ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)集客は3つの手法を覚えればOK!

ダイレクトレスポンスマーケティング

(以下DRM)は、

1872年にアメリカで

始まっている有名な販売戦略です。

当時はもちろんインターネットはおろか、

電話機さえも普及してない時代です。

そのころ、使用していた手法は手紙でした。

手紙と商品リストを送付し、

お客様が欲しい商品を記入して

送り返すことによって、

仲介業者を省いて価格を安く

お客様が購入できるように

なったのが始まりです。

また、販売者もむやみに営業をしなくてすみ、

お客様が欲しい商品も分かっているため、

労力をかなり削減することができると共に、

手紙をやり取りすることで、

お客様と強固な信頼関係を築いていけました。

現在のビジネスでも、

DRMはとても重要な販売戦略です。

また、個人でもネットと

DRMを組み合わせることによって、

多数の集客をすることが可能になっています。

ダイレクトレスポンスマーケティングの手法での注意

現在では、

DRMを行うメディアは何種類もあります。

そして、

どのメディアにも共通する鉄則があります。

それは、集客・教育段階では

商品の宣伝ではなくて、

お客様に有益な情報を与えるということです。

最近では、発信者が多数いるので

広告宣伝だけしても、

見向きもされなかったり、

読まれなかったりします。

読まれるからこそ

応答があり購入まで結び付いていきます。

また、販売する商品や

サービスの特徴もしっかりと考えて、

ターゲット層も見極めましょう。

いくら良い手法を使っても、

ターゲットを間違ってしまうと購入されません。

ダイレクトレスポンスマーケティングの手法①~メルマガ~

メルマガ(メールマガジン)

使う手法が一番メジャーな方法です。

メルマガ配信スタンドと契約すれば、

ステップメール機能を使用することができます。

ステップメール機能ってなに?

ステップメール機能とは

  • 予めメールの内容や配信する順番を決めておける
  • 新しい登録者には自動的に配信してくれる便利なもの
  • 労力をあまりかけなくていい
  • 教育して関係を築いていき販売まで結びつけてくれる
  • カンタンに見込み客のリスト管理が可能になる

といった特徴があります。

このように、

一度設定さえすればいつ登録されても、

何人登録されても

自動的に配信してくれます。

なので、個人でも、

多数の見込み客の管理が可能になります。

メルマガ配信スタンドは、

様々な会社がサービス提供しています。

有名なところだと「まぐまぐ」があり

無料で始められますが、

ハッキリ言ってDRMには向いていません。

どうして向いてないの?

何故ならば、まぐまぐは

ステップメールやターゲティング

といった機能が使用できません。

つまり、

ステップメールの自動配信もできなければ、

年齢や性別などのターゲットごとに分けて、

内容を変更したメールを出すことができません。

読み物系のメルマガとしてはよいですが、

マーケティングメールとして、向いてなく

実際に通販会社や

ネットショップなどは利用していません。

じゃあどこがいいの?

初心者でもわかりやすく、導入しやすいのは

MyASP(マイスピー)です。

僕も色々使いましたが一番楽です

税込み3300円で始められます。

サクッと導入しましょう。

ダイレクトレスポンスマーケティングの手法②

LINE公式アカウント

10代や20代がターゲットならば、

メールを利用していない人も

多いのでLINEを利用します。

また、

10代から50代など幅広い年齢層が

ターゲットなら、

メルマガとLINEを両方利用した方が

効果的です。

元々、LINEビジネスでは

LINE公式アカウントやLINE@など

詳細に分類されていましたが、

現在はLINE公式アカウントのみ

なっています。

LINE公式アカウントは、

無料で始めることができ

1000通まで送信できます。

公式アカウントの作り方を知りたい方は

ライトプランでは

月額5000円で15000通まで、

スタンダードプランは

月額15000円で45000通までになっています。

ただし、

ステップメールのような機能は

ありません。

もし、

メルマガのように使いたい場合は

株式会社マネクルが運営している

Lステップという有料ツールがあります。

興味のある方は、

覗いてみてください。

ダイレクトレスポンスマーケティングの手法③

~DM・ニュースレター~

健康食品などで

60代以上をターゲットにしている場合、

メールやLINEを利用していない人も

多いでしょう。

じゃあ、
DRMできないの?

大丈夫です。

そんなことはありません。

そういった人たちには、

記事の冒頭でお伝えしたように

DM(ダイレクトメール)

ニュースレター(手紙)を利用します。

合わせて読まれやすい記事

ダイレクトメールは、

印刷代+作業費+送料などコストがかかるため、

商品の売り上げ規模を考える必要もあります。

メールと併用できるのなら

特別な時だけDMにすると

効果も上がります。

DRMを活用してお客様と信頼を作りましょう

DRMは、

インターネットと組み合わせることによって、

昔よりも効率的に活用することが

できるようになりました。

しかし、

そのため現在では

発信者は数多くいます。

そこで、

以前よりも情報の質や、

関係性を構築していくための

人間性が重視されるようになってきました。

お客様と信頼関係を構築していき

モノを売りつけるのではなく、

確かな価値を提供し、

不安なく購入へと結べるよう

にしていきましょう。

あわせて読みたい

素人占い師の売上げを1か月で200倍にした方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)