コロナ禍に伴うテレワークの広がりとアフターコロナにおける 働き方の変化

新型コロナウイルスの感染拡大に伴って

2020年4月に出された緊急事態宣言を受けて、

大都市圏の大手企業中心に

テレワーク(リモートワーク、在宅勤務)

の実施が広がりました。

テレワークが組織で働く人の働き方に与える影響

公益財団法人日本生産性本部が

発表した調査結果によると、

テレワークの中心となる在宅勤務について

6割超の人が効率性が下がったと回答し、

効率が上がったと答えた人は3割強にとどまりました。

他方新型コロナ収束後も継続したいか

という質問には6割強の人が「そう思う」と答えています。

慣れない在宅勤務に戸惑いながらも

通勤ラッシュからの解放など

一定のメリットを感じているものと思われます。

また2020年6/21日付の産経新聞は、


「内閣府は21日、新型コロナウイルス感染症の影響で

全国の3割以上の人がテレワークを行い、実施者のうち、

仕事より生活重視に意識が変化した人が約6割、

地方移住に関心が高まった人が約2割となる

といった変化が見られたとする

調査結果を明らかにした。」と報じました。


コロナ禍をきっかけに急速に広がった

テレワークという新しい働き方が、

働く人の意識やワークライフバランスに

大きな影響を及ぼしていることがうかがえます。

アフターコロナにおける働き方の変化

コロナ禍収束後において

テレワークが定着するのかという議論があります。

BIGLOBE調べによると


「新型コロナウイルスの流行を機に日本企業に

在宅勤務などのリモートワークが定着すると思うか」


という質問に対して、

8割超の人が「定着する」と回答しています。

テレワーク定着のメリット

  • 通勤にかかる時間削減
  • オフィス賃料などのコストを削減
  • 育児や介護などで
    通常の出勤に困難が伴う社員の退職抑止
  • 災害やパンデミックなどの
    非常時従業員の安全を守れる
  • 有事の際、事業継続が可能

一方で、

デメリットとしては言われているのは

テレワークのデメリット

  • 情報漏洩など
    セキュリティー上のリスクが増大
  • 業務管理、勤怠管理が難しくなる

などの点が考えられます。

今後の日本社会はどうなるのか

新型コロナウイルス感染拡大に伴い、

多くの企業や働き手がテレワークという

新たな働き方を経験することになりました。

コロナ禍は日本のみならず

世界にとって大きな試練でしたが、

これをきっかけに働くことの意味や

ワークライフバランスについて

見つめ直す人が増えたではないでしょうか。

近年政府が旗振り役となって進めて来た

働き方改革がこれを機に予想を超えた形で

一気に進む可能性も見えてきました。

この危機を機会ととらえ、

日本社会に良い変化が生まれることが期待されます。

合わせて読みたい

役に立ったと思ったらclick!

▼無料集客相談はコチラ▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)