集客とマーケティングは別の意味を持っている!それぞれの目的を整理

ホームページなどから、

マーケティング手法を使用して集客を行いたい

と思っている人は多くいます。

しかし、

思うような効果が出ていない人は、

もしかしたら「集客」「マーケティング」

同じ意味だと思っていませんか?

きちんとそれぞれの役割を理解していないと、

せっかく集客ができているのに売り上げが出ない…

マーケティングを実践しているのに思うように成果が出ない…

ということに陥りやすくなります。

それぞれの役割を

きちんと理解することが必要です。

そこで、この記事では

集客とマーケティングの基本的な違い

について解説していきます。

集客とはどのようなことを指すのか?

「集客」は単なるお客様集めではありません。

商品価値がないと、

いくら情報発信やプロモーションを

行っても効果は薄いとされており、

商品の魅力があること前提での

「お客様が集まる仕組み作り」

【集客】と定義されています。

もう少し詳しく解説します。

お客さんには、いろいろな層が存在します。

例えば、次のような顧客層が考えられます。

お客様の階層レベル

  • リピート多数のVIP顧客
  • 初めて購入してくれた新規顧客
  • 以前は購入したものの、
    しばらく購入のない休眠顧客
  • 購入するかどうか悩んでいる見込み顧客
  • まだ商品を知らない潜在顧客

このような多様な顧客層に対して、

購入してもらえる固定客にする

ようなことを目的とした仕組み作り」

を集客と呼びます。

マーケティングとはどのようなことを指すのか?

一方で、マーケティングとは

どのようなことを指すのでしょうか。

アメリカのマーケティング協会が

定義しているマーケティングは、

次のようなことを指します。

マーケティングとは、

顧客、依頼人、パートナー、

社会全体にとって価値のある提供物を

創造・伝達・配達・交換

するための活動であり、

一連の制度、そしてプロセスである

これをわかりやすく言うと、

「マーケティングとは商品が売れるための

シナリオ作りとその最適化」

となります。

商品アイディアの検討から始まり、

その商品が売れる市場選び、

商品をどのようにして販売すれば

売れやすいのか、

コンセプトの検討

さらに集客はどのようにするのかなどを

複数のパターンで考え、

より良いシナリオを選択します。

集客は魅力的な商品ありきでの

仕組み作りですが、

マーケティングは

市場(顧客)ありきで成立します。

合わせて読みたい

拡大する集客の意味とマーケティング

集客は、かつて「顧客集め」程度でしか

意味を持っていませんでした。

しかし、

現代のような選択肢が多い世の中では

商品やサービスに大きな違いがなければ、

顧客集めをしても

より安い価格の他社製品を購入しがちです。

比較サイトなども多く見られ、

なおかつ顧客側も

目が肥えてきている世の中では、

十分な価値を持っていることや

魅力的な商品でないと

良い反応を得ることができません。

集客のために、

商品やサービスの魅力や価値を高める必要性が

重要になってきており、

なおかつ商品やサービスを改善するには

顧客の視点やマーケットのニーズを取り入れて

調査を行うマーケティング手法が

重要視されています。

現在の集客は、もともとある

商品やサービスを前提に置くのではなく、

商品やサービスを

どのように改善すれば良いのか、

またどのマーケットで販売すれば良いか、

などといった

広い範囲を意味するようになってきています。

合わせて読みたい

集客とマーケティングの両面を意識してより良い販売方法を検討する

集客やマーケティングの手法は数多くあります。

しかし、この集客とマーケティングの

両面を意識しないと、

事業の成功に辿り着くことはできません。

運よく一度は買ってもらえるかもしれませんが、

リピーターになってもらうことが重要です。

合わせて読みたい

単なる「顧客集め」ではなく、

提供する製品やサービスの

魅力を必要な顧客に効果的に伝え、

さらに継続して

使ってもらえるような

仕組み作りが必要となります。

優れた商品やサービスを作り出し、

そのうえでの販売に導く仕組み作りを行い

成功を目指しましょう。

合わせて読みたい

素人占い師の売上げを1か月で200倍にした方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)