集客の悩みを解決するTwitter広告の出し方を分かりやすく解説!

現在使用している広告媒体に

悩みはありませんか?

ターゲティングができない

集客に繋がらない

そもそも読んでもらえない…

その悩み、

Twitterが解決してくれるかもしれません。

ツイッターが?
なんで?

Twitterといえば集客というより

広報としてのイメージがあるかも

しれませんが、

実は優秀な広告媒体でもあるのです。

そんなTwitterの広告媒体としての魅力と、

Twitterへの広告の出し方

分かりやすく解説していきます。

集客できる?広告媒体としてのTwitter

TwitterはFacebook、

Instagramと並ぶ人気SNSです。

月間アクティブユーザーは

国内だけでも4,500万人以上にも上り、

上記3つのSNSでは

1番のアクティブユーザー数を誇ります。

また平均年齢35歳、

20~40代までと

幅広い世代のユーザーに支持

されていることも特徴です。

リアルタイム性に長けており、

ハッシュタグの存在や

リツイートでの拡散性があるため、

非常に集客性に優れた広告媒体

と言えるでしょう。

集客の悩みを解決!広告を入稿するには?

Twitterに広告を出すには、

大きく分けて3つの手順があります。

ツイッター広告3ステップ

  • ①     初期設定
  • ②     キャンペーンの作成
  • ③     広告グループの作成

手順が複雑でわからない

設定が色々あって難しい

という人にもわかりやすく解説していきます。

①初期設定

まずは基本の初期設定をしていきます。

サイトへアクセスする

Twitter広告サービスとツイッターのビジネス利用

にアクセスし、

ページ中ほどの「Twitter広告を始める」

をクリックします。

広告の種類を選択

「Twitter広告キャンペーンを開始したい」

から

「Twitter広告を設定する」

をクリックします。

オートプロモートを設定する」とは、

月額課金制でツイートそのもの

一括で広告として委託する機能なので、

今回のような場合には使いません。

国とタイムゾーンの設定

広告を出す国と、

そのタイムゾーンを選択します。

ここで設定した内容が

請求の内容やレポートに反映されます。

この設定は一度決定してしまうと

後から変更することができません。

慎重に操作しましょう。

クレジットカードを登録する

支払いに使用する

クレジットカードを登録します。

画面右上のアカウント名をクリックし、

「クレジットカードを追加する」

を選択します。

必要な登録情報を入力すれば

登録完了となり、

広告を配信することができます。

②キャンペーンの作成

さっそく

広告キャンペーンを作成していきます。

キャンペーンでは、

広告を配信する目的や予算、

スケジュールの管理といった、

プロモーション全体の設定をします。

キャンペーンの目的を選択

広告キャンペーンを作成するには、

まず目的を設定する必要があります。

以下が目的の項目です。

詳しい説明はこちらをご覧ください。

l  ツイートのエンゲージメント

l  プロモビデオ再生数

l  ブランド認知の向上

l  ウェブサイトへの誘導数またはコンバーション

l  インストリーム動画再生(プレロール)

l  フォロワー

l  アプリインストール数

l  アプリの起動回数

ここで設定した内容が

広告配信の方向性を大きく左右します。

Twitterに広告を出す理由

と照らし合わせ、

最も近いものを選びましょう。

キャンペーンの詳細を設定する

次にキャンペーン名、

予算、スケジュールの

設定を行っていきます。

l  キャンペーン名

どんな名称をつけてもかまいませんが、

今後複数の広告キャンペーンを

行う可能性がある場合には

管理がしやすい名称をつけましょう。

l  予算

予算については1日の予算の他、

キャンペーンの総予算を

設定することも可能です。

今回は1日の予算を決めていきます。

予算の使用方法は1日の中で

均等に配信する標準配信と、

1日の中で早い段階で予算を

使い切る集中配信を選ぶことができます。

広告の狙いに合わせて設定しましょう。

l  スケジュール

キャンペーン全体の

開始日時と終了日時を設定できます。

開始日は必須項目ですが、

終了日は任意のため、

期間ごとに予算管理をしたい場合や

特定の期間のみ広告を

だしたい場合に設定しましょう。

③広告グループの作成

入札やターゲティングなど、

配信の詳細を設定します。

広告配信後も変更することが

多い箇所になるので、

しっかりおさえておきましょう。

基本情報を設定する

キャンペーンと同じように

名称開始・終了日時予算、入札

を設定してきます。

l  名称

広告グループは広告の目的に応じて

複数作成するのが一般的なので、

一目でどの広告なのか

わかるような名称をつけましょう。

l  開始・終了日時

広告グループには

個別に開始日・終了日

の設定ができます。

一定の期間、

例えば

1か月ごとに予算管理をしたいような場合や、

特定の期間のみ広告をだしたい

場合に設定しましょう。

l  予算

その広告グループの予算を設定します。

l  入札

自動で入札額を決定する自動入札と、

自分で入札の上限額を設定する

上限入札単価を選ぶことができます。

おすすめは配信の効率化を図り、

最適化してくれる自動入札ですが、

低単価で広くアピールしたい場合や

入札単価が高騰している場合には

上限入札単価を選びましょう。

ターゲティングの設定

Twitterでは、

豊富なゾーニング・ターゲティングができます。

リストからの選択だけではなく、

検索ボックスからキーワードを入力して

セグメントを探すこともできます。

ターゲティングの設定をすると、

その設定でどのくらいのボリュームが

見込めるか画面右側のグラフに表示されます。

なるべく数値が真ん中に寄るように設定します。

クリエイティブの設定

これで設定は最後です!

あと一息頑張りましょう!

クリエイティブとして

配信するツイートの設定を行います。

画面の指示に従い、

広告として配信するツイートを選択し、

詳細条件を選びます。

なお、配信できるクリエイティブの種類は、

設定した目的により違います。

各クリエイティブの種類に

ついてはこちらを参考にしてください。

クリエイティブの設定が完了すると、

広告配信が開始されます。

以上でTwitterに広告を出すことができます!

公式では説明のない部分も

丁寧に解説させて頂きました。

この記事を見ながら手続きすれば、

あっという間に入稿が完了しますよ。

皆さんの集客の悩みが

解決するよう、全力で応援しています!

役に立ったと思ったらclick!

▼無料集客相談はコチラ▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)