ウェブでサービスを販売するときに必ず覚えてほしい1つのテクニック

Web(ウェブ)でサービスを販売している占い師の方で、売上アップに困っていないでしょうか?

SNSやスキル販売サイトである程度集客ができたとしても、売上が0円または1万円程度しかない時があるでしょう。

全然稼げずにどうすればいいか分からない時に、必ず覚えてほしいテクニックが1つあります。

この方法を実際に使った占い師の方は、ココナラで一気に20万円以上稼げるようになりました。

集客で悩んでいるならば、これから解説するテクニックが有効です!

こんな方にオススメ

  1. 集客の方法が全く分からなくなった方
  2. 自分の商品をすでに持っている方
  3. Web(ウェブ)で集客を考えている占い師の方

Web(ウェブ)でサービスを販売するときに必ず覚えてほしい「アップセル」について

ここで紹介する必ず覚えてほしい1つのテクニックとは「アップセル」という方法です。

初心者の方は初めて聞くかもしれません。

しかし、アップセルはマーケティングでは基本的なテクニックで、江戸時代からこの方法が使われていました。

アップセルは「お客さまに対して高単価のメニューを追加でオファーすること」です。

要するに、あなたのサービスを買いに来てくれたお客さまに対して、さらに高い商品を売るのです。

アップセルの具体例

私たちの身のまわりに、アップセルを使って販売される商品やサービスは意外と多く存在します。

たとえば、クレジットカードでは初めに年会費無料のいたって普通のクレジットカードに入会してもらいます。

ある程度の年数で使ってもらった後に、年会費がついた1ランク上のカードをすすめます。

こうすることでよりクレジットカードを利用してもらい、利益を出します。

もし入会してから全く使わなくとも、年会費分の利益が確保されるので結果的に顧客単価が上がります。

パソコンを新しくしようと家電量販店に行った場合、店員は「今まで使っていたパソコンよりハイスペックで高い機種」をすすめるでしょう。

お客さまにとっても、買い替えるなら性能が良い機種が欲しいと思うので、値段が高くても意外と買っていく傾向があります。

アップセルのメリットについて

アップセルは、大量生産したものを薄利多売する昔の方法とは違って、すでに繋がりができたお客さまを大切にする現代の価値観に合っているのがメリットです。

お客さまの人生により高い価値を与えること。

これをLTV(ライフ・タイム・バリュー)と言います。

特に日本人は「買い物をするときには必ずここの店」と決めていますよね?

いわゆる行きつけの店というヤツです。

新しい店というのは行きつけの店とは違って「信頼」が足りません。

店側としても新しいお客さまを集め続けるより、常連客とのつながりを大切にするようになりました。

「信頼」があればあるほどアップセルは成功すると言えるでしょう。

アップセルのデメリットについて

アップセルは「信頼」があれば成功率が高まりますが、逆にお客さまとのコミュニケーションを築けないと効果が出ないのがデメリットです。

最初の内からアップセルをガンガン実行すると、お客さまからは押し売りされているように感じます。

LTVを意識してアップセルを実行しましょう!

Web(ウェブ)でサービスを販売するときに必ず覚えてほしい「アップセル」の実践法

ではWeb(ウェブ)でサービスを販売する占い師の方が、売上を一気に上げる「アップセル」の実践方法を解説します。

すぐに実践できるので、読んだ後にぜひ実行してみてください!

たとえば1回の占いが3,000円なのに対し、3万円のメニューをすすめたとします。

価格差は10倍、実践の結果ではアップセルの成功率は5%です。

ひと月にお客さまが100人来たと仮定します。

占い1回分3,000 円×100人=30万円。それに高単価メニュー3万円×5人=15万円

この2つを合わせると月商が45万円に。アップセルをせずに占いをした場合で30万円なので、売上が50%上がりました!

方法は高いメニューをすすめるだけなのですぐに実践ができます。

しかし、いきなり高いメニューを売ることに抵抗があるなら、「クロスセル」という方法を使いましょう!

Web(ウェブ)でサービスを販売するときに必ず覚えてほしい「クロスセル」とは

クロスセルとは抱き合わせやまとめ買いのことを言います。

たとえばガソリンスタンドでオイル交換やキーパーコーティングをすすめたり、美容室でカラーやパーマをすすめたり、身近にはアップセル同様にクロスセルで販売される商品が多く存在します。

高単価でなくてもハンバーガーと一緒にポテトやドリンクを一緒に買うような感覚で別のメニューをすすめると効果的です。

ココナラで実際に売り上げを上げた占い師

こちらの占い師の方はタロットカード占いを1回3,000円で出品しました。

その結果、月商1万円でしたが、ここで金運が上がる画像を1つ5,000円で出品しすすめます。

その画像がかなり売れて、売上が上がっただけではなく購入したお客さまから感謝されました。

タロットカードであれば、1回で占うジャンルを1つに限定し、他に悩みがあるようであればその悩みに合ったジャンルをもう1つすすめる事も効果的です。

ココナラで実際に売り上げを上げた霊媒師

今度は霊媒師の方です。月商10万円程でしたが、鑑定にきたお客さまに霊気を込めた石を1個10万円ですすめました。

するとその石が売れたおかげで、月商が30万円に上がりました。

お客さまの鑑定結果ごとに見合った石をすすめたのが成功のポイントです。

Web(ウェブ)でサービスを販売するときに必ず覚えてほしい「アップセル」を実践してみよう!

Web(ウェブ)でサービスを販売するときに必ず覚えておくと役に立つテクニック「アップセル」を紹介しました。

このテクニックは占い師に限らず、すでに自分の商品を持っているという方なら誰でもすぐに実践できます。

もし、販売できる商品がなくても方法がカンタンなので、覚えておくと役に立ちます。

ぜひアップセルを実践してみて下さい。

素人占い師の売上げを1か月で200倍にした方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)