集客の悩みを解決するために、集客が最も重要だと考える

あなたが、ビジネスを行う上で最も重要なこととは何でしょうか?色々な答えを思い浮かべると思います。商品力や販売力、人材など必要だと思えることは沢山あります。

ただ、最も重要で最も必要となるのは「お客さま」です。いくら良い商品があってもお客さまがいなくて売れなかったら意味がありません。

いくら、良い人材がいても、豊富な資金があっても、かなりの情熱を持っていてもお客さまがいなければビジネスは成り立ちません。それだけお客さまは重要なのです。

そんなことは当然だろうと思われる方もいらっしゃると思いますが、結構忘れてしまいがちになります。お客さまが重要だということは、集客もかなり重要だということです。

この記事は下記の方におススメです。

  • 集客にお悩みの方
  • マーケティング担当者又はマーケティングを学びたい方
  • 起業初心者又は今後起業しようと思っている方

集客の悩み解決~集客とは?~

では、集客とはどういう意味なのでしょうか?文字のごとくお客さまを集めるということでしょうか。とにかく人を集めていけば良いのでしょうか?

展示会を行うので人を集める、ホームページを作成したので人を集める、声をかけたり広告をだしたりして集めようとすると思いますが、いくら人が集まったとしても購入してくれなければ意味がありません。

集客とは、ただ単にお客さまを集めるということではありません。信頼関係のあるお客さまを集めることです。つまり、購入する見込みのあるお客さま、見込み顧客の数を増やすことです。

集客の悩み解決~集客とマーケティングの違い~

集客とマーケティングは同一の意味の言葉ではありません。日本語と英語の違いでもないのです。マーケティングは、事業を全体的に成功に導いていくために行っていくことです。

ニーズのリサーチから、商品やサービスの開発、広告などの宣伝活動、価格の決定やお客さまへのサービスなど成功へのプランを作って、最適化していくことです。

集客は、すでに自社の商品やサービスが開発されており、お客さまに認知度を高めていき購入してもらうための手法です。集客は、マーケティングの中の一部ということです。

集客の悩み解決~変化してきたマーケティング~

現代マーケティングの第一人者、アメリカの経営学者フィリップ・コトラーは、時代によってマーケティングが変わってきたと説いています。

1960年代まではモノ中心の時代でした。とにかくモノが足りない状態で、商品を生産すれば売れる時代です。

1970年~1980年代になっていくと、徐々にモノが豊富になっていくことで、お客さま側が商品を選べる時代になっていきます。ただし、まだお客さまを集めさえすれば売れる時代でした。

1990年~2000年代では、企業の姿勢や商品のコンセプトが問われるようになりました。企業や商品が、社会に対しての価値があるのかどうか考えるお客さまが増えていきます。

そして、2010年代以降になると、お客さまの欲求を満たせる商品やサービスが求められる時代になりました。もう、生産すれば売れる時代でも、人を集めれば売れる時代でもありません。

モノや情報が溢れかえっている時代になり、本当に魅力があり価値の高い商品やサービスではないと通用しなくなってきました。

集客の悩み解決~集客の意味も変化している~

時代によって、マーケティングが変化していくことにより、集客の意味も変化しています。以前は、モノが足りないので集客をあまりしなくてもモノが売れていました。

そして、ただ単に人を沢山集めれば商品が売れる時代もありました。モノがかなり豊富になりすぎて、お客さまの選択肢が広がり主導権がお客さまになりました。

さらに、インターネットの普及に伴って情報過多になり、お客さまは情報を取捨選択することになったので、あまり魅力や価値を感じない商品やサービスの情報は見向きもされなくなってきました。

そこで、集客の意味はマーケティングに近くなってきた部分が多くなってきました。

集客の悩み解決~現代の集客~

現代の集客は、人を集めるのではなく見込み顧客を集めるということです。まだ、見込み顧客になっていないお客さまを見込み顧客に育てていくことも必要です。

また、見込み顧客から商品を購入してもらい、リピーターになってもらうことも重要です。つまり、集客の意味も幅広くなってきているので、行動も多岐に及びます。

お客さまは、自分が必要な情報は、インターネットやSNSを使用して自分で取得できます。企業側から情報を押し付けても、現在では情報過多で嫌がられるだけです。

まずは、お客さまに選んでもらわなくてはいけません。売り込むのではなく、お客さまに必要な情報を発信して、お客さまに選んでもらい信頼関係を築いていきます。

信頼関係を築いて、お客さまが商品やサービスを購入後にリピーターになって頂き、商品やサービスもしくは自社の価値を高めていきます。この一連の流れ全てが集客です。

現在では、お客さまの選択肢が多く選ぶ側ですので、集客と言ってもお客さまをどうやって集めるのかという発想よりも、お客さまがどうしたら集まってくるのかという発想の転換が大事です。

集客が最も重要だと捉えて解決していこう!

時代によって集客の手法や意味も変化してきており、インターネットやSNSが普及した現在では集客の重要度が増していくばかりです。

集客とは人を集めるだけではなくて、購入する見込みのあるお客さまを集め、信頼関係を作り、購入して頂いて、さらにリピーターになって頂くまでの全てが集客ですのでかなり重要です。

素人占い師の売上げを1か月で200倍にした方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)