なぜ集客とマーケティングを知らないと商品が売れないのか?

ビジネスを行っていると売り上げに関する悩みが付き物です。

いろいろな方法を試しているけれど商品が売れない

商品の売り上げを増やすにはどうしたらいいのだろう

このように悩んでいる方は

多いのではないでしょうか?

その原因はなぜなのか。結論から言います。

「集客やマーケティングの知識がないから」

こういった書き方をすると、

怒る人もいるかもしれませんが“事実”なのです。

この記事では、

集客やマーケティングの知識がない人の特徴と、

知識がないと商品が売れない理由に

ついてお伝えしていきます。

集客・マーケティングの知識がない人の特徴5つ

集客やマーケティングを知らなくて、

悩んでいる人には、下記の共通点があります。

  • 集客方法の的確な選択ができていない
  • ターゲットのお客さんや市場を理解していない
  • 自社の商品やサービスと商勢圏がマッチしていない
  • 自身が手掛けるビジネスの問題点が分かっていない
  • そもそもなにが問題か分からない

以上の5つです。

集客、マーケティングの知識を

知らない人の多くが

ビジネスに必要な情報不足により悩んでいます。

集客・マーケティングの知識がないと商品が売れない理由8選

集客とマーケティングの知識がないと

商品が売れない理由は以下の8つです。

順番に1つずつ確認していきましょう。

1.ターゲットとなるお客さんの設定ができていない

集客を知らないと、

ターゲットの客層が年齢などで

大まかに分類されがちです。

なんとなく男性に売れる気がする…

などと、ぼんやりしていてはいけません。

ターゲットを絞れていない的外れな客層には、

いくらセールスをしても、お客さんは

商品に魅力を感じることはありません。

したがって商品も売れないのです。

2.目的地点の設定が曖昧になる

大体月に100万円うりたい!

具体的な目標を定めて、

実現できる可能性の高い手段を取らないと、

商品の売り上げは見込めません。

3か月後に売り上げ15%を達成するには…

まずは実現できる

短期目標を定めることがポイントです。

そして具体的な

アクションや数値の目標を決めましょう。

一番難しい長期的な目標は、

段階を踏んで達成していくことで

実現を目指しましょう。

3.マーケティングリサーチが疎かである

マーケティングリサーチ?

聞き慣れない言葉かもしれないので

もう少し詳しく解説します。

マーケティングリサーチとは

顧客が求めるニーズ(欲求)を調べ、

それに合った商品を作るための作業です。

もっとカンタンに言うと、

「お客様に合った商品はなんなのか調べる」

という事ですね。

ターゲットとなる顧客やマーケットへの

理解がなければ集客は期待できません。

当然ながら商品も買ってもらえません。

例えば、午後の予定が詰まっているから

手っ取り早くご飯を食べたい。

あなたはそんな時、ランチに何を選びますか?

もし、「手軽に食べられる」という看板をみて

パッと入ったお店で注文、

20分待たせれたが、

とてもおいしいハンバーグが出てきました。

値段は500円。確かに手軽な値段ではあります。

さて、あなたはどんな気持ちになるでしょう。

僕ならこう思います。

美味しいけど今求めてるのはこれじゃない!!早くして!

といったように、

ニーズと合わない商品やサービスを出すと、

いくら良いものを提供しても不満が出ます。

この場合どうすればよかったのか。

手軽な【料金】で食べられる、と

一言書けばこんな悲劇は

避けられたかもしれません。

そのほかにも、

各都道府県ごとの世帯年収や

ライフスタイルにより集客方法も違うので、

マーケティングリサーチを行うことが重要です。

昔はこの方法で売れていた

と過去の成功体験を挙げて、

現在のニーズの変化に目を向けない経営者も

たくさんいます。

しかし、過去の方法を変えず

売れ行きが落ちているなら、

現在のお客さんのニーズから外れている

という事なのです。

これでは、売り上げは減るばかりです。

4.集客を高めるための具体的な定義がない

何が実現すると集客力が高まるのか、

具体的な定義が必要です。

この前、おじいさんが買ってくれた!

などと、

感覚でやっていてはあなたの商品サービスが

【誰】に売れるのか分からないままです。

しっかり、対策をしましょう。

例えば、リスト管理すらしていない会社が、

顧客リストを作成して情報管理することで

機会損失を防ぐことができます。

それにより集客力も高まり、

売り上げアップにもつながるのです。

5.商品開発や修正などの変化に対応しない

ターゲットとなる

お客さんのニーズ(目的)やウォンツ(手段)

からかけ離れていている場合、

商品開発や修正が必要になってきます。

なんで開発と修正が必要なの?

昔から全く変化のないビジネスが、

将来も永遠に続いていくことは

あり得ないことです。

都度都度、商品開発や修正により

アップデートしていくことで

お客さんの関心を集めることができるのです

6.間違った集客方法の見直しをしない、1つの方法にこだわっている

誤った集客方法を取ったまま、

悪いところは

見直しされずにいるケースもあります。

実際、似ている広告メディアでも

集められる客層が違います。

SNSマーケティング一つとっても様々です。

関連記事:オンラインの集客方法とは?~主要SNSの特徴を生かし、効果的な集客を~

なので、

集客できていないと感じることがあるでしょう。

間違った方法を取っている場合に

よく聞くセリフが…

チラシをまいているのに全然効果がない…

ネットの広告は効果的だとコンサルに言われたけど全然だめだ

お金や時間をかけているのに、効果がない。

というのは、

正直ムダ以外のなにものでもありません。

そういった場合は、

対象顧客にマッチしたメディアや集客方法を

複数活用することで解決できます。

重要なのは

1つの方法に依存せずに分散することです。

7.アフターサービスの不足

安定した経営を継続していくためには、

常連となる固定客を作ることが必須条件です。

集客とマーケティングをしらない、

つかいこなせていない場合

この固定客を増やすことは至難の業であり、

例え最初は売り上げが良かったとしても

次第に商品が売れなくなってしまいます。

少なくともお客さんが固定化するまでは

継続的なフォローアップを行うことが必要です。

そうすることで

安定した経営を続けていくことができます。

大企業のやり方を学びたいなら「ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)の成功例3選

8.PDCAサイクルによる継続的な改善がない

Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)

のフレームワークを繰り返し使用すると、

業務の効率化や最適化を図ることができます。

PDCAサイクルによる改善を繰り返すことで、

商品やサービスの最適化が

迅速に行えるようになり、

集客力の向上へもつながります。

集客とマーケティングをもっと学ぼう!

今、集客やマーケティングの方法が

分からなくて悩んでいる場合は、

その方法を学んで対策を講じることが

効率よく商品を売るための近道になります。

あなたもこの記事から集客方法を学び、

そして、集客力を高めて安定した経営を

続けていくことを目標に頑張りましょう!

集客とマーケティングをもっと学ぶなら

関連記事:【危険】マーケティングを知らないと騙されるワケ

関連記事:「集客」と「マーケティング」ってなに?違いを知るには言葉の定義から

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)