自動車関連就業者が知っておきたい新車販売台数概況

日本自動車販売協会連合会は

2020年6月1日、2020年5月の

新車販売台数概況を発表しました。

新車販売台数の増減は、

自動車関連就業人口

約550万人(わが国の全就業人口の8%強)

のお給料に大きな影響を及ぼすはずです。

特に自動車関連に就業なさっている方は、

今後のやりくりに備え、

5月の新車販売台数並びに、

2020年の新車販売台数

月別推移を確認しておきましょう。

まず、5月の新車販売台数を見てみます。

足元の状況詳細を、確認してください。

1. 5月のメーカー別新車販売台数上位3社概況

(※1)(カッコ内は、前年同月比)

トヨタ 
7万7877台(66.1%)

ホンダ 
1万6628台(57.5%)

日産  
1万2181台(48.0%)

新車販売台数上位3社は、

共に、

前年比50%前後の販売台数減少を

強いられている状況です。

なお、全メーカーで合計すると、次の通りです。

2. 5月の新車販売台数概況

(※1)(カッコ内は、前年同月比)

全メーカー合計 
147,978台(59.8%)

全体で見ると、

前年比60%の販売台数となっています。

極端な考え方をすれば、

5月の実績に基づく6月のお給料は

前年同月支給金額の6割に

減ってしまうのかもしれません。

次に、

2020年の全メーカー合計

新車販売台数の月別推移を見てみます。

販売台数のトレンドをつかんでください。

3. 2020年の全メーカー合計新車販売台数の月別推移

(※2)(カッコ内は、前年同月比)

1月 
36万103台 (88.3%)

2月 
43万185台 (89.7%)

3月 
58万1438台(90.7%)

4月 
27万393台 (71.4%)

5月 
14万7978台(59.8%)

※5月分は概況データ

トレンドを見ると、

5月に向かって台数が

減り続けていると考えられます。

従って、6月は5月より

減る可能性も小さくないでしょう。

最後に、足元並びに、

今後の見通しについて、

各方面からのコメントを見てみましょう。

コメント一部抜粋

・西村経済再生相 5月29日記者会見。

「鉱工業生産、

自動車産業は特に厳しい状況にある。」

・近健太トヨタ自動車執行役員 

5月15日記者発表。

「4~6月で販売が前年比6割、

7~9月で8割、10~12月で9割、

その後、前年並みに戻る。」

なお、

トヨタ自動車以外の

国内自動車メーカー各社は、

5月中旬から下旬にかけての、

通期での決算発表の際、

「2020年度の業績見通しについては、

現時点において合理的に

算定することが困難とし、未定。」

と、いった旨の発表をしています。

どうやら、少なくとも

2020年中は業績の悪い状態が想定されます。

何とか頑張って、乗り切りましょう。

引用元

引用(※1):日自動車販売協会連合会 ブランド別新車販売台数概況
http://www.jada.or.jp/data/month/m-r-hanbai/m-r-brand02/#
引用(※2):日本自動車販売協会連合会 ブランド別新車販売台数確報
http://www.jada.or.jp/data/month/m-r-hanbai/m-r-brand01/

created by Rinker
¥1,500 (2020/09/18 01:32:20時点 Amazon調べ-詳細)

役に立ったと思ったらclick!

▼無料集客相談はコチラ▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)