集客の悩みを解決するために、商品を買いたい人にだけアプローチ

現在では、インターネットが普及していて

お客さまは自分自身で簡単に情報収集ができます。

もうすでに、やみくもに広告を出せば

集客できて売上が上がる時代ではありません。

以前とは違って、

情報過多になっており、お客さまは

自分に必要な情報しか見ようとはしません。

情報が少ない時ならば

一通り目を通していた広告も、

現在では見向きもされない場合も多いです。

この記事は下記の方におススメです

  • 集客にお悩みの方
  • マーケティング担当者又はマーケティングを学びたい方
  • 起業初心者又は今後起業したいと思っている方

集客の悩み解決~集客する意味や目的~

あなたがビジネスをしていて、

集客する目的はなんでしょうか。

当たり前なのですが売上をつくるためです。

売上を上げて利益を出さなければ

運営していくことが不可能になります。

ただ、集客と言っても

誰でもかまわずに

人を集めれば良いのでしょうか。

自社の商品やサービスに

興味の無い人を集めても意味がありません。

いくら沢山の人数が集まったとしても、

買うお客さまがいなければ

商売が成り立ちません。

買ってくれるお客さまを

集めることが集客の最大の目的です。

「そんなことは当たり前だ」

と思われるかも知れませんが、

この当たり前のことを忘れてしまって

集客に悩んでいる方が多いのも事実です。

集客の悩み解決~お客さまをタイプ別にしてみる~

お客さまはいくつかのタイプ別に

分けることができます。

それぞれのタイプによって

アプローチの仕方が違ってきます。

潜在顧客

自社の商品やサービスを

知らないお客さまのことです。

もし、自社の商品やサービスを

知ったら購入する可能性がある

お客さまのことで、

全く興味や関心が無いお客さまではありません。

準顕在顧客

商品やサービスへのニーズはあるが、

まだ購入する気が無いお客さまのことです。

顕在顧客

自社の商品やサービスを知っていて、

他社も含めて検討段階に

入っているお客さまのことです。

見込み顧客

顕在顧客とほぼ同じ意味合いの言葉で、

自社の商品やサービスに興味があり

購入する可能性があるお客さまのことです。

それぞれのタイプのお客さまによって

アプローチを変えていかなければなりません。

潜在顧客に対しては

自社の商品やサービスを

知ってもらうアプローチをします。

また、準顕在顧客に対しては

自社の商品やサービスに興味や関心を

持ってもらうアプローチをしますし、

顕在顧客は自分でニーズを理解しており

購入に近いのですが、同業他社に対しても

同じことですので差別化からアプローチをします。

ここで重要なことは、

潜在顧客はやがて

見込み顧客になる可能性があります。

しかし、

興味も関心も全く無い潜在顧客にも

ならない人にアプローチしても

意味が無いということです。

潜在顧客にならないお客さまに、

広告費をかけて宣伝しても無駄ですし、

タイプ別に間違ったアプローチをしても

意味がありません。

集客に困って悩んでいくだけです。

集客というのは、

購入見込みのあるお客さまを集めることです。

見込み顧客を集めるか、

潜在顧客を発掘していき育てて

見込み顧客にしていくのかの二通りしかありません。

集客の悩み解決~購入見込みのあるお客さまへのアプローチ~

自社の商品やサービスを

知らないお客さまに広めていったり、

育てていったりすることも大事です。

しかし、

今までSNSやオンラインでの

集客をしたことがない場合、

時間がかなりかかってしまいます。

時間をかける余裕がないほど

集客に困っている場合、

まず購入見込みの高いお客さまに

アプローチする方法を行っていきます。

買いたいお客さまが集まるような場所に

露出したり既存のお客さまに

アプローチしたりします。

マッチングのプラットフォームを利用する

まず、

お客さまが集まるマッチングの

プラットフォームを利用してみましょう。

例えば飲食関係でしたら

食べログや出前館など色々あります。

お客さまは、

外食や中食を利用したいと思っており、

すでに買うことは決定していて

比較・検討するために利用するサイトです。

SNSやHPブログなどで、

新規のお客さまを獲得するよりも、

簡単に早く獲得できます。

以前からSNSを利用しているなら活用する

SNSをすでに利用していて、

それなりにフォロワーがいるのなら

積極的に活用しましょう。

既存のお客さま向けに情報を提供します。

また、

既存のお客さまが

他のお客さまを連れてきてくれるような

キャンペーンなども考えてみましょう。

全く知らない人から

情報を受け取るよりも効果があります。

お客さまの友達は、

同じターゲット層の場合も多く

拡散力があるお客さまがいれば、

単純に広告宣伝するよりも効果が高く見込めます。

リスティング広告を利用する

リスティング広告は、

検索連動型広告とも言われ

GoogleやYahoo!などの検索エンジンで、

検索された言葉に合わせて

検索結果のページに出てくる広告です。

有料ですが、

簡単に始められて効果の高い集客方法です。

例えば、

お客さまが新しい掃除機が欲しい

と思っていて、おすすめの掃除機を

知りたくてスマホやPCから検索します。

この時に、

「掃除機 おすすめ」と検索したら

掃除機やショップの広告が出るようにします。

これは、

実際の店舗でしたら

お店に来店して色々な掃除機を見比べていたり、

店員さんに質問していたり

している状態の時に、

掃除機の広告を見せているようなものです。

購入する確率はかなり高いといえますね。

検索結果ページで上位表示するには、

時間がかかってしまいますし

SEO対策を業者に任せればお金もかかります。

リスティング広告はお金がかかりますが、

すぐに上位などの目立つ位置に広告が出せます。

商品を買いたい人にだけアプローチしてみよう!

集客が減少していて

売上が落ち込んでいる場合、

時間をかけて

お客さまを掘り起こしたり、

育てたりしている

余裕がなくなっていきます。

商品やサービスを購入する

見込みの高いお客さまの集まる場所や、

過去購入してくれたことのある

既存のお客さまを中心に

アプローチしていきましょう。

見込み客の育て方を知るには

役に立ったと思ったらclick!

▼無料集客相談はコチラ▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)