oを利用した具体的な集客方法とは

ここではクーポン共同購入サイトを

例に挙げて説明していきます。

クーポン共同購入サイトとは、

オンライン上で破格のクーポンを販売し、

オフラインでサービスや商品を

提供するサイトのことをいいます。

Webサイトや雑誌などのクーポンと違い、

割引率が50~90%引きとなっており、

ユーザーがクーポンを購入するためには

  • 制限時間内に購入すること
  • 一定人数を集めること
  • クレジットカードによる前払いを行うこと

この条件が必須になってきます。

お客さまは①と②の条件を満たすために、

自分からSNSで他のユーザーに働きかけ、

集客を行います。

これにより、

購入希望者が一定数に達し、

破格のクーポンが購入可能となります。

購入できたお客さまは、

使用期限内にクーポンを出稿した企業の

オフライン店舗へ赴き、

クーポンを掲示してサービスを受けたり、

商品を購入することができます。

破格のクーポンな上、

価値のあるサービスや

商品に満足したお客さまは、

SNSでその情報を発信します。

そうすることでクーポン共同購入サイトや、

お客さまが満足したサービス、

商品の企業の知名度が上がり、

自然に「お客さまがお客さまを呼ぶ

という図式が成り立っていくのです。

集客の悩みを解決するためにはO2Oを積極的に活用しよう

一口に「オンライン集客」

というとまだまだ苦手意識を持ったり、

Web専門のスタッフを雇わないと

いけないのかというお悩みを

持つ方もいらっしゃると思います。

しかしO2Oに関して言えば、

ITやWebに関する専門的な知識が

ないことにお悩みの方も、

比較的簡単に行えるというメリットがあります。

例えば、

今回例に挙げたクーポンについてですが、

クーポン共同購入サイトに限らず、

オンラインでクーポンを発行することにより、

積極的にオフラインへの集客が望めます。

また、お客さまが店舗に持ってきた

クーポンの枚数を数えるだけで、

どれくらい集客に効果があったのか

簡単に把握することが可能です。

今の時代、

オンラインは人々にとって

切り離すことのできないツール

となっております。

オフラインで価値のある商品やサービスが、

周知されないことは

とてももったいないですよね。

是非、O2Oをうまく活用して

今よりもっと多くの人を集客しましょう。

素人占い師の売上げを1か月で200倍にした方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)