テレワーク時代の信頼関係構築のポイントとは?

どのようにしたらテレワークが円滑に進むのか。

どのようにしたらテレワークは

オフィスワークに近づくのか?

最近はこうした論点が目につくようになりました。

こうした議論には「信頼関係」が

重要なキーワードになっています。

オフィスワークとテレワークでは

どのような点が異なるのでしょうか?

この記事では社内におけるテレワークでの

信頼関係構築のポイントについて探っていきます。

1テレワークで、信頼関係維持に効果があった4つの手法

世界規模でテレワークにはいった為、

沢山の問題点が発生しました。

不慣れなうちはどうしても

「初期不良」的なトラブルが発生しがちです。

そうした中、フィンランドのリアクト社は

準備らしい準備もせぬまま、テレワーク期間に

突入したにも関わらず、スムーズに移行できたそうです。

その最大の理由は既に

「信頼関係があったから」としています。

その上で、テレワーク時に有効だった信頼関係を

構築・維持するのに効果的だった方法4つを挙げています。

《①状況を認識し、理解できるようにする》

財務状況や戦略的判断、将来の見通しなど、

会社全体に関わる問題については

社員が状況を把握できるようにしておきました。

日本においては

大企業ほど財務状況の開示が進んでおり、

小規模になればなるほど、

社員が把握することが

難しくなっている傾向がみられます。

スタートアップ段階の企業などは

経営者自身も

財務状況を見る気がしなくなってしまう内容かもしれませんが、

経営層と社員の視線を合わせる為には

敢えて共有することも今後増えてくるのかもしれません。

《②自分で決断できるようにする》

上司からの承認を待っている間は、

社員は行動には移せません。

社員がより素早くより賢い選択ができるようになる為に、

ヒエラルキーを低くし、社員それぞれが、

自分の仕事について

自分で決断できる自由を与えるべきだとしています。

日本の会社で、

社員にどこまで裁量を持たせるのかについては

議論を要するかとは思いますが、

殆どの案件は、事前承認でなく、

事後報告としても

選択する結果に違いはないかと推察します。

結果に違いがないのであれば、

一定程度社員に裁量を持たせることで、

顧客への対応が各段にスピーディーになり、

付加価値を上げることができます。

《③互いに教え合う》

誰かが新しい問題に手をこまねいていたとしても、

他の誰かが、すでに解決しているかもしれません。

互いにアドバイスし合うネットワークがあれば、

無駄なことに時間をかける手間が省けるとしています。

ノウハウの共有は、規約の改正などは不要ですが、

同僚への信頼や一体感がなければ

仮にナレッジを共有するツールがあったとしても

全く稼働しないでしょう。

部署間を超えてノウハウが共有できれば、

会社全体として相当な時間コストの削減につながります。

《④社員同士の交流を促進する》

オンラインを通じた社員の交流を

積極的に図るようにしたそうです。

これは、同僚への信頼感醸造だけでなく、

テレワーク故の孤独感解消効果も図った方策です。

2双方のアウトプット

テレワークに際してよく耳にする問題現象は

「上司が即時レスポンスを求める」

「進捗状況確認が頻繁過ぎる」

「オンラインミーティングが頻繁すぎる」の3点です。

この3つの問題現象も、

先ほど紹介したリアクト社の好事例も

ポイントは「信頼関係構築」

と断定しても過言ではないでしょう。

テレワークでより重視されるのは

上司、部下ともアウトプット力です。

上司は会社の目的のために何をやっていくのか、

いつまでにやればよいのか、

その変更をタイムリーに

社員に伝えることも大切なアウトプットの一つです。

社員側は、都度の報告だけでなく、

気が付いた点、提案を上司により多く伝えることが、

上司との信頼関係構築には有効かと思われます。

オフィスワークであれば、

電話対応の内容、同僚の立ち話の内容などから、

方針変更なども

「察して、柔軟に対応する」ことが可能であり、

それが信頼関係構築の一つの手段でした。

しかし、テレワークの場合は

そうした事象から察することは不可能です。

従って、

上司・部下双方が発信力をあげることが、

信頼関係構築の肝なのです。

結局のところ、テレワークであってもオフィスワークであっても

信頼関係は必要であることには変わりありません。

現段階では、オフィスワークですら信頼感希薄である職場は

テレワークになり更に難航を極めている状態です。

しかしながら、今後テレワークが常態化していくのであれば

オンラインに合うアウトプットから生まれる信頼感が

スタンダードになってくることが予想されます。

「奥ゆかしさは禁物の時代」の幕開けかもしれません。

合わせて読みたい

参考文献

参考
NEWS PICKSHP「リモートワークでも、信頼関係を構築して維持する4つの方法」https://newspicks.com/news/5031182/body/

素人占い師の売上げを1か月で200倍にした方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)