集客の悩みを解決する広告の効果測定とは?広告出して満足するな!

Web広告での集客に

お悩みの方はいませんか?

広告を出しているのに
集客がイマイチ…

そんな悩みを抱えているのは、

きちんと広告の効果測定が

できていないからかもしれません。

え?

その広告がどんな役割を果たし、

そしてどんな成果をだしているか

きちんと把握していますか?

出して終わりじゃないの?

ドキッとしたそこのあなた!!

広告は出すだけではダメなのです。

広告をだしたらしっかり

効果測定をしていきましょう。

この記事では

効果測定とは何か。

そしてどう運用していけば

集客につながるのか、

わかりやすく説明していきます。

「広告」とは投資であることを心得よ!

広告を出すということは

ゴールではなくスタートです。

広告を出したことで

満足していませんか?

お金をかけて

広告をだすということは、

集客や売り上げにプラスを

もたらしている必要があり、

常に費用対効果を意識して

いなければならないのです。

つまり広告を出すということは

一種の投資であり、

広告を出しておわり

という状態は好ましくありません。

特に新聞や雑誌などの広告と違い、

Web広告では効果を数値化できるため、

それを積極的に利用していくべきなのです。

集客に必須!効果測定とは?

効果測定とは、

広告の効果を客観的に測ることです。

アクセス数やCPAのデータは

とっているものの、

どの広告がどのくらい成果を

だしているか

把握・分析できていない

ということはありませんか?

しかしアクセス数やCPAなど

1つ1つのデータを追うことも

本来の目的ではありません。

効果測定はあくまで

「成果(集客・会員登録・購入など)」

を把握することを最優先に考えます。

効果測定が目指すものは

「1件の成果を獲得するため

いくらかかったのか?」

を明らかにすることです。

なぜ効果測定が必要なのか

なぜ集客に効果測定が必要なのか

といえば、お客様や

市場の変化に合わせ、

広告の内容や出す場所の方針を

変えていかなければならないためです。

現在は投資額を上回る成果を

出している広告でも、

いつまでもそれが続くとは

限りませんし、そもそも投資額に

見合った成果がでているのか

把握する必要があります。

先述の通り、

広告とは投資です。

場合によっては

投資対効果を正しく把握できていない

可能性すらあるのです。

状況の変化をきちんと把握し、

対策をとるために

効果測定が必要となるのです。

集客に繋げる効果測定のポイント

指標の設定

集客につながっているか

を確認するためには、

ページへの誘導ができているか、

みるため「クリック数」をみていきます。

認知目的の広告であれば

「インプレッション数」

申し込みや商品購入目的

の広告であれば

「コンバーション数」

「コンバーション率」

をみていきましょう。

投資対効果の測定

先述の通り効果測定が目指すものは

「1件の成果を獲得するために

いくらかかったのか?」

を明らかにすることです

投資額を上回る成果がでたのであれば、

その要因を

成果が下回ってしまった場合も

その要因をみつける必要があります。

要因分析

投資対効果の測定にて

なぜそのような結果になったのか、

その事実を分析しなければなりません。

全体の数値だけでなく、

数字の規則性を見る必要があります。

また特異点をみつけ分析することで、

集客に結びついているかを

導き出すことができます。

集客の悩みを解決する広告運用をしたいなら常にこの2つを心掛けよ!

何度も重ねて言うように、

「広告」とは投資です。

投資や運用をしていて

その結果を見ない人

などいないように、

広告を出したのにもかかわらず

効果測定をしないということも

またありえないのです。

集客にお悩みであれば、

Webマーケティング入門として

この記事を読み終わったら

すぐに広告の効果測定をしましょう。

業者任せにするだけでなく

自分で考えることで、

集客だけでなく

他の課題が見えてくる

ことも多くあります。

ぜひ読んでほしい記事:集客とマーケティングのよくある失敗!販売の〇〇ができていない!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)