「集客」と「マーケティング」ってなに?違いを知るには言葉の定義から

社会人として仕事をしているなら

誰しも1回は、「集客」や「マーケティング」

という言葉を耳にしたことがあるはず。

しかし日常において、

似たような場面でよく聞く

これら2つの意味の違いを説明するのは

難しいですよね。

普段よく聞くし、使うけどちゃんと説明しろって言われるとできないな・・・

この記事では、

定義を確認することで、

「集客」「マーケティング」に関する知見を

深めることを目的とします。

「集客」ってなに?単語の定義を学ぶ

「集客」とは、

読んで字のごとく「客を集める」ことです。

商売というものは昔から存在し、

当然集客の概念も同じように

存在し続けています。

他の商売人よりも安く売ることによって

お客様を集めている人もいれば、

目立つ人を広告塔に立てることによって

集めている人もいたでしょう。

今で言えば、これらは

安売りセールとテレビCMに当たるでしょうか。

多くのお客様の心に何かしらの方法で

訴えかけ、自らの元に集まってきてもらう、

こうした概念をまとめて「集客」と呼びます。

昔と違うことがあるとすれば、

現代日本はモノと情報にあふれており、

顧客自ら選択する機会が遥かに増えてきました。

あちらが安売りを始めれば、

こちらがもっと安い値段で売り始める、

なんてことはよくあることです。

新商品が出ることがあれば、

ほとんどの場合

著名人を起用した大々的な宣伝を行い、

そのイメージを利用した

販売戦略が立てられます。

ただ安く売る、ただ目立つだけでは、

他とあまり差がつきません。

今となっては

どこでもしていることに過ぎないからです。

こうして考えてみると、

「集客」はあくまでも

「客」というこれといった形のない存在を集める

ことのみを思案しており、

「客」の中身について

深く掘り下げているわけではないことが

見えてくるのではないでしょうか。

つまり、「集客」というのは

商品のプロモーションであり、

「お客様」の中身に

フォーカスしたものではないということです。

「マーケティング」ってなに?言葉の定義を学ぶ

ここで現れるのが

「マーケティング」の概念です。

かつてモノが少なかった時代、

販売戦略はとても単純でした。

購入先という選択肢は狭かったため、

お客様の中身に細かく視点を当てなくとも

商品は売れましたし、

多少なりとも条件に合致しなくとも、

大筋が希望を満たしていれば

買ってくれるお客様も多かった。

しかし時代はドンドン変化し、

世の中にはモノと情報が

あふれるようになりました。

選択肢が広がることで

お客様一人一人が持つ細かな要望は

満たしやすくなり、その分販売側が

考えなければならない点は増加しました。

昔は売れたのに、今は時代が変わった・・・

いつまでも同じやり方では売れません…

こうなると、

今までの「集客」の概念だけでは

足りなくなります。

まず、

世の中では今何が主に求められているのか

調査する。

あるいは現状ニッチながら

水面下で強く求められているブルーオーシャンを

開拓する必要性を考える、

リサーチを行う必要があります。

実はこのリサーチこそ一番重要です

次に、商品を開発します。

多くの人が求める条件を

きちんと満たしながらも、

お客様に選択肢として

訴求できる個性を追求するバランスが

求められます。

当然、商品を知ってもらうための

プロモーション活動も欠かせません。

ただ目立つだけではなく、

商品のイメージや特徴をしっかりと

アピールできるよう、

プロモーションにも十分な戦略が必要です。

プロモーション=宣伝販促活動です!

時には、流通網も整備しなくてはなりません。

ブランド商品として

レアリティをアピールするのか、

誰にでも手が届くようなアイテムとして

日本全国どこでも

購入できるような販売形態を取るのか、

プロモーションと合わせた一つの戦略です。

手軽がウリなのに買える場所がないとせっかくの商品が台無し!

こうして商品を販売し、

どの商品がどのように売れていったのか

という知見は、

また次の商品開発に役立てられます。

これらすべての工程をまとめて、

「マーケティング」と呼ぶのです。

総括すると、

「集客」の概念をさらに広く深く発展させ、

モノと情報という選択肢が

あふれるようになった昨今に合致させたのが

「マーケティング」の考え方と言えます。

結局、「集客」と「マーケティング」ってなにが違うの?

ここまで

「集客」と「マーケティング」の違いについて

まとめましたが、

実際にはビジネスの場で大きな差をもって

用いられている場合は少ないです。

しいて言うのであれば、

マーケティングは集客を包括している

といったところでしょうか。

マーケティングのなかに集客があるんですね!

マーケティングの概念は幅広く、

思わず何もかもに手を出してしまいそうに

なりますが、

その本質は「お客様に向き合う」ことです。

マーケティングは

結果ではなく、あくまでも手段です。

多くの知識と知見に振り回されすぎないように、

マーケティングを実践していきましょう。

集客とマーケティングの意味は分かったけどなぜやらないけないの?

と思った方は、

以下の記事も見るとあなたの

ビジネスがレベルアップします!

合わせて読みたい

役に立ったと思ったらclick!

▼無料集客相談はコチラ▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)