【集客事例】Facebookを集客に活用する方法は?

いざSNSを使って集客を増やそうと思っても、ネット上にはたくさんのSNSで溢れています。

どれがいいか悩みどころですよね。

Facebookは月間アクティブユーザー数が、世界で23億7,500万人、日本では2,600万人もいると言われています。

Facebookの最大の特徴は実名制ということもあり、一番信頼性の高いSNSとも言えるでしょう。

これは他のSNSではあまり見られない特徴です。

そうは言ってもFacebook集客について色々お悩みだと思います。

この記事はこんな方にオススメです

  • SNSで集客したいがどれを選べばいいか迷っている方
  • SNSの集客に興味はあるがFacebookの使い方がわからない方
  • SNSの中でFacebookを集客に活用するべきか検討している方

Facebookは集客にどのように活用できる?

Facebookには個人用と企業用のページがあり、企業向けにはFacebookページと呼ばれるものが用意されています。

Facebookページは商品名や企業名で登録することができます。

SEOに強いFacebookページ

またFacebookは他のSNSと違ってSEOに強いという特徴があるので、ユーザーがWeb検索した際に上位に表示されるというメリットがあります。

つまり公式サイトを持っていなくてもFacebookに登録していればお店の情報を発信できるので、集客効果が十分にあると言えます。

常に最新の情報に更新しておこう

言い換えれば更新していなければ、すぐに飽きられてしまうということでもあります。

そのため最低でもプロフィール欄を、いつも最新情報に更新しておくことが望ましいです。

例えば企業や店舗の定休日、住所や電話番号といった基本情報は間違ったり、変わったのに更新していないと後々クレームに繋がるので注意が必要です。

投稿のし過ぎは集客に逆効果?

では、投稿もたくさんしないといけないのか?というと実はFacebookの場合投稿のしすぎは逆効果になってしまいます。

なぜならFacebookは日記型のSNSなので、1日に何回も投稿すると鬱陶しく感じるユーザーもいるからです。

ですので、1日1回くらいが丁度いいと言えるでしょう。

また、たくさんの集客効果を集めたいがあまり宣伝をしすぎると、かえって敬遠されてしまうので注意が必要です。

では、他に何を投稿すればいいのかというと


  • 自社の特徴や今までのエピソード
  • お客さまとの交流話
  • ユーザーからの質疑回答
  • いっそのこと文章は書かずに写真だけの投稿

たまにこのような投稿をすることで、より好印象を持たれやすい傾向があります。

【14選】Facebook集客の活用事例

一口にFacebookを集客に活用すると言っても、企業や店舗の職種ごとに少しずつ変わってきます。

では、Facebookで集客に成功している企業や店舗の実例はどのようなものがあるでしょうか。

教育業界

集客のターゲットは主に子どもですが、子どもを学校や塾に通わせるには親の意向が大きく反映されていることがあります。

その場合、親に向けたコンテンツを作成することをおすすめします。

例えば塾であれば、


  1. 学年ごとにターゲットを変えて投稿する
  2. その学年ごとに有益な情報を発信する

学校であれば、


  1. 授業風景を投稿することで興味、関心を示す
  2. 卒業生のインタビューを載せることで、そこに入学することで得られるメリットなどを印象付ける

などの事例があります。

ブライダル業界

お客さまにとって人生の重大イベントであるだけに、投稿内容も厳選する必要があります。

例えば、


  1. 施設内やドレスなどのフォトジェニックな写真を投稿し、目を惹きつける
  2. 接客の心構えなど伝え、信頼感と安心感をイメージ付ける

などの事例があります。

飲食店

飲食店では新規のお客さまの収得も大切ですが、リピーターも必要ですよね。

例えば、


  1. すぐにでも食べたくなるような料理の写真を載せることで集客効果をねらう
  2. Facebookページのクーポン機能を使い、フォロワー限定のクーポンを配布する
  3. Facebookページのレビュー欄を公開し、実名で投稿してもらうことでお店への信頼感を他ユーザーに示す

などの事例があります。

地方自治体の事例

知名度が十分でも集客数が伸びないのが悩みの自治体もたくさんあります。

その場合は見直しが必要かも知れません。

例えば、


  1. 公式情報や、観光情報を載せる
  2. その土地の有名スポットや特産品など、ユーザーが出かけたくなるような写真を投稿する
  3. ゆるキャラなどを登場させることで、広報職が強い記事も拡散してもらえるようにする

などの事例があります。

またどの企業にも言えますが、


  1. 漫画にして投稿することで、わかりやすさと親近感を持たせる
  2. 本文中にリンクを記載することで、自社サイトなどへ誘導する

などの方法も有効です。

何をしてもいいというわけではありませんが、Facebookは基本実名登録なので炎上しにくいという利点があります。

企業や店舗にとって悪評ほど困ったものはありませんよね。

そのためFacebookでの集客は他のSNSに比べて始めるハードルが低いとも言えるでしょう。

皆さんも是非Facebookページを作成して、自社の魅力を最大限にアピールして下さいね。

この記事を読んでいるあなたに朗報!

もし、皆さんがTwitterを使って集客を行いたいのであれば、「絶対にやってはいけないSNSチェックシート」は確認しておきましょう。

「絶対にやってはいけないSNSチェックシート」は無料で利用できます。

期間限定!無料でSNSチェックシートを手に入れる↓

みょうじん先生

全ての占い師セラピストヒーラーコーチ、コンサルへ。

「絶対にやってはいけないSNS集客法 30チェックシート」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)