集客の悩みを解決する心理術「ザイアンスの法則(単純接触効果)」とは?

集客・特に訪問販売や対人交渉の場で、覚えていくと有効な心理術があります。それは「ザイアンスの法則」です。別名「単純接触効果」とも言い、1度でも接触した人に対して警戒心が薄くなる心理現象を指します。

この心理術は訪問販売のセールスマン・接客業だけでなく、恋愛にも応用できます。もちろん応用すればオンライン上のビジネスにも使えるので、集客でお悩みの方は、この記事を読んでザイアンスの法則をしっかり理解しましょう!

この記事は下記の方におススメです。

  • 集客でお悩みの方
  • 効率よく集客できる方法をお探しの方
  • 多くのお客さまと信頼を築きたい方

集客の悩みを解決する心理術「ザイアンスの法則(単純接触効果)」を使った具体例

ザイアンスの法則とは、初めは興味がないか、苦手な物でも何度も見聞きする内に好きになっていく心理現象です。この事実を研究し結果を発表したアメリカの心理学者、ロバート・ザイアンスから名づけられた法則です。

人間は本能的に初めて見るものを警戒します。それは狩猟をしていた頃、毒がある食べ物かどうかを見極めるためにそうなりました。

初対面の人に合う時に緊張したことはありませんか?大体の人は初めて会う人に対して警戒し、冷たい態度を取ったり、辛らつな言葉を向けたりします。これは相手に関心がなく好印象ではないからです。

これが2回目、3回目と繰り返し顔を合わせる度に、警戒心が薄れて好意に変わります。

お分かりでしょうが、これは「恋愛」によくあるパターンです。最初から女性にプロポーズをしても100%断られるので、何度もデートを重ねて女性に心を開かせるのです。

学校・職場・サークルが恋愛のきっかけになりやすいのは異性と接触する機会が単純に多くなるのが理由の一つです。

これが最も顕著なザイアンスの法則の活用例です。

対人でなくてもザイアンスの法則はCMでも使われています。テレビでCMを何回も流すことで見ている側は自然に親近感がわきます。特にストーリーとしてシリーズ化したソフトバンクの白戸家やauの三太郎が良い例ですね。

ザイアンスの法則を使うメリットについて

ビジネスにおいてザイアンスの法則で得られる効果はおおきく、1度でも警戒心が薄くなればチャンスはこちら側に回ります。

たとえば、訪問販売のセールスマンが足で稼ぐというのは相手に何度もあって顔を覚えてもらい、親しみを持たせるためにしています。地味ですがザイアンスの法則に基づいた行動なんです。

上記の理由から、セールスマンは最初から商品を売るのではなく1回目は自己紹介、2回目は世間話、そして3回目から商品の売り込むのです。これはセールスでは王道のやり方です。

ザイアンスの法則を使うメリットは、商品が売れるだけではありません。一度信頼が生まれると、お客さまは次も同じ販売員から買いたいと思われます。

つまり顧客と太いパイプがつながります。

この傾向は50代以上のお客さまに顕著に見られる傾向で、お客さまは「高くてもあなたにおまかせします。」と思い、セールスマンも「長い付き合いなので特別価格でお売りします。」と長い目で見たら非常にいい関係が結べてWIN-WINな関係が期待できます。

ザイアンスの法則を使うデメリットについて

ザイアンス法則では、お客さまと接触を重ねることで信頼が生まれるというものでした。

しかし、ただ接触すればいいというものではありません。悪い印象を与えないようにふるまう必要があります。

第一印象をバカにしてはいけません!なぜなら人間は「初頭効果」によって最初の印象が後々の施行に影響するからです。最初の印象が悪ければどんなにいい商品を売り込んでも、感じが悪いセールスマンから買おうとは思いません。

また最初の印象をクリアしても、毎日セールスに訪問したり、しつこく電話をかけると迷惑だと思われて印象がガタ落ちします。

ビジネスにおいてあくまで「会うこと」ではなく「信頼を得ること」が重要で、そのためにザイアンスの法則を手段として活用しましょう。

間違っても嫌がるお客さまの心を無理にこじ開けようとするのではなく、信頼される見込み客を探しましょう!

集客でザイアンスの法則をどう活用できるか?

ザイアンスの法則で取り上げた上記の例は、セールスマンがお客さまと1対1で交渉するものでした。

しかし1対1の交渉は信頼を生みますが、集客には非効率的です。なので多くのお客さまを集めるならザイアンスの法則を活用しながらオンラインで集客するのが効率的です。

たとえばあなたが専門分野でサイトを立ち上げて情報を発信します。するとその分野に興味がある人は、検索で何度もあなたのページを訪れます。

そのとき2度目以降にクリックすれば「あれ?前に見たページだ!」となり、この繰り返しでお客さまに信頼が生まれます。

サイトの記事の下におススメする商品のアフィリエイト広告を張る。または自身が売る商品のかんたんな紹介とリンクを人気記事の下に貼るとその広告を見た分だけお客様の目にとまります。

つまり接触する回数が増えることでザイアンスの法則が効果を発揮します。

ザイアンスの法則を一番効率よく発揮するのが「メルマガ」です。最初はメールアドレスを登録させるだけですが、登録者の数だけあなたを信頼してくれる太いパイプでつながったお客さまから商品を買ってもらえます。

あとはPPC・アドセンス広告に出稿、SNSで同じ内容を定期的にツイートするのも良いでしょう。

これらの共通点は「できるだけ多く接触させる」こと。ザイアンスの法則を活用すれば、オンライン集客でも効果が出ることでしょう。

ザイアンスの法則を実践して信頼されるビジネスマンになろう!

ザイアンスの法則とは、単純接触効果とも言われるように接触すると初対面の時より警戒心が薄れて好意的になるというものでした。

恋愛において、友達・同僚から恋愛へ発展するという王道パターンも同じ法則で成り立っています。

人から商品を買うということは信頼を買うというがごとく、オンラインでも広告やメルマガという形で信頼を構築も可能です。

今回の記事が参考になったらぜひ試してみてください!

素人占い師の売上げを1か月で200倍にした方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)