決済サービスStripe(ストライプ)の仕組みとメリット紹介

インターネット上で商品やサービスを売買するWebサイトをECサイト(electronic commerce site)といいます。

現在、ECサイトでは電子マネー普及時代に合わせて多種多様な支払い方があります。

若い人でしたら、コンビニ支払いやスマホのキャリア支払いなどの支払い方が多く、年代が上がるとクレジットカード支払いが主流になってきます。

この他にも、

  • 代引き
  • 現金振り込み
  • 後払い
  • デビットカード
  • Pay Pay
  • LINE Pay

などの電子決済サービスなどお客さまにとって都合の良い支払い方法を選べます。

お客さまとしては、商品やサービスを購入しようとしても、自分の選んでいる支払い方法で購入できなければ途中でサイトから離脱する可能性は高くなります。

みょうじん先生

多様な支払い方法を準備できないことは、それだけで機会損失になるということですね。

集客してCV率をUPするためにも、決済の仕方は重要ですが決済方法が多岐にわたる現在個別に契約して管理するのは時間も経費もかなりかかってしまいます。

そこでおすすめしたいのが決済代行サービスを利用することです。

この記事は下記の方におすすめです。

  • ECサイト運営初心者又はこの先ECサイトを運営しようと思っている方
  • 集客にお悩みの方
  • マーケティング担当者又はマーケティングを学びたい方

記事の信頼性

みょうじん先生

アインの集客マーケティングブログへようこそ!
占い師、ヒーラー、コーチ、コンサルタントといった方々のオンライン集客を改善する内容を無料でお届けしています。

決済代行サービスとは?|集客の悩み解決してくれる存在

E コマースのイメージ画像|アインの集客マーケティングブログ

ECサイトを運営するにあたって、クレジットカード支払いを導入するだけでも、

  • VISA
  • MasterCard
  • JCB

など何社とも個別に契約して、各社手数料から入金日まで各々違ってきます。

この他にもキャッシュレス決済は沢山ありますので、これをわたしたちがやるのは、凄くめんどうです。

そこで、個別ごとの契約から入金の管理など全て1社で行ってくれるのが、決済代行サービスです。

しかし決済代行サービス業者は、現在多数あり迷ってしまうかもしれません。

そこでおすすめしたいのがStripeです。

事業規模によっても違いますが、起業初心者でも簡単に導入できて手数料の安さも魅力です。

決済代行サービス「Stripe」(ストライプ)がおすすめの理由とは?

満足度を表すイメージ画像|アインの集客マーケティングブログ

①Stripeは費用が安い!

決済代行サービス業者に依頼すると、どの位の費用がかかるでしょうか。

まず、システムを導入する初期費用がかかります。

一般的な相場ですと、3万円~8万円で5万円前後の設定が最も多いです。

次に、毎月システムを利用したり、お客さまのデータを管理してもらう月額手数料があります。

こちらは、3千円~8千円が相場で5千円前後が最も多いです。

そして、決済手数料です。

決済手数料は個別ごとの見積もりだったり、決済金額によって料率が変更したり決済件数によって料金が変更になるなど業者によって様々です。

相場的には3.2%以上からの条件が最も多いです。

では、Stripeの場合はいかがでしょうか。

まず、初期費用・月額費用が無料です。

そして決済手数料が3.6%です。

決済金額が少なくても高くても手数料は固定です。

他に件数ごとに手数料が増えたりしませんし、デジタルコンテンツだから料率が上がるなんてこともありません。

シンプルに3.6%のみです。

リーズナブルな手数料でおすすめです。

②Stripeは「API型サービス」が提供されている

オンライン決済のAPI型とは、自社サイトと決済代行サービス業者で決済情報を通信して決済処理を行う接続方式です。

これによってお客さまが決済時に違うサイトに移動することがありません。

それによって、お客さまの労力の手間と時間の短縮、決済画面は自社サイトで自由に設定することが可能になります。

ブランディングの観点から見ても、画面を自社内で一貫させられるのはメリットです。

また、API型は手数料がリーズナブルというメリットがあります。

③Stripeは「導入までの期間が短い」

API型は、全般的に導入までの期間が短い傾向があります。

それでも1~2営業日かかるところもあるのですが、Stripeは申し込み後即利用可能です。

はまちゃん

すぐに自社サイトにオンライン決済サービスが利用できるのは助かりますね!

アカウント発行も、Webから必要な情報をフォームに入力するだけで即座に発行され、申込日当日でも利用可能です。

また、よく使う機能は最初から標準装備されているので、初期導入コストが抑えられます。

④Stripeは「的確なサポートが受けられる」

お金に関することだけに、しっかりしたサポートが必要です。

Stiripeでは、年中無休でしっかりとした日本語を含む6ヶ国語のサポートが受けられます。

【豆知識】Stripe決済の仕組み

Stripeは2011年に誕生した決済代行サービスで、ビジネスアカウントと決済代行会社の間で送金することで、ユーザーが(直接またはオンラインで)クレジットカード・デビットカードによる支払いを行うことができます。

決済の仕組みとして、クレジットカード処理端末またはオンラインプロセッサーを介して行われます。

Stripeは米国サンフランシスコに本社を置き、日本を含む14カ国に拠点を持つグローバル企業です。

Stripeは、Google、Amazon、Uberなどの有名な大手企業から、新規事業を展開するスタートアップ企業まで、100万社以上の企業に利用されています。

Stripeの最大の魅力は銀行や金融機関、デジタルウォレットとの連携により、事業者が決済の煩雑さを解消してビジネスに集中できることです。

また、サービス開始から数年が経過しているにもかかわらず、毎週のように新機能が追加されていることも魅力のひとつです。

Stripeは常に最新の技術をサービスに取り入れています。

Stripeの便利機能をご紹介

ノートブックのイラスト|アインの集客マーケティングブログ

1.グローバル市場での決済手段が可能!

あらゆる国の主要なクレジットカードやデビットカードに対応しており、

Apple payやGoogle payなどのウォレット決済にも対応しています。

また、オランダで主流なiDEAL決済などの現地で人気の決済方法にも対応可能です。

さらに、135ヶ国の通貨での対応も可能でお客さまに無駄な手間をかけさせません。

みょうじん先生

Stripeサービス1つで自社サイトをワールドワイドに対応させられますよ!

2.ダッシュボードの性能の高さ

お客さまの決済情報を表示する他に、返金処理の開始、クレジットカードの不正使用が疑われる請求の確認、不審請求などの管理も可能です。

また、リアルタイムであらゆる国の通貨や決済方法の確認が可能です。

各種レポートやデータ分析など自動生成してくれます。

3.強度なセキュリティ機能

お客さまが決済するにあたって、セキュリティ問題は非常に大事です。

お客さまの金銭的な個人情報を扱いますので、情報が漏れてしまうと重大な信用問題になります。

Stripeでは、世界最高のセキュリティエキスパートと密接に協力しており、カード番号の暗号化や保管などでも高度なセキュリティで保たれています。

まとめ|Stripeを導入して売り上げUPしよう!

Stripeは、100ヶ国以上で導入されているECサイト向けの決済代行サービス業者です。

業界内でもトップクラスのリーズナブルな費用です。

申し込み後に即利用できるなど、簡単に導入できてECサイト運営初心者も安心です。

お客さまに便利で安心して買い物ができるようにすることも集客が上がっていく要因です。

Stripeを導入した企業は、売り上げが平均で6.7%UPしたというデータもありますので、決済代行サービスを利用していなくて集客に悩んでいる方は、Stripeの導入をすぐ検討することをおすすめします。

「絶対にやってはいけないSNS集客法 30チェックシート」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)