集客の悩みを解決するTwitter広告の費用とオートプロモートとは?

Web広告での集客を検討中の企業の皆さん、

Twitter広告で

集客の悩みを解決してみませんか?

Twitterと言えば今や

InstagramやFacebookをおさえ、

国内アクティブユーザー4500万人を

誇る人気SNSとなっています。

そんなTwitterの広告、

実は2種類あるってご存じでしたか?

導入を検討されている企業の皆さんへ、

その違いをご説明していきたいと思います。

集客の悩みにはどっち?Twitter広告とオートプロモート

Twitterの広告には

2種類のタイプがあります。

1つ目が「Twitter広告

2つ目が「オートプロモート」です。

Twitter広告の特徴

オークション形式の課金体系

競合他社の

入札額・広告の質などで料金が変わります。

選んだ「キャンペーンの目的」

により課金のタイミングが変わります。

例)「フォロワー」の場合…

フォロワー1件獲得につき料金発生

オークションの状況などで

価格は変わりますが、

1クリックあたりの単価は数十円と、

少額からはじめられることが特徴です。

ターゲティング

以下のようなターゲティングがあります。


  • キーワード
  • フォロワー
  • インタレスト
  • テイラードオーディエンス
  • 行動
  • デモグラフィック

など、

様々なターゲティングがあります。

各ターゲティングの

詳しい説明はこちらをご覧ください。

メリット

①    二次拡散による料金が発生しない

広告がユーザーによって

リツイートされた場合は

料金が発生しないため、

安いクリック単価(CPC)

でユーザーを獲得できる可能性があります。

②    新規ユーザーにリーチしやすくなっている

キーワードターゲティングを利用すれば、

ツイートに反応して広告が出るため、

リスティング広告では

リーチすることができないユーザーに

広告を配信することができます。

③    CPCが安い傾向にある

二次拡散の影響もあり、

CPCが高騰している

リスティング広告に比べCPCが

安い傾向にあります。

デメリット

①    デモグラフィックの精度がFacebookに比べ低い

Twitterはユーザーのツイート内容などから

推測した性別や年齢をもとに

ターゲティングされます。

そのため、

誕生日や性別などの入力が必須の

Facebookと比較すると

デモグラフィックの精度が低くなります。

②    非公式リツートされた場合消せない

非公式リツイートは、

非公式リツイートした人に

削除の権利があるため、

自分で消すことができません。

オートプロモートの特徴

月額課金制

1か月9,900円固定で運用することができます。

広告費用を安く抑えたい方に向いています。

ターゲティング

地域と興味関心のどちらかしか

選択することができません。

メリット

①    運用なしでも自動で広告を配信してくれる

オートプロモートでは

細かな設定ができないかわりに、

ツイートするだけで広告として配信されるため、

運用や管理の必要がありません。

②    1日のうちはじめの10ツイートが自動で広告になる

普段通りにツイートをすれば、

その日のうちの初めの10ツイートが

広告として配信されるため非常に簡単です。

③    月額固定9,900円

Twitter広告

オークション形式なのに対し、

オートプロモートは月額固定です。

デメリット

①    1日のツイート数が10ツイート以下はマイナスになる

1日10ツイートが広告になるため、

ツイート数がそれ以下だと

効果が費用に見合わない可能性があります。

②    ターゲティングが細かくできない

地域か興味関心の

どちらかしか設定できないため、

より細かな

ターゲティングをした集客を

したい場合向きません。

③    広告にするツイートを指定できない

オートプロモートは1日のうち

はじめの10ツイートを

広告として配信するため、

それ以外のツイートを

広告に指定することができません。

また予約投稿もできないため、

リアルタイムでツイートする必要があります。

結局集客にはどっちが向いてるの?

1日のうち10ツイートが

広告になるオートプロモートでは、

おはようございます。
今日もよろしくお願いします!

なんていうツイートが

広告になってしまう可能性があります。

集客のお悩みを解決するには、

より細かな

ターゲティングをする必要がありますし、

安さをとって正確性を欠いては

元も子もないのです。

オートプロモートでは

せっかくの広告費が

無駄になってしまう可能性があります。

つまり、これからTwitterでの

広告展開を検討されている

企業の皆さんには断然

『Twitter広告』

の方をおすすめします。

ぜひ集客の参考になさってくださいね。

あわせて読みたい

役に立ったと思ったらclick!

▼無料集客相談はコチラ▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)