集客とマーケティングに欠かせないコンセプトとは?事例12選

あなたも普段生活していて、

コンセプトという言葉を一度は

聞いたことがありますよね。

とくに、ビジネスの現場では

みんな口を開けば

この商品のコンセプトは…

いいか?経営にはコンセプトが大事なんだ!

と言います。しかし

コンセプトって
なんのこと?

と聞かれて、

きちんと答えられる人は意外と少ないのです。

そこで今回は、コンセプトとはなにか?

そして、実際に各企業の出している

商品コンセプトを例に

わかりやすくお伝えしていきます。

この記事を見れば、明日から

コンセプトってなに?

聞かれても自信をもって

答えられるようになります。

それでは早速、結論からお伝えします。

コンセプトとは

  • ビジネスの価値を瞬間的に理解することができる言語
  • 全体を通した基本的な考え方
  • はじめから終わりまで一貫した考え方

という意味です。

これだけだと、分かりにくいので

もう少し、詳しく解説したいと思います。

コンセプトとは、誰が聞いても

パッとイメージが

頭に浮かぶようシンプルに一言で

あなたの商品、サービス、会社など

「あなたのしていることはなにか

伝えることなのです。

つまり、詳しく説明しないと

伝わらないコンセプトは

コンセプトとして失格です。

コンセプトは作ればいい

というものではないのです。

集客とマーケティングに必須のコンセプトは失敗すると大変なことになります

コンセプトがハッキリしていると、

多くのお客様の心に届き

集客が出来るようになります。

コンセプトがお客様にとって

納得できるものだと、

サービスや商品の購入に繋がります。

コンセプトは、

お客様が真に必要としている情報を

こちら側から正しく伝える

大きなきっかけになるのです。

もし、コンセプトを決めなければ、

お客様にどのように

アプローチをすれば良いか分からず、

集客どころか、

あなたはなにをしているの?

という質問すら答えられなくなります。

それでも、

1人でやるならあなたの説明で

少しは集客できるかもしれません。

しかし、

スタッフを雇った場合

もっと悲惨なことになります。

コンセプトがあやふやな商品サービス

売れるはずがありません。

何故なら、

スタッフにイメージが伝わっていないからです。

結果的に、売り上げも上がらず

モチベーションも下がり

辞めてしまうでしょう。

あなたもなんだか分からないものを

売ってこい!と言われても

正直、嫌な気持ちになりますよね。

スタッフが集まらない会社は

お客様も集まらなくなります。

どちらも、同じ人間だからです。

だからこそ、

コンセプトという基盤を固めたうえで、

適切なマーケティングを行い

集客につなげる必要があります。

コンセプトが消費者に

とってしっくり来るものであった場合、

マーケティングを行うと

多くのサービスや商品が売れていきます。

だからこそ、コンセプトは

分かりやすく一言に

凝縮する必要があります。

集客とマーケティングに活かそう!商品コンセプト4例

それでは、

見て参考になる

商品のコンセプト4例

実際に見ていきましょう。

・iPod

1000曲をポケットに

多くの音楽をポケットに入れて持ち運べますよ

という意味の非常に秀逸なコンセプトです。

・ダイソン

吸引力の落ちないただ一つの掃除機

掃除機の最も求められている吸引力を

インパクトがあるコンセプトで表しました。

・モーニングショット

朝専用コーヒー

朝に飲むコーヒーとして

特化したコンセプトです。

赤いパッケージも印象的ですね。

・走れるパンプス

パンプスは走りにくいという

常識を覆したコンセプトです。

集客とマーケティングに活かそう!企業コンセプト8例

ここからは、企業・店舗

コンセプト8例を紹介していきます。

・スターバックス

家庭でもなく職場でもない第3の空間

憩いの場としての役割をはたしており、

スターバックスで仕事をする人も多いです。

・アスクル

事務用品が 明日届く

分かりやすいコンセプトで

記憶に残りやすいです。

・カーブス

女性だけの30分健康体操教室

女性だけで短時間という、

ありそうでなかったサービスを、

シンプルに伝えたコンセプトです。

・ドミノピザ

30分以内に熱々ピザを自宅までお届け

当時の利用者の「冷めたピザは嫌だ」

という意見からこの約束を

したところ大ブレイクしました。

・俺のフレンチ

高級食材を使った高級料理を低価格で

良いものを安く食べたい

というのは誰もが思う欲求。

回転率の速さを売りにして

価格を下げたのは現場の技術があってこそです。

・デラセラ

誕生日専門のレストラン

ユーザーの誕生日という場面に

特化したコンセプトです。

ブランドコンセプトの例

・シャネル

男性のためだった女性の服を

エレガンスと働くことと

両立した女性による女性のための洋服

(女による女のためのモード)

当時は女性は自立できなかったという事に

シャネルは焦点を当てて、

大きな挑戦をしました。

社会の問題とは何かを考えたコンセプトです。

・ディズニーランド

魔法の国

日常から非日常へというコンセプトを元に、

コンセプトは作られています。

日常の事を忘れてしまうくらい

楽しい世界観が老若男女問わず

人気となっています。

集客とマーケティングを成功させるならコンセプトは必須!

コンセプトはお客様に一言で

あなたが何をしているか伝える

とても重要な考え方です。

よく考えて作ろう

集客や売り上げにもコンセプトは直結します。

わかりやすく、誰が聞いても分かる

シンプルなコンセプトを作りましょう。

それが、

あなたのビジネスを成功させる

大きな一歩になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)