集客の悩みを解決する商品説明のコツを分かりやすく解説!

集客の悩みのひとつに、

お客さまへの商品説明があります。

あなたが思っている上手な商品説明と、

お客さまへ刺さる商品説明は

違っていることがあるのです。

そのような場合、

いくら上手な商品説明を行っても、

売上にはつながりません。

なぜなら、

商品説明の視点がズレているからです。

この記事は、こんな人におすすめです。

  • お客さまへの商品説明が上手くいかない人
  • 商品説明をこと細かに行っているのに、なぜか商品が買われないと悩んでいる人
  • そもそも商品説明をどうやったら良いのかわからない人

この記事を読めば、

集客の大きな悩みのひとつである

お客さまに刺さる商品説明

行えるようになりますよ。

1.集客に悩みがある人が見落としがちな「お客さま目線の商品説明」とは?

集客にありがちな悩みのひとつとして、

商品説明があります。

いくら商品説明に力を入れても、

お客さまが商品を購入してくれない…

ということに悩んだことはありませんか?

実は、

商品説明にとって

見落としがちなものがあります。

それは、

「お客さま目線の商品説明」であるかどうか、

ということです。

丁寧な商品説明を行っても

商品が売れない場合、

「お客さま目線の商品説明」ではなく

「経営者目線の商品説明」に

なってしまっている場合があります。

そのような商品説明では、

いくら集客に力を入れても商品は売れません。

1-1.集客には「誰にとってのベネフィットか」に力点を置くのが大切

集客に有効な商品説明は、

「誰にとってのベネフィットか」

に力点を置いて考えるのことが大切です。

ベネフィットとは、

日本語に訳すと「利益・ためになること」

となります。

つまり、お客さまの

「利益・ためになること」

を考えて商品説明を考えることが、

集客においては重要となります。

たとえば、

最速でコリをほぐす

マッサージ機を売り出すとしましょう。

そのときの商品説明に

つい盛り込みがちなのが、

「業界最速」という言葉です。

よく使いがちなこの言葉は、

実はお客さま目線の商品説明ではありません。

お客さまにとって大切なのは、

「業界最速」の商品を購入することではなく、

「役に立つ」商品を購入することです。

ですから、

ここで必要な商品説明は

お客さまにとって

どんな役に立つ商品なのか

説明することとなります。

マッサージ機で例えるなら、

「瞬時にコリが無くなっていく!」

などでしょうか。

とにかく、

お客さま目線で考えることが

集客の悩みを解消するコツです。

1-2.「6W2H」を重視して商品をリサーチし、商品説明に盛り込む

商品のことを知らないと、

商品説明はできません。

しかし、

どのようなポイントを押さえて

商品のリサーチを行えば良いのでしょうか。

重視すべき項目として、

「6W2H」があります。

「6W2H」の意味は、以下の通りです。

「6W2H」とは

  • what:何を
  • when:いつ
  • where:どこで
  • who:誰が
  • whom:誰に
  • why:なぜ
  • how:どうやって
  • how much:いくらで

これらの項目を埋めていくカタチで、

商品をリサーチするようにしましょう。

具体的には、

「what」の項目に商品そのものを、

「when」の項目に

販売開始日などを埋め込んでいきます。

「6W2H」の項目を最後まで

埋めるようリサーチすれば、

集客に効果的な説明文句が組み立てやすくなります。

2.集客に効果的なのは「小学五年生でもわかる」ような簡単な商品説明!

これまでの説明を総合すると、

集客に効果的なのは

「小学五年生でもわかる」ような商品説明です。

もちろんお客さまが

小学五年生であるということではなく、

小学五年生でもわかるような

簡単な表現で商品説明を行えば、

集客に効果があるということです。

先に述べた

「お客さま目線で商品説明をする」ことも、

「6W2H」を利用して

商品リサーチをすることも、

小学五年生にわかるような

商品説明をするためです。

「お客さま目線での商品説明」も、

「6W2H」を使ったリサーチを

完璧にこなしても、

難しい表現ではお客さまの注目を

集めにくいといえるでしょう。

2-1.商品説明を簡単にするには、専門用語を使わないこととメリット・デメリットの明確化が必須

では、どんなことに

気を付ければわかりやすい

商品説明ができるかというと、

まずは専門用語を使わないようにしましょう。

専門用語は、

あるだけで商品購入の

ハードルを高くする言葉です。

次に、

商品のメリットと

デメリットを明確にしましょう。

「お客さま目線」に立ったとき、

もっとも知りたいのは

その商品のメリットです。

もしデメリットがあるなら、

それも知りたいと思うでしょう。

メリット・デメリットはワンセット

説明することが有効で、

こちらも集客に効果的です。

2-2.ツール「日本語テキストの難易度を測る」を利用しよう

しかし、

いくら表現を簡単にしても、

その商品説明が小学五年生でも

わかるようなものであるかどうかは

判断が難しいです。

そこで、以下のツールを使いましょう。

「日本語テキストの難易度を測る」↓

http://kotoba.nuee.nagoya-u.ac.jp/sc/obi3/

こちらのツールを使用すれば、

その商品説明が小学五年生にも

わかる表現であるか簡単に判断できます。

集客に悩みを感じたら、お客さま目線に立ち小学五年生でもわかりやすい商品説明ができているか振り返ろう

集客に悩みはつきものです。

なかでも商品説明は

客観的に判断するのが難しく、

悩みどころでしょう。

そのようなときにツールを使うのは

非常に効果的で、

自分の表現を客観的に

判断することができます。

小学五年生でもわかる商品説明で、

集客の悩みを解消しましょう。

合わせて読みたい

役に立ったと思ったらclick!

投稿者プロフィール

アイン 集客マーケティング
アイン 集客マーケティングアイン集客マーケティング
集客マーケティングに関する記事を執筆

▼無料集客相談はコチラ▼

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)