SNSから濃い見込み客を集める方法を紹介します

SNSの国内利用者数が8,000万人になろうとしている現在では、SNSで集客するのは当たり前の時代になってきています。ただ、とにかく人数を集めたら商品が売れるかと言えばそうではありません。

興味や関心を持ってないお客さまを、いくら集めても購入に結びつくことはあまりありません。では、どうしたら購入してくれる可能性が高いお客さまを集めていけるのでしょうか?

この記事は以下の方におススメです。

  • 占い師又はWebビジネスで集客にお悩みの方
  • SNSを利用して集客したい方
  • マーケティングを学びたい方

SNSで集客!~見込み客リストってなに?~

見込み客とは、商品やサービスに興味や関心があり後に購入の可能性があるお客さまのことです。

見込み客リストとは、いわゆる顧客名簿(お客さまの連絡先が分かる名簿)のことになります。

ただのリストになると、企業や個人の情報がただ羅列されて記入してあるものになり、ここからテレアポや訪問して営業をしていくことになります。

ただ、闇雲に情報を集めただけのものはリストであり、見込み客リストではありません。

商売において見込み客リストは大変重要で、江戸時代の商人は火事になった時に、真っ先に顧客名簿を持って逃げたと言われています。

SNSで集客!~SNSでフォロワーを集める~

SNSで集客する場合、フォロワーがリストになっていきます。ここで大事なことは、お客さまのメールアドレスを取得することです。

将来的には、メッセンジャーやダイレクトメッセージでも集客に効果的になっていくかも知れませんが、現在ではメールの方が効果的です。

LINE(ライン)は、集客の入り口向けではありません。どちらかと言うとリピーター向けに効果的なSNSです。

タイムラインもあるのですが、拡散力が高いわけではないからです。

また、メールと同様に使用できるLINE(ライン)公式があります。メールマガジンと同様の使い方もできますが、お客さまの行動結果に違いがあります。

メルマガを登録するお客さまは、メールが送られてきたら開封してくれる確率も高く、最後まで読んでいただける確率も高いのですが、LINE(ライン)公式の場合は、開封はしてくれるけども流し読みされるケースが多い傾向があります。

このことからも、見込み客リストを作っていくにはメルマガが効果的ですが、もちろんメルマガとLINE(ライン)公式を両方行うことで、更に効果が上がります。

SNSで集客!~なぜSNSから見込み客リストがとれるのか~

SNSで集客する役割は、見込み客になってくれるお客さまを集めていくことです。

SNSから直接お客さまに商品を買ってもらうことは、かなり難しいことです。

どれだけちゃんとした人のリストをとれるのか

見込み客とは、商品やサービスに興味や関心があるお客さまのことを言います。

そして、有効性な関係が保てているかも非常に大事なポイントです。

フォロワーは、お客さまではありません。

いくらフォロワーが多くても誰も購入してくれなければ意味がありません。

また、リストの量が多くても興味や関心がある人がいなければ全く商品は売れません。

フォロワーは、あくまでも薄い関係性のお客さまです。

ただ、フォロワーを沢山集めても、それはリストであって見込み客リストではありません。

お客さまと、SNS等を利用してキチンとした交流をしていくことで、信頼関係が築かれていき、濃い関係になり見込み客となっていきます。

SNSでも、実際に会ってコミュニケーションをとって信頼関係を築いていくように、お客さまとの心の距離を縮めていくことが大切です。

SNSをただ使えば見込み客リストになるわけではない

SNSからは、いきなり売り上げを作れるとは思わない方が良いです。

そこから交流して、メールアドレスを取得していかなければいけません。

一度切だけ集客するのでしたら、SNSから直接売れる手法もありますが、大半のビジネスはリピート客に支えられて成り立っており、新規客だけでビジネスを継続するのは人口に限りがあるので難しいです。

あくまでも濃くするための「途中経過」

SNSは、いきなり売るためではなく見込み客を作るために使用します。

お客さまは、認知していなかったり、信頼関係がなかったりすれば購入することはまずありません。

ただし有名人の場合は、SNSから直接売れるしリピーターにもなってくれます。

それは、SNS以外ですでに有名になって何回も目にする機会があり、ファンも多数いるので認知度も信頼度もあるからです。

有名人でなければ、SNSで集客してすぐ販売する手法は通用しません。

お客さまは、知らない人からいきなり商品を買うことは、ほとんどありません。

SNSで集客!~どうやって見込み客リストを集めるのか~

ここからは、どうやって見込み客リストを集めていけば良いのか解説していきます。

  1. 価値を提供する
    価値を提供することによって、メールリストに引き込んでいきます。お客さまにとって価値とは、情報提供・サービス提供・商品提供などあります。

    情報を提供する場合は、有料レベルの情報を切り取って提供していきます。全部一度に提供してしまうと底が見えてしまうので、切り取ることが大事です。

    この、手法は意識してみているとよく分かりますが、多数の人が行っている手法です。それは、お客さまは満足すると去っていきやすいので、継続していくための手法です。
  2. メルマガで更に深い知識を提供していく
    お客さまに負担にならない程度で、フロントオファーや無料オファーを出していきます。更に深い知識を提供することによって、信頼関係を築いていきます。

    この時、注意しなければいけないことがあります。安易にメルマガで、他人・他社のアフィリエイトをしないことです。せっかく見込み客になってくれたのに、信頼を失ってしまいます。

    目先の利益だけを追い求めてしまうと、見込み客が離れる原因にもなりリピーターにもならなくなってしまいます。時間がかかってもリピーターになってもらった方が利益になります。

SNSから見込み客リストを集めよう!

SNSでフォロワーを集めていくことによって集客していきます。ただのフォロワーだけでは、商品を購入してくれる可能性は低いです。そこで、SNSやメルマガで交流していきます。

交流していくことで、信頼関係を築いていくことで商品を購入してくれる可能性が高い見込み客になっていき、リピーターにもなってくれSNSで拡散してくれるようにもなってくれますので、深い信頼関係が作れるようにしていきましょう。

素人占い師の売上げを1か月で200倍にした方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)