【LINE@集客】LINEで集客?初心者向けに解説!

総務省の『令和元年版 情報通信白書』によると、

2018年時点での個人でのスマートフォン所有率は64.7%、SNSを利用している人の割合は全体で約60%です。

そして、今後スマートフォンがより広く普及されるに伴い、SNSの利用者も増えていくことが予想されます。

  • Twitter(ツイッター)
  • Instagram(インスタグラム)
  • Facebook(フェイスブック)

など、さまざまなSNSの中で、LINE(ライン)は日常の連絡手段として使われることもあり、幅広い世代において利用率が高いのが特徴です。

この記事では、LINE公式アカウント(旧称:LINE@)というサービスについて説明し、なぜ集客をする上で効果的に活用できるのかを解説していきます。

この記事は下記の方におすすめです

  • LINEを使った集客に興味がある方
  • LINE公式アカウント(LINE@)とは何かを知りたい方
  • LINE公式アカウント(LINE@)がなぜ集客に効果的かを知りたい方

LINE(ライン)公式アカウントとは?

prエージェンシーデジタルマーケティング。小さなキャラクターは巨大なメガホン、コミュニケーション、アラート広告、プロパガンダで動作します - communication tool点のイラスト素材/クリップアート素材/マンガ素材/アイコン素材

LINE(ライン)公式アカウントとは、企業や店舗がアカウントを開設してLINE(ライン)上でユーザーと直接コミュニケーションを取ったり、情報を届けたりすることができるサービスです。

LINE(ライン)公式アカウントの特徴

書きます, 通信, フィラー, 万年筆, ペン, 筆記用具, 手書きツール

LINE公式アカウント=LINE@

以前は大企業向けにLINE(ライン)公式アカウント、中小企業向けにLINE@(ラインアット)というサービスが提供されていましたが、

サービスの統一や見直しを図り、現在は新たなLINE(ライン)公式アカウントとしてのサービスが提供されています。

現在のLINE(ライン)公式アカウントの特徴は以下のようなことが上げられます。

1.無料でアカウントを開設できる

以前はアカウントの開設だけでも有料でしたが、現在は無料でアカウントを開設できるようになりました。

2.プランは3つから選べる

  ①フリープラン

   無料で1ヶ月1,000通までメッセージ可

  ②ライトプラン

   1ヶ月5,000円で15,000通までメッセージ可

   *追加メッセージは1通5円

  ③スタンダードプラン

   1ヶ月15,000円で45,000通までメッセージ可

   *追加メッセージは1通最大3円

LINE(ライン)公式アカウントの機能

E コマース, ショッピング, オンライン, 購入, ストア, ショップ

1.メッセージ配信

友だち登録をしてくれたユーザーに対して 新商品やキャンペーン情報など集客に役立つ情報を送ることができます。

テキストや画像だけのメッセージの他、画像や動画をテキスト情報と一緒にリッチメッセージも送ることができます。

2.LINE(ライン)チャット

LINE(ライン)のトーク機能を通じてユーザーであるお客さまと1対1や複数でのメッセージのやり取りをすることができます。

電話だと忙しい時間帯や不在時に対応できないというデメリットがあります。

LINE(ライン)チャットであれば、お客さまとの接触の機会を逃すことなく、空いている時間帯にメッセージを確認して後で対応することが可能なため、とても便利です。

3.応答メッセージ

ユーザーからチャットでメッセージが送られてきた時に、簡単なメッセージを自動で配信することができる機能です。

営業が休みの日やお客さま対応のできない時間帯などに活用することができます。

4.タイムライン

近況などを報告するときに使うタイムラインは、LINE(ライン)公式アカウントでも利用することができます。

友だち登録をしているユーザーからの情報共有によって、友だち以外の人も閲覧可能なため、拡散されればより広く知っていただけるきっかけにもなります。

5.ショップカード・クーポン

ポイントの溜まるショップカードやお得なキャンペーンなどを利用できるクーポンの発行ができます。

6.友だち追加広告

より広く友だちを増やして集客につなげるために、LINE(ライン)上で「友だち追加広告」を出すことができます。

7.分析機能

LINE(ライン)公式アカウントでは以下のような情報を確認することができます。

①友だち・・・

追加数、属性情報(年齢・性別・地域など)・追加経路(どこから友だち登録をしたか)

②メッセージ・・・

メッセージや吹き出しの配信数・開いた人の数・メッセージや吹き出し内のURLをクリックした数など

③タイムライン・・・

投降した内容のインプレッション(表示した)数・クリック数・いいねの数など

その他にもたくさんの情報があり、効果的な集客につなげるために情報分析をすることができます。

LINE(ライン)のユーザー層・普及率

レポート, 経費管理, コスト控除, 売り上げ高, データ, 金融, アカウント

LINE(ライン)は2020年3月末時点で8,400万人のユーザーがいて、国内の約66%以上の人がLINE(ライン)を利用していることになります。

また、ユーザーの86%は毎日利用しているという統計もあります。

『LINE Business Guide』(2020年1月-6月期)によると、ユーザー層は

  1. 男女比はやや女性が多く
  2. 幅広い年代に利用され
  3. 会社員<主婦<学生の順でユーザーが多い

ということが分かります。

LINE(ライン)公式アカウントが集客に効果的な理由

さまざまなSNSがある中で、なぜLINE(ライン)公式アカウントの活用が集客に効果的なのでしょうか?

宣伝や集客をしていく上での長所・短所などをまとめていきます。

LINE(ライン)公式アカウントの長所

1.ユーザー数が多い

前述の通り、LINE(ライン)は8,400万人の人が利用しています。

LINE(ライン)公式アカウントは無料で開設することができ、8,400万人ものユーザーがいるSNSを通して情報発信ができるのです。

2.情報伝達力が高い

友だち登録してくれたユーザーへのメッセージはポップアップなどで通知される仕組みがあるので、アプリを開かないとメッセージに気付けないSNSもあるのに比べて、情報伝達力が高いのが特徴です。

3.規模や業種・商材を問わない

LINE(ライン)公式アカウントは規模や業種・商材を問わず、企業・店舗・医療関係など幅広い業種や分野で活用されています。

4.リピーターを獲得するのに適している

友だち登録しているユーザーは、登録先のサービスや店舗などについて既に知っている人であり、LINE(ライン)公式アカウントでの情報発信を通して、今後も利用していただけるよう働きかけるのに適しています。

集客は、今いるお客さまにリピーターとして今後も利用していただきながら、新規のお客さまも獲得していくことが重要です。

LINE(ライン)公式アカウントの短所

1.ブロックされてしまう可能性がある

LINE(ライン)公式アカウントは情報伝達力に優れ便利な半面、メッセージを送る頻度や時間帯・内容などをよく考えなければ、ユーザーが煩わしく感じたり、

必要でない情報だと判断し、ブロックされてしまう可能性があります。

一度ブロックされてしまうと、ユーザーがブロック解除をしない限り送った情報は届きません。

友だち登録をしてくれているユーザーの特性やメッセージが開封されている時間帯などを分析し、

必要な情報を必要なタイミングで届けられるようにする工夫が必要です。

2.友だち登録の数が少ないと宣伝や集客の効果も限られる

SNSを通してたくさんの人に情報を伝達できるLINE(ライン)公式アカウントですが、友だち登録の数が少なければ、それだけ発信力も限られ、宣伝や集客の効果も見込めなくなってしまいます。

ユーザーの獲得につなげるため、「友だち追加広告」などの機能を利用しましょう。

【まとめ】
SNSでの集客にはLINE公式アカウントを有効活用!

LINE(ライン)は国内で最大級のSNSです。

特徴や機能を理解してLINE(ライン)公式アカウントを活用すれば、商品やサービスを効果的に宣伝したりユーザーのニーズを的確に把握して今後の事業展開によりよく反映させたりできるなど、

幅広い宣伝・集客の可能性を秘めています。

効果的な集客をするためLINE(ライン)公式アカウントを有効活用しましょう!

合わせて読みたい

この記事を読んでいるあなたに朗報!

もし、皆さんがTwitterを使って集客を行いたいのであれば、「絶対にやってはいけないSNSチェックシート」は確認しておきましょう。

「絶対にやってはいけないSNSチェックシート」は無料で利用できます。

期間限定!無料でSNSチェックシートを手に入れる↓

みょうじん先生

全ての占い師セラピストヒーラーコーチ、コンサルへ。

「絶対にやってはいけないSNS集客法 30チェックシート」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)