Amazonビジネスのメリット&デメリット

結論からいうと、個人事業主向けの通販サービスにAmazonビジネスはおすすめです。

起業をしたら必ず備品が必要になります。

備品はペンや用紙などの文房具の消耗品やティッシュやトイレットペーパー、洗剤など定期的に購入しなくてはいけない商品も多数あります。

現在では、会社にいながら発注ができ商品を届けてくれ、会計の管理もしやすいことからネットで備品を購入している会社はかなり多くなってきました。

ネットで備品を購入するといえば

  • アスクル
  • モノタロウ
  • カウネット

など有名なサイトもありますが今回、起業初心者におすすめしたいのはAmazonビジネスです。

Amazonビジネスについて詳しく解説しています。

あわせて読みたい:

Amazonビジネスとは

Amazonビジネスとは|Amazon Business|アマゾンビジネス

起業初心者にAmazonビジネスがおすすめとされている理由はなんでしょうか?

普段、Amazonで商品を購入したことが人は多いと思います。

Amazonビジネスとは個人アカウントとは違い、個人事業主や法人に特化したビジネスアカウントです。

Amazonの全ての商品を購入できることは一緒ですが、個人アカウントとビジネスアカウントでは、できることに違いがあります。

ビジネスアカウントでは、よりビジネス向けに便利な機能が使用できます。

具体的にどう違うのか解説していきます。

個人アカウントとビジネスアカウントの違い

一部の商品では法人価格になっており割引価格で購入することができます。

ビジネスアカウントは個人事業主か法人でしたら無料で登録できますので、購入に関してはビジネスアカウントがお得です。

またビジネスアカウントは、価格表記が税抜きと税込みの2種類になるのも特徴です。

なお個人アカウントとビジネスアカウントでは購入できる商品は同一です。

ビジネスプライム会員とプライム会員との違い

Amazonには有料会員になると様々な特典が受けられるAmazonプライムがあります。

この特典で一番の恩恵があるのは、配送に関する特典でしょう。

通常ですと、購入金額が2000円未満の場合は400円位の送料がかかります。

お急ぎ便・当日お急ぎ便・日時指定便では500円位の手数料がかかります。

この手数料がプライム会員になると何回利用しても無料となります。

100円位のボールペンだけでも送料無料で、しかもお急ぎ便で届けてくれます。

これは個人でもビジネスでも、プライム会員ならば配送に関しては同じ特典になります。

では、プライム会員になるにはいくらかかるのでしょうか。

個人アカウントの場合

  • 年間プラン4900円(税込み)
  • 月間プラン500円(税込み)

※学生向けの割安料金プランも有

ビジネスアカウントの場合(年間プランのみ)

  • 4,900円(税込み)3ユーザーまで
  • 13,500円(税込み)10ユーザーまで
  • 37,800円(税込み)100ユーザーまで
  • 270,000円(税込み)無制限

ビジネスプライムも3ユーザーまでなら、個人アカウントと同じ料金になります。

ビジネスプライムの場合は利用するユーザーによって4種類の価格帯があります。

会社内で利用する人が複数いる場合、ビジネスプライムの方がかなりお得になります。

個人アカウントの場合は3人で利用するとなると、3倍の料金がかかってしまいます。

プライム会員にある特典で、ビジネスプライム会員にはない特典があります。

それが下記です。

  • プライムビデオ
  • プライムミュージック
  • プライムリーディング
    動画配信・音楽配信・読書の
    デジタルコンテンツサービス
  • プライムナウ
    食事や食材などスーパーと連動して
    2時間以内に届けるサービス(ほぼ都内のみ限定)
  • Amazon Photo
    容量無制限で写真を保存できるサービス

エンターテメント関連など個人向けのサービスに関しては、ビジネスプライムでは省かれています。

>>>Amazonビジネスに無料登録する<<<

Amazonビジネス会員のメリット

Amazonビジネス会員のメリット|Amazon Business|アマゾンビジネス

Amazonビジネス会員だけのメリットもあります。

3つの大きなメリットを確認しましょう。

メリット1|請求書払いが可能になる

審査によって限度額が変わってきますが、月末締めの翌月末払いの後払いができます。

そして、複数のユーザーで利用できることです。

メリット2|社員ごとに制限をかけられる

社員ごとに発注できる金額を設定できたり、管理者が確認して了解を得た商品だけ購入できたりするようになるなど、細かい設定によって効率化できます。

メリット3|ビジネス分析レポートが作成できる

Amazonビジネスでは、ビジネス分析レポートが閲覧できます。

これにより「いつ、誰が、何を、どの位の量を購入したのか」を把握できるようになりますので、不正利用の防止や経費削減にも役立ちます。

>>>Amazonビジネスに無料登録する<<<

他通販サイトとの比較

他通販サイトとの比較|Amazon Business|アマゾンビジネス|Amazonビジネス

今回ご紹介しているAmazonビジネスのほかに、備品を調達する有名な通販サイトといえばアスクルやモノタロウ、カウネットがあります。

Amazonビジネスとアスクルやモノタロウ、カウネットを比較してみます。

通販サイト名取り扱い商品数
Amazonビジネス2億~
モノタロウ1800万~
アスクル745万~
カウネット16万~

Amazonビジネスの圧倒的な販売商品数が際立っているのがお分かりかと思います。

例えば飲食系のビジネスの場合だと、文房具だけでなく清掃用品、業務用の調味料や食材なども一緒に購入することができて非常に便利です。

Amazonビジネスには有料会員サービスがありますが、他通販サイトにはありません。

設定された金額以上購入しなければ、送料が必ずかかるので少量ずつしか購入しないのであればAmazonビジネスがお得です。

>>>Amazonビジネスに無料登録する<<<

Amazonビジネスのデメリットは?

Amazonビジネスのデメリットとは?|Amazon Business|アマゾンビジネス

結論からいうと、Amazonビジネスのデメリットはほとんどありません。

ですので、起業初心者の方はすぐ登録することをおすすめします。

Amazonビジネスは無料で登録できますし、2000円以上の購入は送料も無料になります。

起業してしばらく経って気持ちや時間に余裕ができたら、他サイトと比べて購入していくのも良いと思います。

PB(プライベートブランド)商品などそのサイトでしか購入できない商品があったり、各々でセールを行っていたりしますので価格も一定ではありません。

Amazonビジネスを含めた数社で上手に購入していきましょう。

>>>Amazonビジネスに無料登録する<<<

まとめ

Amazonビジネスのメリットとデメリットについて解説してきましたが、いかがでしたか?

AmazonビジネスはAmazonの使いやすさ、サービスの品質をそのままにビジネス向けに強化された会員サービスです。

起業したての方は、ぜひAmazonビジネスを利用して初期投資を抑えながらビジネスに必要なものを揃えましょう。

Amazonビジネスのアカウント作成について、こちらで詳しく解説しています。

Amazonビジネスの詳細:Amazon公式サイト

あわせて読みたい:

投稿者プロフィール

アイン記事編集部
アイン記事編集部
一般社団法人アイン専属の記事編集部です。

「絶対にやってはいけないSNS集客法 30チェックシート」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)