~「礼儀正しさ」の効用と、3つの心がけ~ 日米の研究結果から導き出された、今学ぶべきスキルとは?

リクルートワークスの辰巳哲子氏による

「英語、パソコン、資格……飛びつく前に

今、学ぶべきもっとも重要なスキルとは?」

※1

という記事で、スキルには2種類あると言っています。

一つは、語学力、統計など

仕事を効率よくおこなう「仕事直結型」(=Do型)スキル。

もう一方は、問題解決力やコミュニケーション能力などの

「個人がどうあるか」(=Be型)というスキルです。

そして、足元では後者が重視される風潮が加速している、

と主張しています。

皆さんは、「個人がどうあるか」というスキルと聞いて、

どのようなスキルを思い浮かべますか?

1.利益をもたらす「礼節」

米国ジョージタウン大学助教授の

クリスティーン・ポラス氏は著書

『Think CIVILITY「礼儀正しさ」
こそ最強の生存戦略である』
の中で、

「礼節ある言動」とは、こころから相手を尊重し、

相手を丁寧に扱う言動としています。

そして、礼節が個人、組織の両方に

良い効果があることを説明しています。

礼儀正しさを備えた個人は、


  • 仕事が得やすい
  • 人脈が構築しやすい
  • 出世する可能性が高まる

といったメリットを享受できます。

採用では、能力はまずまずでも

礼節ある人を選ぶ傾向がみられます。

例えば、

何度か合併をくりかえした

コンサルティング会社では、

多様な人々が一緒に働くようになったため、

種類の違う人とでも

垣根なくコミュニケーション出来る人

採用・昇進させているそうです。

一方、礼儀を備えた会社は、

従業員が安心して働き、好業績をあげる

という効果が得られます。

コストコの創業者は、

頻繁に店舗に出向き、従業員に挨拶をしたり、

感謝の言葉をかけたりしたそうです。

結果としてコストコは

ウォルマートと比較して時給が65%高く、

従業員の離職率が高いことで

数億ドルのコスト削減にもつながっているというのです。

「最強の生存戦略」のタイトルがしめすとおり、

「礼節」は「お行儀」の枠の中には納まりきらず

「社会の中で企業」が、

「組織の中で個人」が生き延びる為の

今や大切なスキルになのです。

礼儀正しさは、リクルートワークス辰巳氏が示す

「個人がどうあるか」(=Be型)

というスキルの一つであることに

間違いはないでしょう。

2.今すぐはじめよう!3つの心がけ

働きかたが変わる今、

なにを学ぶべきかを見定めることは

簡単ではありません。

辰巳氏の記事では

「新しいことを始める時には、
何を学べばよいかがすぐ分かる」

の質問に対して

「とてもあてはまる」または「あてはまる」と答えた人は、

わずか28%に過ぎなかった、と報告しています。

そこで、

まずは「礼節アップ」に取り組むことを

お勧めいたします。

前述のとおり、

これは個人にも、企業業績にも寄与することが

クリスティーン・ポラス氏に

よって証明されています。

そして、まず心がけるべきこととして、

ポラス氏は以下3点を挙げています。

心がける3つの礼節

  • 笑顔をたやさないこと
  • 相手を尊重すること
  • 人の話に耳を傾けること

いずれも、

費用もかからず、すぐにできることばかりですね。

同僚、上司だけでなく、

ご家族や、ご友人に向けても実践してください。

礼節は、礼節を生みます。

礼儀正しさの好循環を私たちからはじめましょう!

参考文献

※1 ビジネスインサイダーHP「英語、パソコン、資格……飛びつく前に今、学ぶべきもっとも重要なスキルとは」
https://www.businessinsider.jp/post-213864
クリスティーン・ポラス著 夏目大 訳『Think CIVILITY「礼儀正しさ」こそ最強の生存戦略である』東洋経済新報社2019年

素人占い師の売上げを1か月で200倍にした方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)