2つのレポートの相違点から答えが出た!「人は何によって幸せを感じるのか?」

ここに2つのレポートがあります。

一方は慶應義塾大学大学院前野隆司教授が

書いた記事『平均年収320万円でワースト1位の沖縄県民が

「幸福度日本一」』です。

(※1)

もう一つは内閣府が発行した

『満足度・生活の質に関する調査」

に関する第1次報告書』です。

※2

今回はこの2つのレポートを読み解きながら、

「私たちは何によって幸せを感じるのか」

を探っていきます。

1.幸せの構成要素

平均年収320万円で国内最下位の沖縄県の幸福度は、

なぜか日本一高い。

その理由として前野教授は、「なんくるないさ-」

という方言に代表される

楽観的な県民性」を挙げています。

暖かい気候故、必ずしも一生懸命に働かなくとも

衣食住に困るケースが少なくないことが、

楽観的な風土を生み出した、としています。

加えて収入が減ったにも関わらず、

幸福度が増したという2人の身近な事例を紹介し、

2人の共通点として下記3点を挙げています。

なぜ沖縄県の幸福度は高いのか3つの共通点

  • 公益性の高い仕事についていること
  • 地方にかかわったこと
  • 東日本大震災をきっかけにアクションを起こしたこと

では、次の章からは、

前野教授の分析と内閣府の調査を比較していきます。

2.幸せと収入の関係

内閣府の統計調査では

「世帯年収別の総合主観満足度」の中で

世帯年収が「2000万円~3000 万円」までは

年収の上昇に応じて満足度が高まる一方、

それ以上の年収があっても、

満足度はゆるやかに逓減していくと報告しています。

※内閣府:「満足度・生活の質に関する調査」に関する第1次報告書6頁中段より

2つの調査からは、

年収と幸せ(満足)とは

必ずしも正の相関があるとは限らない

ということがわかります。

特に内閣府の調査が示す

「世帯年収が3,000万円以上になると

満足度が下がる」という事実には、大変驚かされます。

3.幸せと地域の関係

内閣府の調査では

地域間での大きな満足度の差異は

みられませんでした。

前野教授と内閣府の調査では、

「都道府県別」と「ブロック別」である点、

質問が「幸福度」と「満足度」である点などが異なる為、

単純比較をするのは、少し乱暴かもしれませんが、

幸せと地域」には

必ずしも関連性がみられるとは限らないようです。

※内閣府:「満足度・生活の質に関する調査」に関する第1次報告書5頁上段より

4.幸福感をもたらす要因とは

両者に共通点がみられたのは

「世の為に役立っていると自覚している人は

幸福(満足)度が高い」という点です。

前野教授は

年収が下がっても幸福度が高い人に見られる特徴に

①公益性の高い仕事についていることを挙げ、

その説明の中で


人間の心というのは不思議なもので、

自分だけが幸せになりたいと思っていても

幸せにはなれないのです。

一方、誰かを幸せにしたいと思うと、

自分も幸せになれるのです。


と明言しています。

内閣府の調査では

「ボランティア活動をしている人」は

していない人と比較して

満足度を高く回答している様子が見てとれます。

※内閣府:「満足度・生活の質に関する調査」に関する第1次報告書17頁上段より

今回2者のレポートの相違点を検証した結果、

「幸福感」は収入や住んでいる場所よりむしろ

世の中の役にたっている」という

自己有用感によってもたらされる

という結論が導きだされました。

先月のコロナウィルス感染拡大防止における

緊急事態宣言下では、

医療従事者や物流関係者を「エッセンシャルワーカー」と

敬意をこめて呼ぶ風潮がみられました。

また、前野教授が

「収入が下がっても幸福感が高まった人」の共通点として

③東日本大震災をきっかけにアクションを起こした

という点を挙げていました。

コロナウィルス感染拡大は地球規模の問題であり、

東日本大震災より多くの人に影響を与えた出来事です。

新しい日常」を模索している今、

幸せと満足を感じるキャリア形成には

公益性の高い仕事」のチョイスが有効といえるでしょう。

参考文献

※1プレジデントオンラインHP:平均年収320万円でワースト1位の沖縄県民が「幸福度日本一」
https://president.jp/articles/-/35899
※2 内閣府HP:令和元年5月24日『満足度・生活の質に関する調査」に関する第1次報告書』
https://www5.cao.go.jp/keizai2/manzoku/pdf/report01.pdf

素人占い師の売上げを1か月で200倍にした方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)