集客とマーケティング必須!プロダクトアウト・マーケットイン成功事例3選

集客マーケティングを行う際、

基本的な概念として

「プロダクトアウト」

「マーケットイン」

という2つの考え方が存在します。

どちらも商品の開発や製造、

販売活動を行っていく上で

絶対に必要な考え方です。

今回は、

集客とマーケティングに

大切な、プロダクトアウトと

マーケットインについて、

それぞれ、成功事例3選をご紹介します。

集客・マーケティングに欠かせない!「プロダクトアウト」「マーケットイン」それぞれの成功事例3選 

それでは早速、

プロダクトアウトと

マーケットイン、

それぞれの成功事例

見ていきましょう。

1.強みを活かして集客を目指す!プロダクトアウトの成功事例3選

①アップル社のiPhone

今では全世界で有名なiPhoneですが、

プロダクトアウトで生まれた製品であり、

その代表的な例の1つです。

iPhone発売時には板状の電話なんて売れるわけがないって言われてました。

それまではガラケーが主流の時代でしたが、

スマートフォン市場という

新たな市場を開拓しました。

シンプルなデザインと直感的な操作性により、

幅広いユーザーの集客に成功し、

日本国内でのシェア率が高まっています。

新製品の発売日には

お店に行列ができるほどの人気ぶりで、

リリースのたびにそのような光景が見られ、

その集客力も話題になっています。

②SONYのウォークマン

音楽は家で聴くものだ

という考えを一変させたのが、

SONYのウォークマンです。

音楽を持ち歩いて様々なシーンで聴くことは、

今では当たり前のように行われていますが、

発売当初、非常に画期的なものでした。

それが幅広い層のユーザーに支持されて、

大ヒットにつながりました。

この、

カセットテープレコーダーを

小型軽量化するという

革新的な技術により、

SONYは大きな利益を生み出しました。

③ロボット型検索エンジンGoogle

皆さんもご存じのとおり、

世界中で最も使われており、

かつ、人気のある

ロボット型検索エンジンです。

Googleは企業理念として、

自社の使命を以下のように掲げています。

Google の使命は、世界中の情報を整理し、世界中の人々がアクセスできて使えるようにすることです。

出展元:Google

ユーザーの「知りたい」

正しく応えられる検索エンジンにするため、

幾度もアップデートを重ねており

努力を欠かしません。

それにより高精度の検索結果を得られ、

世界中で最も使用される検索エンジン

なりました。

2.マーケティングリサーチに役立つ!マーケットインの成功事例3選

①スマートフォン

アップル社のiPhone登場後

日本の企業からも続々と

スマートフォンが開発・発売されました。

iPhoneが多くの人に

受け入れられる爆発的ヒットにより、

スマートフォンの特徴である

画面のタッチ操作やスタイリッシュなデザインが、

ユーザーから求められていると分かったのです。

それらの特徴に基づいた

顧客ニーズの調査を行い、

各企業がより高品質で高機能な

スマートフォンの

開発・提供をするに至っています。

②ロボット掃除機

「ルンバ」に代表されるロボット掃除機、

実は、発売当初は

あまり売れていなかったのを

ご存知でしょうか。

え!そうなの?!

しかし、

自動で部屋の掃除をしてくれる

ロボット掃除機は、

忙しい現代人の生活を一変させました。

次第に、

その便利さに気付いた多くのユーザーから、

ロボット掃除機は

求められるようになったのです。

今ではユーザーの求めに応じて、

様々なメーカーが競合しており、

商品の開発・販売を行っています。

h3:③缶コーヒー

アサヒ飲料が実施した

マーケティングリサーチにより、

朝専用の缶コーヒーは誕生しました。

多忙なビジネスマンが求めたのは

本格的なコーヒーではなく、

いつでもどこでも気軽に飲める

朝専用の缶コーヒーでした。

実際に、サンプル配布を繰り返した結果、

顧客のニーズに合致した

アサヒ飲料は、

朝飲むのにぴったりな

コーヒーの開発に成功しました。

そして、大ヒット商品となったのです。

セブンカフェなどもこの考え方を採用した商品です。

実は、マーケットイン・プロダクトアウトに”共通”すること

プロダクトアウトとマーケットイン

対義する言葉として使われることがあります。

しかし、実は全く異なったものではありません。

どういうことなの?

それは

プロダクトアウトはお客さんが

【まだ気付いていないニーズに応える】

マーケットインはお客さんの

「こういうものが欲しい」

という表面化した

お客さんのニーズに応えることです。

つまり、

両者の考え方とも

「お客さんのニーズに応える」

という点は一緒なのです。

ニーズを考えない自己満足な商品サービス

絶対に失敗します。

したがって、

片方に絞って商品開発するよりも

ベースになる考え方を決めた上で、

もう一方の良い所を取りいれて

開発・製造することをオススメします。

そうすることで、

より集客に役立つマーケティングを

行っていくことができるでしょう。

あわせて読むといい記事

プロダクトアウトとマーケットインとは?各種メリットとデメリットも解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)