【なぜ?】商品が売れない理由8つ

ビジネスを行っていると売り上げに関する悩みが付き物ですよね。

みなさんも良い商品やサービスなのに売れないという悩みで、この記事をご覧になっていますか?

良い商品なのに売れない理由とは?

この記事に答えがあります。

はまちゃん

いろいろな方法を試しているけれど商品が売れない

はまちゃん

商品の売り上げを増やすにはどうしたらいいのだろう

以上のように悩んでいる方は多いのではないでしょうか?

商品が売れない理由として、結論からいうと「集客やマーケティングの知識がないから」なのです。

意外と知っているようで知らないマーケティングや集客の知識。

この記事では、集客やマーケティングの知識がない人に共通する特徴と、商品が売れない理由についてお伝えしていきます。

【記事の信頼性】

みょうじん先生

アイン代表「みょうじん」です。
独創的なサードドア集客で特に占い師・セラピスト・コーチから支持を頂いてます。
現場で得られた知見を活かして、みなさんに役立てる集客ブログを書いています。

商品が売れない人に共通すること

集客とマーケティングの知識がない人に共通する特徴5つ|集客とマーケティングはアインにおまかせ

集客やマーケティングを知らなくて悩んでいる人には、以下5つの共通点があります。

  • そもそもなにが問題か分からない
  • 集客方法の的確な選択ができていない
  • ターゲット顧客の消費行動や市場を理解していない
  • 自社の商品やサービスと商勢圏がマッチしていない
  • 自身が手掛けるビジネスの問題点が分かっていない

以上の5つでしたが、なにか当てはまりましたか?

集客とマーケティングの知識を知らない人の多くが、ビジネスに必要な情報不足により悩んでいます。

それでは、一緒に商品が売れない理由8つについて見ていきましょう。

商品が売れない理由8つ

集客とマーケティングの知識なしでは商品が売れない理由8選|集客とマーケティングはアインにおまかせ

商品が売れない理由は8つあります。

あなたにも当てはまっていないか?1つずつ確認していきましょう。

1.ターゲット顧客の設定ができていない

1.ターゲット顧客の設定ができていない|集客とマーケティングはアインにおまかせ

商品が売れない理由の1つめ、ターゲット顧客の設定ができていないというのがあります。

集客を知らないと、ターゲットの客層が年齢などで大まかに分類されがちです。

みょうじん先生

なんとなく男性に売れる気がする…

なんとなくや、カンでは商品は売れません。

ターゲットを絞れていない的外れな客層にいくらセールスをしても、顧客は商品に魅力を感じることはありません。

したがって商品も売れないのです。

あなたの商品やサービスに合致する顧客層はどこにあるのか?しっかり調査しましょう。

2.具体的な目標が定まっていない

2.具体的な目標が定まっていない|集客とマーケティングはアインにおまかせ

2つめの商品が売れない理由として、具体的な目標が定まっていないというのがあります。

はまちゃん

大体月に100万円売りたい!

具体的な目標を定めて、実現できる可能性の高い手段を取らないと商品の売り上げは見込めません。

みょうじん先生

3か月後に売り上げ15%を達成するには…

まずは実現できる短期目標を定めることがポイントです。

ですから、具体的なアクションや数値の目標を決めましょう。

いちばん難しい長期的な目標は短期目標を重ねて、段階を踏んで達成していくことで実現を目指しましょう。

3.マーケティングリサーチが中途半端

3.マーケティングリサーチが中途半端|集客とマーケティングはアインにおまかせ

商品が売れない理由の3つめとして、マーケティングリサーチが中途半端というのがあります。

はまちゃん

マーケティングリサーチ?

結論からいえば、ターゲットとなる顧客やマーケットへの理解がなければ、売れるものも売れません。

マーケット(市場)について調べる(リサーチ)から、マーケティングリサーチといいます。

マーケティングリサーチとは顧客が求めるニーズ(欲求)を調べ、それに合った商品を作るための作業です。

もっとカンタンにいうと、「お客様に合った商品はどういうものか調べる」ということですね。

市場や顧客に商品に対する理解がなければ、当然ながら商品も買ってもらえません。

例えば、午後の予定が詰まっているから手っ取り早くご飯を食べたい。

あなたはそんな時、ランチに何を選びますか?

「手軽に食べられる」という看板のお店で注文。

20分待たされましたが、お値段500円でとてもおいしいハンバーグが出てきました。

確かにお値段的に手軽に食べられるのは間違いないですね。

しかしランチの合間に20分も待たされたあなたは、どんな気持ちになるでしょうか?

はまちゃん

美味しいけど今求めてるのはこれじゃない!!早くして!

このように、ニーズと合わない商品やサービスを出すと、いくら良いものを提供しても不満が出ます。

この場合どうすればよかったのでしょうか?

  • 手軽な【料金】で食べられる

以上のように一言書けば、このような悲劇は避けられたかもしれませんね。

そのほかにも、

  • 各都道府県ごとの世帯年収
  • ライフスタイル

などによって集客方法も違うので、マーケティングリサーチを行うことが重要です。

はまちゃん

昔はこの方法で売れていた!

過去の成功体験を挙げて、現在のニーズの変化に目を向けない経営者がたくさんいます。

しかしアプローチの方法を変えず売れ行きが落ちているなら、現在のお客さんのニーズから外れているということなのです。

>>>あなたの商品やサービスのニーズは?アインがお調べします<<<

4.必要なのは感覚ではなく具体的数値

4.必要なのは感覚ではなく具体的数値|集客とマーケティングはアインにおまかせ

4つめの商品が売れない理由として、必要なのは感覚ではなく具体的数値という点です。

何を行うと集客力が高まるのか、具体的な定義が必要です。

はまちゃん

この前、おじいさんが買ってくれた!

このように感覚でやっていては、あなたの商品サービスが誰に売れるのか分からないままです。

例えばリスト管理すらしていない会社が、顧客リストを作成して情報管理することで機会損失を防ぐことができます。

どの年齢層や性別、地域に売れたのか?というデータは貴重です。

顧客の情報管理をして成功パターンを見つけ出しましょう。

これにより集客力が高まり、売り上げアップにもつながるのです。

5.ニーズの変化に対応していない

5.ニーズの変化に対応していない|集客とマーケティングはアインにおまかせ

商品が売れない理由の5つめには、ニーズの変化に対応していないというのがあります。

ターゲットとなる顧客の、

  • ニーズ|Needs(目的)
  • ウォンツ|Wants(手段)

これらが、かけ離れていている場合に商品開発や修正が必要です。

はまちゃん

なんで開発と修正が必要なの?

昔からまったく変化のないビジネスが、将来も永遠に続いていくことはあり得ないことです。

時代やニーズに合わせて商品開発していくことにより、常に顧客の関心を集めることができるのです。

世の中のトレンドにアンテナを張って、フレキシブルに対応しましょう。

6.ひとつの方法にこだわりすぎている

6.ひとつの方法にこだわりすぎている|集客とマーケティングはアインにおまかせ

商品が売れない6つめの理由。

ひとつの方法にこだわりすぎている、というのがあります。

誤った集客方法を取ったまま、悪いところは見直しされずにいるケースがあります。

実際に、ジャンルが似ている広告メディアでも集まる客層が違うのです。

結論は、対象顧客にマッチしたメディアや集客方法を複数活用することで解決できます。

大切なのは、集客の方法を1つの方法に依存せずに分散することです。

集客の方法を分散することで、より多くの顧客の目に触れさせることができます。

間違った集客方法を取っている場合によく聞くセリフが…

みょうじん先生

チラシをまいているのに全然効果がない…

はまちゃん

ネットの広告は効果的だとコンサルにいわれたけど全然だめだ

お金や時間をかけているのに効果がないというのは、非常にもったいないです。

>>>集客でお困りの場合は実績のある一般社団法人アインまでお気軽にお問い合わせ下さい。<<<

関連記事:オンラインの集客方法とは?~主要SNSの特徴を生かし、効果的な集客を~

7.アフターサービスの不足

7.アフターサービスの不足|集客とマーケティングはアインにおまかせ

商品が売れない7つめの理由として、アフターサービスの不足が挙げられます。

安定した経営を継続していくためには、常連となる固定客を作ることが必須条件です。

集客とマーケティングを知らない、活用・応用できていない場合にこの固定客を増やすことは至難の業です。

最初は売り上げが良かったとしても、次第に商品が売れなくなってしまいます。

少なくとも顧客が固定化するまでは、継続的なフォローアップを行うことが必要です。

顧客をフォローアップすることで、顧客はあなたの製品やサービスの「ファン」となり、安定した経営を続けていくことができます。

関連記事:「ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)の成功例3選

8.継続的な改善がない

8.継続的な改善がない|集客とマーケティングはアインにおまかせ

最後の8つめの商品が売れない理由として継続的な改善がない、というのがあります。

PDCAサイクルを聞いたことはありますか?

  • Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)

このフレームワークを繰り返し使用すると、業務の効率化や最適化を図ることができます。

PDCAサイクルによる改善を繰り返すことで、商品やサービスの最適化が迅速に行えるようになり、集客力の向上へもつながります。

まとめ

良い商品が売れない理由について解説してきましたが、いかがでしたか?

あなたもこの記事で、商品が売れない理由がわかったと思います。

そして、売るために必要な集客方法とマーケティングについて理解できたと思います。

今、集客やマーケティングの方法が分からなくて悩んでいる場合は、その方法を学んで対策を講じることが効率よく商品を売るための近道になります。

時間を節約して、大きな効果を得るためには集客とマーケティングのプロに依頼するという方法もあります。

一般社団法人アインでは、集客とマーケティングについてお悩みの方に最適なご相談を承っております。

集客力を高めて安定した経営を続けていくことを目標に頑張りましょう!

\ウィズコロナ&アフターコロナを生き抜く!ネット集客ならアインにお任せ!/
占い師・セラピスト・コーチから圧倒的支持&実績のアイン

【初心者でも月収50万!オンライン集客のゼロイチを解説】

先生、士業、セラピスト、占い師などの方に向け、オンライン集客のゼロイチを伝える本を作りました!
「とってもやさしいオンライン集客の教科書」
わかりやすさで、他に負けない自信があります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)