コロナを機に 転職?スキルアップ? 今、「人生100年時代」が加速する! 

2020年5月25日に緊急事態宣言が全面解除されました。

皆さんの「新しい日常」はいかがですか?

巣ごもり期間にご自身のキャリアを

見直す方も多かったでしょう。

Withコロナ時代、私たちのライフスタイルは

どのように変化していくのでしょうか?

1.転職ニーズが向かう先

日本生産性本部が

先月調査したところによると、

「感染拡大の影響で雇用に不安を感じていますか?」

の質問に47.7%が

「収入に不安を感じていますか」の質問には

61. 8%の人が

それぞれ「不安」と回答(※1)しました。

経済活動停止
勤務先の業績悪化
収入減少
雇用不安

という連想が

そのように回答させたのでしょう。

通常であれば、

雇用不安が高まると転職市場が活況になりますが、

足元ではそのような動きはみられません。

これは、

コロナショックは広い業種にその影響を及ぼし、

現状大半の業種で新たな雇用ニーズが

生まれていないことが原因と推察されます。

選考が進まない、

エージェントに会う機会が無くなってしまった、

という厳しい現実は、

思いもよらぬところで異変を起こしています。

スキルシェアサービスの「ココナラ」 は、

「転職・キャリアの相談」

カテゴリーの売り上げ伸び率が

緊急事態宣言発令の前後で2,279%

驚異的な値を記録したと発表しました。

(20年3月27日~4月2日と、同年4月3日~10日との比較/※2)

求人案件が減り

思うように進まない転職活動により、

「キャリア相談」

が不安の受け皿になっているのです。

2.求められるスキルとは?

冒頭の調査によると、

今回の収入・雇用不安は

目立ったスキルアップへの意欲向上には

結びついていないことも分かります。

「新型コロナウイルスの流行以降、

仕事・キャリアに関わる能力や

スキルを高めるために、

何か新しい取組を始めましたか?」

の質問に対しては、

「始めた」と回答した人は 8.8%、

「始めたいと思っている」 人は30.1%と

各々少数に留まりました(※1)。

経済全体の低迷により、

働き方の在り方への疑問や、

従来型の上昇志向

やや支持を落としているように見受けられます。

一方でニーズが高まっているのが、

ダイエットサポート、

オンライン会議システム「ZOOM」の使い方指導、

写真撮影などです(※2)。

これらに共通することは、

従前の価値観では

昇格や昇給、転職の決め手には

なりづらいという点です。

3.新しい日常 と 人生100年時代

自身の収入と雇用に

不安を覚えるも、新天地が見出しにくい今、

向かう先は副業ではないでしょうか?

2016年に発売されたリンダ・グラットン著

LIFE SHIFT ――100年時代の人生戦略」の中では

長寿社会を幸せに生きていくにあたり

有益な資産として


  • 所得を得るための「生産性手段」
  • 心身の活力を維持する「活力資産」
  • 変化に柔軟に向かい合う「変身資産」

の3つを挙げています。

だれも経験したことがない

新型ウィルスとの共生という「変化」の時代を、

ダイエットなどで「活力資産」を高めつつ、

もっているスキル提供により「所得を得る」・・・・。

「新しい日常」とは、

本格的な「人生100年時代」の幕開けかもしれません。 

参考

※1:日本生産性本部 「第1回 働く人の意識調査」

https://www.jpc-net.jp/research/detail/004392.html

※2:日経XTREND「Zoom指導が人気上昇 withコロナ時代でスキル市場に変動」

https://xtrend.nikkei.com/atcl/contents/watch/00013/00993/

役に立ったと思ったらclick!

▼無料集客相談はコチラ▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)