『集客の悩みを解決するために、感情よりも数字とデータを大切にする』

集客が伸びずに試行錯誤していると、

いつの間にか

感情に頼りすぎてしまうことがあります。

あなたが感情中心でビジネスを行っていて、

仮に売上が上がり、

うまく運営できているとしても、

それは偶然

お客さまのニーズと噛み合っただけであり、

一時的に噛み合った歯車が

いつズレてしまっても

おかしくない状況なのです。

「そうは言っても、感情を込めることで

お客さまに熱意や魅力が伝わる」

と考えている方も多くいると思います。

しかし、

感情とはあくまであなたから

お客さまへの一方通行のものであり、

お客さまからあなたへの伝達には

欠けてしまっているということを

知っておく必要があります。

この記事はこんな方にオススメです

  • 集客にお悩みの方
  • 実務でマーケティングを担当されている方
  • 起業した方あるいは起業予定でマーケティングを学びたい方

集客の悩みを解決〜数字やデータの持つ意義〜

前述したように、

集客において

感情を優先することはあなたから

お客さまへの一方向の行動に留まります。

ビジネスにおいては、

当然のことながら

お客さまのニーズを掴み、

それに応えた

商品・サービスを提供する必要があります。

では、あなたからお客さま、

お客さまからあなたへの双方向の意思疎通を

円滑に行うためには何が必要でしょうか。

そこで重要なのが数字とデータです。

感情だけでは一方向で

お客さまの意思がはっきりと見えませんが、

数字やデータがあることで

双方向かつお客さまの意思や行動が

視覚化されるというメリットが出てくるのです。

集客の悩みを解決〜集客データや数字の分析方法〜

感情ではなく、

データや数字を重視することで

生まれるメリットを理解したあとは、

実際にどのように分析を行っていくか

についても学ぶ必要があります。

同じように集客でお悩みを抱えている方や、

データ分析の必要性の高まりから、

多くの分析手法が確立されています。

ここでは代表的な分析方法をいくつか紹介します。

4C分析

4C分析とは、

お客さまの視点に立って

商品やサービスの利点を整理し、

今後の開発や改善に役立てる分析手法です。

この手法はアメリカの経済学者である

ロバート・ラウターボーン氏が提唱した手法で、

Costomer Value(お客さま価値)

Cost(お客さま側のコスト)

Convenience(利便性)

Communication(お客さまとのコミュニケーション)

の4つのCを表しています。

お客さま価値については、

お客さまが求める価値にあたりますが、

商品やサービスを購入し、

利用したお客さまが

どのような価値を得ることができるか、

お客さまの立場に立って

価値を分析することを指します。

コストに関しては

金銭的な負担はもちろん、

時間・心理的なコストも

分析対象になります。

また、商品やサービスを購入するにあたって

購入のしやすさを示すのが

3つ目の利便性です。

4つ目のコミュニケーションは、

企業がお客さまに

必要な情報を届けているか、

お客さまにとって自分の声が

企業に届いているかという点を指します。

このように、

4C分析はお客さまの視点から

見た分析に重点を置いているのが特徴です。

SWOT分析

SWOT分析は事業展開の環境に視点をおき、

達成したい目標を立てた上で

環境を外的環境と内的環境に分ける手法です。

さらに外的環境を機会と驚異、

内的環境を強みと弱みにそれぞれ分け、

交互に組み合わせながら

サービスを生み出していきます。

景気や市場動向などの要因が外的環境、

人やモノ、サービスの特性が

内的環境にあたります。

目標ごとに各項目を

クロスしながら分析できるので、

複雑な要素が絡んだ状況でも

戦略を明確化できるメリットがあります。

セグメンテーション分析

数多くのお客さまの中から、

共通している属性をピックアップし、

ターゲットとなる具体的な

お客さま像を明確化する手法です。

集客にお悩みの場合、

売上アップのために誰にでも売ろう

という考えを持っている可能性がありますが、

そのような場合にこの手法が有効です。

業種や年齢、性別、

どんなことを望んでいるかなど、

売るターゲットを明確化することで、

商品・サービスを展開する際の

指標にすることができます。

行動トレンド分析

行動トレンド分析とは、

季節や時期ごとで

売れやすい商品・サービスを分析し、

予測する手法です。

性別や年齢層ごとにグループを組み、

季節ごとの各グループへの売上額を集計し、

額の高いグループを見極めます。

よく購入するお客さま層が

どのタイミングで購入するか

予測がつきやすくなると同時に、

売れにくい時期には

仕入れを抑えることで

コスト削減にもつながる分析手法です。

特にシーズンによって売上が

大きく変わるサービスを扱う方で、

集客にお悩みの方はオススメの方法となります。

アクセス解析

WEBサイトを持っている場合に、

サイトを訪れたお客さまが

広告を通じて訪れたか、

ブラウザの検索結果から

訪れたか流入経路を知ることができます。

また、どのページをどのくらいの

時間をかけて閲覧しているか確認できたり、

アクセス数の多いページを把握できたりと、

WEBサイトへのアクセスを

詳細に分析することが可能です。

WEBサイトを通じた集客で

お悩みの方にはオススメの分析手法で、

Google Analyticsが代表的な分析ツールです。

SNSの活用

昨今増えてきているのが

SNSを使用した集客です。

代表的なのが

Facebook(フェイスブック)

Twitter(ツイッター)

Instagram(インスタグラム)

ですが、それぞれのツールの特性を

生かした発信が重要となります。

中高年の利用者が多い

Facebook(フェイスブック)と、

若年層の多いInstagram(インスタグラム)とでは、

それぞれ発信内容に工夫が大切になるでしょう。

また、お客さま層の幅広さと拡散が魅力である

Twitter(ツイッター)では、

多くの人の興味を引くような面白さを

アピールすることも重要です。

フォロワー層や投稿内容に

対する反応を分析することで、

お客さまがどのような点に

興味を持っているか知ることができます。

合わせて読みたい

集客の悩みを解決〜的確な分析が集客とより良いサービスを生む〜

集客の分析方法やツールは豊富にあります。

あなたの業種や客層によって

必要性の高い方法があれば、

あまり必要性のない方法もあるでしょう。

感情という一方向のツールに頼らず、

お客さまの属性や行動を可視化し、

時にはお客さまの立場になって

双方向で分析することで、

集客の悩みが解消していくことを

忘れてはいけません。

また、分析を行うことで商品や

サービスの改善につなげることもできます。

より良い商品・サービスの提供のためにも、

数字やデータは重要となります。

素人占い師の売上げを1か月で200倍にした方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)