集客とマーケティングのよくある失敗!販売の〇〇ができていない!?

うちの商品もいいし
宣伝もしてるのに
なぜか売れない…

という相談をよく受けます。

結論からお伝えします。

それは、集客の導線設計が出来ていないからです。

導線設計?

集客とマーケティングを考える上で、

導線設計は非常に重要です。

はじめて耳にした方もいるかと思われますので

もう少し詳しく説明します。

導線設計とは、

お客様を入り口(訪問)出口(購入)まで

導いてあげる1つの流れです。

もっと簡単に説明すると

【ゴールまでの道案内】とも言い換えられます。

ユーザーにどのようなきっかけ

商品やサービスを知ってもらうのか、

どのように商品やサービスの

魅力を知ってもらい、

問い合わせや購入につなげていくか

ということを考えなければ、

上手く集客できません。

今回の記事では、

集客の導線設計が

出来ていないがゆえに起こる失敗と、

導線設計をする上で

大切なポイントについてまとめました

ぜひ、ご覧ください。

ターゲット(客層)が明確でないため、効果的な集客が行えない

導線設計を考える上でまず大切なことは、

どのようなターゲット(客層)を集客したいのか

ということです。

そこが明確になっていないと、

どのようなツールを使って集客するのか、

ホームページ、ブログを

どのような内容にするのか

という点で間違ってしまい100%失敗します。

例えば、

20代女性に売れそうなスイーツなのに

ターゲットを間違え、

利用者の年齢層が高いFacebookを使って

集客を行ってしまうかもしれません。

それは、

効果的ではありませんよね。

ターゲットを20代女性にしぼると、

20代女性がよく利用する

InstagramやTwitterを用いて集客する

ホームページ、ブログのページを20代女性が

見やすそうなデザインにする

など、効果的な集客を行うことができます。

ホームページを知ってもらうための方法について考えていないため、効果的な集客が行えない

ホームページへ誘導するための方法は、

大きく分けて4つあります。

  • 検索エンジン
    (Google、Yahooなど)
  • SNS
    (Twitter、Facebook、Instagramなど)
  • ウェブ広告
    (Adwords、Yahoo、ASPなど)
  • その他
    (チラシ、ポスティングなど)

合わせて読んでほしい記事:集客に効果のあるチラシデザインのアイデア5選【すぐ使えるテンプレート付き】

これらの中でどの方法を用いるか

考えておかないと、

ムダな発信やホームページを作ってしまい、

集客できず、ただただ

時間とお金のムダづかいになります。

どの方法を用いるか導線設計を

しっかり考えていれば

  • SNSの発信方法や発信時間をリサーチする
  • ホームページのSEO対策をしっかりしておく

などの工夫ができます。

SNSは短期的な集客、

SEOは長期的な集客につながります。

考えた方法で上手く集客できなかった

場合、そのつど修正が必要になります。

どのように商品やサービスについて知ってもらうか考えていないため、ホームページにムダが多くなる

ホームページは、

商品やサービスの魅力について知ってもらい、

【売り上げにつなげるためのもの】

という導線設計がきちんと

組み立てられていないと、

ムダが多くなってしまいます。

例えば…

企業、店舗のブログで、

プライベートに関連する内容が

投稿されていることがあります。

あなたは

自分のホームページやブログに

こんな内容の文章を載せてませんか?

今日はとてもいい天気ですね♬

ランチでとてもいいお店を

見つけたのできてみました。

そのあと、

花屋さんでとてもきれいな

お花をみて心も大満足

こんな楽しい私がいる

お店に皆さん来てください♬

ハッキリ言います。

今すぐ止めてください。

こんなのなら書かない方がマシです。

なんで!!?!?
いいじゃないか!!

こんなことを言うと

怒る方もいるでしょうがこれから残酷な

“事実”をお伝えします。

お客様はあなたの

個人的なことなんて興味がありません

趣味や今日の出来事を書くだけなら

日記や個人のブログでやりましょう。

あなたがビジネスでホームページ、ブログを

作った目的はなんですか?

商品、サービスを購入していただくためですよね。

だったら、売り上げにつなげるためには、

たんなる日記ではダメです。

お客様が商品やサービスへの価値を感じる

ものにしなければ無意味なのです。

集客の導線設計ができていると、

売り上げという最終的な目標を達成するために、

どのようなホームページ、広告を

作ればいいのか

分かるようになります。

まず、

お客様が求めている情報を提供し、

こちらが目標としている

問い合わせや購入などに

お客様が迷うことなく誘導する

ことが重要です。

例えば、

ダイエット食品○○についての

広告やページを作る場合、

  • ○○にはどんな効果があるのか
    (ユーザーに対するメリット)
  • 実際に効果があった人の体験談
  • ○○はどのような商品なのか詳細を述べる
    (成分・安全性など)
  • 価格やキャンペーンなどについて
  • 購入ボタン、問い合わせ番号など

といった順番にすると効果的です。

集客の導線設計を考えておくと、

ムダがない広告、ホームページができます。

今まで時間をかけて

苦労していた売り上げ目標も、

最短距離でサクッと達成することができます。

上手くいかなかった場合も、

原因が分かっていれば

修正しやすく、ムダにお金を使うことも

人件費を割くこともありません。

集客の導線設計をしっかり考えて、

ムダがない集客とマーケティングを行いましょう!

ぜひ読んで欲しい記事:ダイレクトレスポンスマーケティング(DRM)集客は3つの手法を覚えればOK!

関連記事:集客の悩みを解決する広告の効果測定とは?広告出して満足するな!

素人占い師の売上げを1か月で200倍にした方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)