集まる集客|悩める占い師が知っておきたいこと

  • 広告を出しているのに、お客さんが集まらない!
  • 集客できないから商品が売れない!
  • そもそも集客方法がわからない!

このようなお悩みはありませんか?

どんなに良い商品でも、それを認知してもらえなければ売上にはつながりません。

商品が売れるか売れないかは、ほとんどが集客できるかできないかで決まるため、集客戦略は皆さんの占いビジネスの命運を握っていると言っても過言ではありません。

そこで今回の記事では、そもそもなぜ集客できないのかという共通の原因を説明した上で、集客力を高めるための7つのコツを解説していきます。

この記事を読めば、占い師の集客に関する悩みは解決するでしょう。

記事の信頼性

みょうじん先生

アインの集客マーケティングブログへようこそ!
占い師、ヒーラー、コーチ、コンサルタントといった方々のオンライン集客を改善する内容を無料でお届けしています。

集客に失敗する原因とは?多くの占い師が抱える3つの悩み。

占いの写真|アインの集客マーケティングブログ

占い師で集客できない!とお嘆きの方へ。

集客できない原因は、大きく分けて3つあります。

集客できない原因として、

  • 十分な顧客リストを集められていない
  • 広告の方法が間違っている
  • 売るべき相手のペルソナが明確になっていない

というものがあります。

具体的に見ていきましょう。

1.顧客リストの収集が不十分

ノートを取る写真|アインの集客マーケティングブログ

集客できない理由の第一は、リストの収集が十分にできていないことです。

顧客リストは商品やサービスを販売する場所で、成約率が高いと思われる顧客を精査して選ぶ必要があるものです。

広告を出してもなかなか集客できない場合は、まずターゲットの顧客リストをきちんと集められているかどうかを見直してみましょう。

みょうじん先生

そんなものは面倒!という占い師はアインに依頼してみませんか?

2.広告の出し方が間違っている

白紙広告の写真|アインの集客マーケティングブログ

集客できない2つ目の理由は、広告の方法が間違っていることです。

広告を出せる媒体があれば、すぐにでも広告を出したくなるかもしれません。

しかし、ちょっと立ち止まって考えてみてください。

その商品(占いサービス)は誰に買ってもらいたいのでしょうか?

例えば、30代の人に化粧品を売りたいのに、男性誌に広告を出しても、ターゲットが違うので購入には結びつきませんよね。

集客率を上げたいのであれば、広告を出している媒体が、売りたい商品に適しているかどうかをよく考えてみるべきでしょう。

みょうじん先生

どんな風に広告を出したらいいのかわからない!という占い師にアインの占い師専用集客サービスがおすすめ。依頼してみませんか?

3.ペルソナがはっきりしていない

ディスカッションしているところの写真|アインの集客マーケティングブログ

誰に売りたいのかがはっきりしないと、商品を売ることはできません。

マーケティングには「ペルソナ」という言葉があります。

これは日本語で「架空の人物」という意味で、架空の人物を作ることで、商品を売りたい相手を明確にするためのものです。

ペルソナがないと、先ほど申し上げたように広告の媒体や方法を間違えてしまい、結果的に集客できなくなってしまいます。

ペルソナを定義することで、マーケティング全体の方針を決めることができますので、集客に悩んでいる方はまずペルソナを定義することから始めることがとても大切です。

みょうじん先生

ペルソナの定義!?面倒…という占い師には、占い師専用の集客サービスがあります。アインまでご相談ください!

集客力アップのための4つのポイント

ポイントのイラスト|アインの集客マーケティングブログ

これまで、「集客できない理由」としてよくあるものを紹介してきました。

これに当てはまる人はたくさんいるのではないでしょうか。

では、実際に集客するための具体的なコツを見ていきましょう。

1.テストマーケティングの実施

会議しているところの写真|アインの集客マーケティングブログ

より多くのお客様を獲得するためには、テストマーケティングの実施が非常に重要です。

テストマーケティングとは、マーケティングの世界でよく使われる言葉です。

新しい商品やサービスをリリースする際に、その商品やサービスを試験的に使ってもらい、ユーザーの反応を見て、その結果を実際の施策に反映させる方法がテストマーケティングです。

いきなり本番の製品やサービスを投入して大失敗したら、予算的にも売上的にも大きな損失を被ることになります。そのような事態を防ぐための施策がテストマーケティングです。

テストマーケティングのメリットは、ユーザーがどのように製品を使っているかを試験的に見ることができるので、在庫過多やマーケティング予算の使いすぎといったリスクを軽減できることです。

テストマーケティングを行う上でのポイントは、ユーザーが自社の製品やサービスにどのような反応を示すのか、そしてユーザーにどのような流通経路で商品を届けるのか、ということです。

テストマーケティングを行うことで、大きな失敗をするリスクを減らすことができますので、施策を行う前には必ずテストマーケティングを行うようにしましょう。

2.オリジナリティ・ユニークな魅力を追求する

ユニークなキリンの写真|アインの集客マーケティングブログ

お客様を惹きつけることができるということは、その商品(占いサービス)が他の競合商品よりも魅力的であるということです。

どのような商品であっても、独自の魅力を追求することで他社との差別化を図る必要があります。

そのためには、自分の商品が他の商品と比べて何が優れているのかを知り、そのメリットをどのように伝えればお客様にとって魅力的な商品になるのかを考える必要があります。

そして、どうすればお客様に商品の良さを伝えられるかを考えます。そして、商品のコピーとそれを宣伝するためのメディアを考えます。

認知度を高めることが集客につながりますので、ぜひ、まずは皆さんが提供できる占いサービスの魅力を追求していきましょう。

3.SNSでシェアして拡散する

SNSのイメージ写真|アインの集客マーケティングブログ

SNSでの拡散も非常に重要な集客手段のひとつです。

近年、InstagramやTwitterを使って商品の情報を発信するマーケティング手法が流行っています。

重計で有名なTANITAや家電メーカーのSHARPなどの大手企業でも、Twitterのアカウントを作成し、独自の方法で発信することで、商品の認知度向上につながっています。

日本のSNS利用者数は、2018年末時点で7,486万人に達しており、日本の人口の約6割がSNSを利用していることになります。

これは人口全体の数字なので、30歳以下の若い世代に絞れば、その割合はさらに高くなります。

みょうじん先生

集客にSNSを活用していなければ、6割のお客様にアプローチする機会を逃していることになります。

イベントの集客にしても、店舗の集客にしても、今はSNSを使わずに集客することの方が難しいのではないでしょうか。

本気で集客して結果を出したいのであれば、SNSでの拡散はとても重要です。

4.企業の優れた集客方法を知っておこう

会議しているところの写真|アインの集客マーケティングブログ

顧客数を増やすには、優れた企業の集客方法を知ることが一番の近道です。

優秀な人から学べば、結果が出やすくなります。

もしあなたの会社が今、商品の集客に悩んでいるなら、この方法を試してみることをお勧めします。

うまくいっていない原因を探り、それを解決するための行動を起こすのにも最適な方法です。

しかし、ゼロから集客方法を考えるよりも、すでにうまくいっている会社の方法を真似るほうが、ずっと簡単ですし、効率的です。

集客に苦労していた企業が、集客方法を変えた結果、集客に成功し、売上が飛躍的に伸びた例は枚挙にいとまがありません。

優れた企業の施策を真似することで、売上が飛躍的に伸びる可能性は十分にありますので、ぜひ優れた企業の集客方法を模索・研究してみてください。

まとめ

今回は、集客に悩んでいる方のために、集客できない原因と集客のコツをご紹介しました。

この記事にたどり着いたということは、集客についてとても悩んでいるのではないでしょうか。

記事を読んで、自分に当てはまることがたくさんあったのではないでしょうか。

これから集客に力を入れようとしている方は、この記事を参考にして、これまでの対策を振り返り、集客方法を改善してください。

「絶対にやってはいけないSNS集客法 30チェックシート」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)