集客の悩みを解決する導入文の書き方を分かりやすく解説!

記事を書こうと思っても、

いつも出だしが思いつかず

つまずいてしまう。

どのように書くのが集客に

効果的なのかわからない…

そんなお悩みはありませんか?

集客に繋がる記事を書くには、

導入文が読みやすく、

この先どんなことが書いてあるのだろう?

と思わせるものでなければいけません。

初心者からベテランまでの

共通の悩みである導入文の書き方を、

筆者も使っている

4ステップでご説明します。

こんな人にオススメです。

  • 導入文に何を書いていいかわからない
  • 説得力のある文章にしたい
  •  記事の読了率をあげたい

集客の悩みを解決する!導入文とは?

導入文とは、

見出しの前にある、

記事への入り口の部分です。

導入文で記事の印象が決まる

といっても過言ではありません。

皆さんははじまりがつまらない本を

最後まで読む気になれるでしょうか?

なかなか難しいものがありますよね。

それと同じく、

良い内容の記事でも

導入文がイマイチだと、

最後まで読んでもらえない可能性があるのです。

逆に導入文で心を掴むことができれば、

最後まで読んでもらえる可能性はぐっと高まります。

導入文が集客の悩みを解決する3つの理由

それではなぜ導入文が

集客の悩みを解決してくれるのでしょうか。

それには3つの理由があります。

  • 記事を読むメリットがあると感じさせる
  • 疑問への回答が明示してある
  • 記事の内容が正確だとわかる

記事を読むメリットがあると感じさせる

どんな記事なら、

お客さまは読みたいと思うでしょうか。

それは

「読むことに価値がある、メリットがある」

と思った記事です。

そのアピール、つまり

「この記事には

読む価値がありますよ、面白いですよ」

と訴えるのが導入文となります。

集客に繋げる導入文にするには、

その記事を読むメリットを明示する必要があります。

疑問への回答が明示してある

この記事の疑問への回答部分は

導入文の書き方を、

筆者も使っている4ステップでご説明します。

です。

このように、「読めば回答が得られるのだな」

と思ってもらえる文章をいれることで、

読者の安心感を得ることができます。

そうすることで

お客さまの期待感が高まり、読了率があがります。

記事の内容が正確だとわかる

導入文にはある程度の

インパクトが必要ですが

「今すぐ1000人呼べる集客術があります」

と書いてあって信じる人はいるでしょうか。

むしろ

その記事の信ぴょう性を疑ってしまいますよね。

導入文にはある程度のインパクトが

なくてはなりませんが、

嘘や過剰な表現はよくありません。

導入文にはお客さまの心を掴み

最後まで読んでもらうという役割もあるため、

信頼してもらえる情報を盛り込みましょう。

集客に繋げる導入文の書き方4ステップ

実は導入文にも書くコツがあります。

そのコツさえ掴んでしまえば、

どなたでも簡単に導入文を書くことができます。

以下の4つの点に注意しながら書くようにしましょう。

  • 記事の趣旨と読者の疑問を明確にする
  • 疑問に対する答えを用意する
  • 信頼性があることを見せる
  • 導入文と要約文を混同しない

では実際にこの記事を例に説明していきます。

記事の趣旨と読者の疑問を明確にする

この記事の場合


「記事を書こうと思っても、

いつも出だしが思いつかず

つまずいてしまう。

どのように書くのが集客に

効果的なのかわからない…」


の部分が記事の趣旨とお客様の疑問に

ついて触れている部分です。

いきなり結論を書くよりも、

お客さまの心情を汲んだ文章をはさむことで

「ちょうどそのことで悩んでいたんだ」

という共感を得ることができます。

疑問に対する答えを用意する

この記事の場合


「導入文の書き方を、

筆者も使っている4ステップでご説明します。」


の部分が、疑問に対する答えです。

簡単にで良いので、

疑問に対する答えを書いておくことで

「読めば知りたい情報が得られそうだ」

という期待感を高めることができます。

信頼性があることを見せる

この記事の場合


「筆者も使っている4ステップでご説明します。」


の部分が、信頼性があることを見せています。

実際に使っているスキルだと明示することで

「この人も使っているスキルなら安心だ」

という信頼感を得ることができます。

導入文と要約文を混同しない

気を付けたいのは

要約文と導入文は別なものだということです。

初心者や導入文が苦手な方に

多いのが導入文と要約文を混同している場合です。

導入文はあくまでも

本文への入り口であることに対し、

要約文は本文を短くまとめ、全て読まなくとも

そこに何が書いてあるかがわかる文章です。

この2つの違いをはっきりさせておきましょう。

以上4つのステップで

導入文を考えることで、

迷わず文章を構成することができます。

導入文で読む読まないが決まる

導入文とは、

読者がその記事を読む読まないを

決める大事な要素になります。

導入文に魅力がなければ、

せっかく良い本文を書いていても

読んでもらえない可能性があります。

なかなか導入文が思い浮かばない…

と思ったら、

この4ステップを思い出して書いてみて下さいね。

あわせて読みたい

素人占い師の売上げを1か月で200倍にした方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)