なぜTwitterが集客に活用できるのか?初心者向けに徹底解説!

最近では、SNSを利用した集客を行う事業者は多いです。

特に飲食業や小売業、サービス業などは

多数の業者が集客や販促に利用しています。

注目されているSNSはいくつかありますが、

その中でも使い方がシンプルで

集客するツールとしても利用しやすい、

Twitter(ツイッター)を解説していきます。

この記事は以下の方におススメです

  • 集客にお困りの方
  • マーケティング担当者又はマーケティングを学びたい方
  • SNSを利用した集客に興味のある方

SNSで集客!~Twitterの機能・特徴~

Twitterは、

日本語だと140字までつぶやけるシンプルなSNSです。

文章の他に画像や動画も投稿できます。

まず、Twitterでよく使用する用語を説明します。

つぶやくことをツイートと言います。

他人のツイートを自分のツイートとして

反映させることをリツイートと言います。

他人のアカウントのツイートをフォローして

タイムラインに表示させることをフォロー。

自分のアカウントをフォローしてくれている

アカウントをフォロワーと言います。

3大SNSと言われる、

Instagram・Facebookと比べるとTwitterの最大の特徴は、

リツイート機能です。

他のSNSと比べて拡散する範囲が広いです。

フォロワーのみ又は友達の友達のみだけではなく、

Twitterの場合はリツイートすることにより、

非フォロワーなどの全く知らない人にまで投稿が届きます。

イメージとしては、

ツイートを投稿して

フォロワーの友達が見てリツイートして、

さらにその友達がリツイートすると

すでに友達の友達の友達まで広がっており、

全く知らない人にまで投稿が届いています。

SNSの使い分け方としては、

Facebookは実名利用ということもあり

実際の友達や仕事関係の人が多く、

Instagramは実際の

仲の良い友達同士で行うことが多いです。

これに対してTwitterは、

実際の友達同士の場合もありますが

オンライン上の友達や

趣味仲間で行っている場合が多いです。

実際には全く面識の無い人と

つながっていることも多いです。

SNSで集客!~Twitterのユーザー層・普及率~

では、Twitterで集客するにあたっても

重要な利用しているユーザー層のデータを見ていきます。

Twitterの国内利用者は約4,500万人(2017年10月時点)

世界での利用者数は3億8,600万人(2020年4月時点)

と世界では毎年増加傾向にあります。

国内では、

LINEを除いたSNSの中では利用者が最大になっています。

ちなみにLINEは、ほぼ

日本・台湾・タイ・インドネシアだけで利用されており、

世界の利用者数だとTwitterの方がかなり多いです。

では、国内利用者数をもっと細かく見ていきます。

まず世代別の利用者割合です。

利用者数と世代別での人口割合数です。

(人口数は2020年1月時点の総務省統計局を参考)


  • 10代(17歳~19歳) 約393万人 67.2%
  • 20代 約767万人 61.6%
  • 30代 約697万人 48.6%
  • 40代 約748万人 40.4%
  • 50代 約599万人 40.4%
  • 60代 約392万人 36.9%

人口比でいえば10代・20代の利用者数が多く、

利用者数は20代~40代が

中心で20代が最も多い世代。

30代~60代はまだまだ利用者数増加

伸びしろがあります。続いて男女比です。


  • 10代(17歳~19歳) 男性50% 女性50%
  • 20代 男性46% 女性54%
  • 30代 男性51% 女性49%
  • 40代 男性54% 女性46%
  • 50代 男性58% 女性42%
  • 60代 男性57% 女性43%

20代女性の利用者が最も多く、

10代・30代は男女比はほぼ一緒で

40代以降になっていくと

男性の利用者数割合が増えていきます。

SNSで集客!~なぜTwitterが集客に活用できるのか~

ここからは、

Twitterがなぜ集客に活用できるのか探っていきます。

先程のデータを見てみますと

国内での利用者はSNSの中で非常に多く

その中でも10代・20代の利用者が最も多いです。

若年層向けへの商品やサービスの販売には、

向いているメディアです。

ファーストフードなどの飲食店や美容室などの

美容関係での集客に

Twitterが利用されている理由の一つです。

そして他のSNSと違って、

Twitterは投稿したものが

全く知らない人にまで拡散することができます。

この拡散力が集客においてTwitterの最大の魅力です。

誰か一人が、

「このお店・商品・サービスが良いよー」

と複数の友達に伝えたくてツイートしたら、

リツイートされていき数万人に

投稿を読んでもらえた

なんてことは実際に起こりえることです。

企業側としては、

広告宣伝費をそこまでかけなくても

色々な人が拡散してくれることに

よって広まっていき、

知名度を上げていけるというメリットがあります。

お店でしたら新規顧客の獲得に、

商品やサービスだったら知ってもらうための

集客ツールとしてTwitterはかなり

有効ですし、成功した事例も沢山あります。

そして、Twitterのもう一つのメリットは、

直接お客さまとコミュニケーションが取れる点です。

企業に対してフォロワーに

なってくれていることはファンや、

新しい情報を知りたいというお客さまです。

お客さまの方から質問や相談を頂いたりして、

すぐにコミュニケーションを

取ることが可能ですし、

DMで個々に返答することも可能です。

これによって、

さらなるファンの獲得や好感度アップ、

販売促進へとつながっていくことができます。

では、Twitterのデメリットは何でしょうか。

それは上記で述べた拡散力がある点と

コミュニケーションが取りやすい点です。

悪い部分や対応も

広まっていくことが早いということです。

拡散力があるということは、

良いことも悪いことも広がりやすいので、

不適切な投稿や発言には注意を払いましょう。

まずは、Twitterアカウントの開設をしよう!

現在では、

SNSで集客するのは当たり前の時代になっています。

その中でもTwitterは集客の強力ツールの一つです。

まだ、Twitterを行っていないのならば

簡単にアカウントは作れますので、

実際に試してみましょう。

Twitterは、リアルタイムで動いていくSNSです。

常に現在のトレンドを知ることも可能です。

マーケティング分析をするにしても

販売促進をするにしても便利なツールともいえます。

参考までに、アイン代表である

荒屋のアカウントを置いておきます。

ぜひ、フォローして話しかけてみてください!

合わせて読みたい

素人占い師の売上げを1か月で200倍にした方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)