なぜInstagramが集客に活用できるのか?初心者向けに解説!

「インスタ映え」という言葉が生まれるほど、

広く普及しているInstagram(インスタグラム)。

ユーザーがインスタ映えする画像や動画を投稿し、

それに共感した人たちで盛り上がるという印象があります。

そんなInstagram(インスタグラム)が、

なぜ集客に活用できるのでしょうか。

今回の記事では、

Instagram(インスタグラム)の特徴や

機能などについてまとめました。

この記事はこんな方にオススメです

  • 集客やマーケティングにお困りの方
  • SNSを利用した集客に興味がある方
  • Instagram(インスタグラム)を集客に利用したい方

○Instagram(インスタグラム)はどのくらい普及しているの?ユーザー層は?

2019年3月の時点で、

国内の利用者数は約3,300万人です。

国内の約4人に1人が利用しており、

広く普及しているSNSです。

世界中の利用者数は、

2018年6月の時点で、約10億人に到達しています。

ユーザー層は当初20代女性が多い印象でしたが、

その他の年代、性別にも広がりを見せており、

今や老若男女に利用されるSNSとなっています。

合わせて読みたい

○Instagram(インスタグラム)の特徴は?

他のSNSと異なる

Instagram(インスタグラム)の大きな特徴は、

写真が主になるということです。

他のSNSと違い、

Instagram(インスタグラム)は写真や動画がないと、

投稿することができません。

Instagram(インスタグラム)は、

ハッシュタグ(#)で検索ができることも特徴です。

検索結果画面の最上部には、

Instagram(インスタグラム)が独自のルールで選んだ、

9つの人気投稿が表示されます。

○Instagram(インスタグラム)の機能は?

Instagram(インスタグラム)には、

集客に役立つ機能がたくさんあります。

Instagram(インスタグラム)では、

企業アカウントを作ることができます。

プロフィールに企業の

メールアドレスや電話番号、

住所や店舗地図情報を表示させることができます。

タップすることで手軽に連絡できるので、

問い合わせ数が増え集客につながることが期待できます。

Instagram(インスタグラム)は、

他のSNSと連携させることができます。

連携させると

Instagram(インスタグラム)を更新した時に、

他のSNSでも自動的に投稿してくれるので、

広く拡散させることができます。

Instagram(インスタグラム)は、

2018年にぐるなびとの連携を開始しています。

Instagram(インスタグラム)から直接、

ぐるなびのページへ移動でき、

簡単に予約することができます。

ユーザーにとって便利な機能なので、

飲食店などは

効果的な集客につながることが期待できます。

Instagram(インスタグラム)には、

インサイト機能という分析機能があります。

フォロワーの男女比や年齢構成、

オンラインの時間帯、反応がよかった投稿など、

フォロワーの情報を詳しく知ることができます。

これにより、

どのターゲット層にアピールすればいいのか、

どんな時間帯に投稿すればいいのか、

どのような投稿をすれば反応がいいのか、

などが分かるので効果的な集客につながります。

Instagram(インスタグラム)では投稿に、

ジオタグという位置情報を表示させることができます。

クリックすると、

Googleマップで場所の位置を表示してくれ、

他の人の同じ場所での投稿も表示されます。

この機能により、同じ位置情報をつけた人や、

検索画面でその場所を検索した人が

投稿を見てくれる可能性が高まり、

集客へとつなげることができます。

Instagram(インスタグラム)の

ビジネスアカウントでは、

簡単に広告を出すこともできます。

過去の投稿を広告として、

簡単に投稿することができます。

予算は最小100円から最大10万円までで、

掲載期間を最低1日間から

最大30日間まで選ぶことができます。

○Instagram(インスタグラム)を集客に利用する上でのメリットとデメリットは?なぜ集客に活用できるの?

Instagram(インスタグラム)を

集客に利用することに、メリットはあるのでしょうか?

まずInstagram(インスタグラム)は

国内で勢いよく成長しているSNSで、

利用するユーザー層も広がりを見せています。

多くの人の目にとまるので、

集客ツールとして、積極的に活用したいSNSです。

Instagram(インスタグラム)は

写真や動画が鍵なので、

画像での宣伝が効果的な商品・サービスの集客において、

絶大な効果を発揮します。

人の心をつかむ画像を投稿できれば、

宣伝したいものに興味を持ってもらえ、

より効果的な集客につながります。

画像を見る人に、


「わぁ、美味しそう!食べてみたい。」

「素敵な場所!ここで写真とりたい!行ってみたい。」

「オシャレな服!着てみたい。」

「素敵なヘアスタイル!こういう風にしたい。」

「可愛い!使いたい。」


などと思ってもらうことが重要です。

質が良いこだわった画像を投稿すれば、

効果的な集客を行うことができます。

最近ではInstagram(インスタグラム)で

画像を楽しむだけでなく、

情報収集を行うユーザーが増えています。

サイバーエージェント連結子会社サイバー・バズ

が2017年に行った調査によると

Instagramで企業アカウントを

フォローしているかという問いに対して、

「フォローしている」と回答したのは

20代で92%、30代で89%、40代で82%。

その中で、

Instagramでの企業の投稿をきっかけに

商品やサービスを購入したことはあるか。

との質問に、

20〜30代女性の80%以上で「購入経験がある」と回答。

(※1)

以上の結果からもInstagramは

効果的な集客を行うことができるSNSだと言えます。

ハッシュタグ(#)を

つけて投稿してくれたユーザーに、

特典をプレゼントするキャンペーンなどを行うと、

投稿が増え宣伝を拡散することができます。

検索してもらいやすくするために、

具体的なハッシュタグ(#)をつけることが大切です。

例えば「#美容院」だけだと

大量の投稿があるので、

検索結果で表示されやすいように

「#美容院 原宿」など、

場所を付け加えると見つけられやすいです。

店名を入れることもできます。

検索で見つけてもらうには

ハッシュタグ(#)がすごく重要です。

戦略的なハッシュタグ(#)をつけましょう。

自分が投稿したいジャンルの人気投稿を調べ、

その投稿に使われているハッシュタグを

参考にすることもオススメです。

Instagram(インスタグラム)を集客に利用する上での、デメリットは何でしょうか?

Instagram(インスタグラム)は

文字だけの投稿はできないので、

コミュニケーションをとりにくいSNSです。

しかし、つけてくれたコメントに返信する、

いいねをつけてくれたユーザーを

フォローしコンタクトをとる。

宣伝したいもののジャンルに

興味がありそうなユーザーをフォローし、

自分のアカウントを見つけてもらうなど、

積極的にコミュニケーションを

取りに行くことでデメリットは解消できます。

他のSNSに比べ、拡散力がないこともデメリットです。

これも人をひきつける魅力的な投稿を

して多くの人の目にとまるようにする、

他のSNSと連携させる、

戦略的なハッシュタグ(#)をつける、

自らコミュニケーションを

取りに行くなどして解消できます。

○Instagram(インスタグラム)を活用して効果的な集客を

検索ツールとしての普及が広まっている

Instagram(インスタグラム)

近年、お客さまの購買行動を決める

大きなきっかけとなっているので、

ぜひ集客に活用しましょう。

参考文献

 サイバーエージェント連結子会社のサイバー・バズ「Instagramの企業アカウントに関する意識調査」https://japan.cnet.com/article/35104516/

合わせて読みたい

素人占い師の売上げを1か月で200倍にした方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)