リピート率を上げる!今すぐできる方法5選

【この記事で解決される悩み】

  • 集客においてリピート率が低くて困っている方
  • リピート率をもっと向上させたい方

ビジネスをしているなら誰しもリピーターを増やしたいですよね。

きっとあなたもそう考えているはず。

リピーターが増えれば、必死に集客をしなくても済みますからね。

でも、どうやったらリピーターを増やせるのか?

どのようにしたらリピート率を上げられるのか?

という悩みを持った方も多いかと思います。

そこで、今回集客コンサルタントの僕たちが、集客を考える上で大切なリピート率とはなにか?

ちょっとしたコツでリピート率を上げる方法について解説します。

【記事の信頼性】

みょうじん先生

アイン代表「みょうじん」です。
独創的なサードドア集客で特に占い師・セラピスト・コーチから支持を頂いてます。
現場で得られた知見を活かして、みなさんに役立てる集客ブログを書いています。

リピート率とは?

お客様の画像|リピート率とは?|リピート率を上げる!今すぐできる方法5選|アインの集客マーケティングブログ

リピート率とは、新しくサービスや商品を購入してくれたお客様のうち、次も買ってくれるお客様の割合のことです。

リピート率を上げる方法についてはやく知りたい方はコチラをクリックしてジャンプ!

リピート率の求め方・計算方法

次に、リピート率の計算方法です。

  • 月間リピート率(%)=月間リピート顧客数(人)÷累計新規顧客数(人)×100

このような計算式でリピート率が求められます。

リピート率が高いということは?

リピート率が高いということは、サービスや商品を購入してくれたお客様が再び購入してくれる(リピート)状態、つまりリピーターが多い状態であるということです。

リピート率とリピーター率の違いは?

お客様の画像|リピート率とリピーター率の違いは?|リピート率を上げる!今すぐできる方法5選|アインの集客マーケティングブログ
はまちゃん

リピート率とよく似た言葉で、リピーター率という言葉があるけど、同じなの?

同じような意味だと思ってしまうかもしれませんが、リピート率とリピーター率は全然意味が違う言葉です。

リピーター率とは?

リピーター率とは、ある特定の時期に購入してくれた全顧客のうち、リピーターがどのくらいいたかの割合をいいます。

リピーター率の求め方・計算方法

リピーター率を求める式は、

  • ○月のリピーター率(%)=○月のリピート顧客数(人)÷○月の総顧客数(人)×100

上記の式でリピーター率を求められます。

みょうじん先生

リピート率とリピーター率の違いを分かりやすくするための例として、○月のリピート率とリピーター率を求める式を考えてみましょう。

  • ○月のリピート顧客数が500人
  • 累計新規顧客数が10,000人

とした時のリピート率は、

  • 500(人)÷10,000(人)×100=5%

となります。

次に、○月のリピーター率を考えましょう。

○月の総顧客数が1,000人、リピート顧客数は先ほどと同じく500人の時のリピーター率は、

  • 500(人)÷1,000(人)×100=50%
みょうじん先生

リピート率とリピーター率、全然違うということが分かりましたね。

さらにリピーター率は、新規顧客数が減ると上がってしまう数字です。

先ほどの例で考えた総顧客数が、600人に減ってしまった場合のリピーター率を考えてみると、

  • 500(人)÷600(人)×100=83%

となります。

リピーターが増えたわけではないのに、リピーター率はだいぶ上がってしまっていますね。

しかも総顧客数は減っている。

どういうことかわかりますね?

売り上げは少なくなると考えられ、経営は悪化しているおそれが高いです。

みょうじん先生

リピーター率だけを見ていると実際にはいい状態ではないのに、リピーター率が高いから安心してしまうという危険な事態に陥ってしまいます。

対してリピート率は、再びサービスや商品を利用したいと思ってくれた人が、どのくらいいたのかはっきり表れている数字です。

効果的な集客をするためには、このリピート率を上げる必要があります。

リピート率が集客において大事な理由

リピート率が集客において大事な理由|カスタマーの画像|リピート率を上げる!今すぐできる方法5選|アインの集客マーケティングブログ

あなたは、リピート率を上げることが、集客の面で大切なのはなぜだと思いますか?

みょうじん先生

結論からいうと、新規顧客の獲得にかかるコストが大きすぎるからです。

新規顧客の獲得には、既存顧客のリピートのなんと5倍のコストがかかるといわれています。

既存のお客様を集めるなら20万円ですむところを、新規のお客様を集めようと思ったら100万円かかるわけです

考えただけで吐き気がしますよね!

リピーター獲得は、新規顧客獲得より少ない宣伝費でできるので、コストカットができます。

みょうじん先生

一般的にリピート率が高ければ経営が安定しているといわれていますので、リピート率を上げることはとても重要です。

リピート率を上げる5つの方法

ショッピングバッグを持っている女性の画像|リピート率を上げる5つの方法|リピート率を上げる!今すぐできる方法5選|アインの集客マーケティングブログ

リピート率はどうやって上げればよいのか、リピート率を上げる5つの方法を以下にまとめました。

1.メンバーズカードやポイントカード

会員証を持っていると、近くに似たようなジャンルのお店があっても、なんとなく会員証のあるお店にいくなんて経験ありますよね。

  • ポイント貯まると割引してもらえる
  • プレゼントがもらえる
  • 特別なサービスが受けられる

などの特典があると、なんだかワクワクしますよね。

特典達成までにハードルを上げすぎるとお客様は面倒くさがって効果がおおきく落ちます。

みょうじん先生

すこし頑張れば届くくらいに特典を置いておきましょう!

2.初回利用時にクーポンを配布

次回使える特典クーポンがあると、また利用したいという気持ちが高まります。

  • 「特別ご優待券」
  • 「特別ご招待券」

など特別感を演出すると効果的です。

みょうじん先生

ウェブサイトやSNSのクーポン発行機能、クーポンアプリを利用すると、コストを抑えた集客ができます。

●特別な日に特典つきのダイレクトメール

誕生日や年末年始などに、特典つきのダイレクトメールを送るとあなたビジネスの印象がアップします。

お店の存在を思い出させ、リピートしてもらうことにつなげましょう。

みょうじん先生

手書きのお礼状も、お客様の印象に残りやすいので効果的です。

●セールのお知らせといったこまめなメール

あらかじめメルマガ(メールマガジン)に登録してもらい、セールや商品の割引きのお知らせなど定期的にメールを出しましょう。

みょうじん先生

お客様にお店を思い出してもらうことができリピートにつながる効果的な集客を行うことができます。

あわせて読みたい記事

●SNSツールを使ってお店の固定ファンを作る

最近は様々なSNSを用いてカンタンに集客を行うことができます。

Twitterは幅広い年齢層へスピード感ある宣伝ができます。

関連記事:【効果絶大】Twitter広告の始め方を解説

インパクトがある短い文章、画像、ハッシュタグなどを用いて大勢に拡散してもらえるようなツイートをしましょう。

Instagramは若年層へ印象的な宣伝ができます。

インスタ映えを狙った投稿で、心をつかみましょう。

ハッシュタグを活用し検索率をアップさせることも効果的です。

Facebookは高年層へ詳しい宣伝ができます。

こだわりやメニュー、アクセスなどの詳しい情報、画像や動画もアップできます。

様々な形でアピールできるので高い宣伝効果があります。

Facebook広告は有料ですがとても優秀なツールです。

あわせて読みたい記事

LINEは幅広い年齢層へ様々な機能を用いた宣伝ができます。

登録者へ情報を一斉発信する、クーポン発行やポイントカード機能など様々な機能を使えます。

みょうじん先生

SNSはリピーター獲得に役立つ機能がたくさんありますね。

あわせて読みたい記事

まとめ

みょうじん先生

リピート率をあげる集客方法を効果的に使いましょう。

リピーターの売り上げは、お店の売り上げの多くを占めます。

つまり、集客の面でリピート率を上げることは非常に重要です。

リピーターを増やすことが、売り上げを増やすことにつながります。

まず、リピート率を上げることを目指しましょう!

\ウィズコロナ&アフターコロナを生き抜く!ネット集客ならアインにお任せ!/
占い師・セラピスト・コーチから圧倒的支持&実績のアイン

「絶対にやってはいけないSNS集客法 30チェックシート」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)