【FB集客】フェイス ブックの友達を増やす方法とは?|見込み顧客を発掘しよう

FB集客|アインの集客マーケティングブログ

集客できなければ、売上も上がらず、ビジネスを諦めてしまうこともあるでしょう。

そんな時、スピ系の先生業の方々に活用してもらいたいのが「Facebook」です。

今回は、友達の数を増やして集客力を高める方法を解説します。

記事の信頼性

みょうじん先生

アインの集客マーケティングブログへようこそ!
占い師、ヒーラー、コーチ、コンサルタントといった方々のオンライン集客を改善する内容を無料でお届けしています。

Facebookで友達を増やす理由は
集客の悩みを解決すること

Facebookを使って集客する場合、事前に確認しておきたいことがいくつかあります。

これらを確認せずに、やみくもに集客をしようとすると集客できないという結果になってしまいます。

FB集客を行う前に、まず確認すべきことを知っておいてください。

ターゲット層は明確になっていますか?

Dart, ターゲット, ヒット, 雄牛の目, 精度, 指摘, 炎, スポーツ|アインの集客マーケティングブログ

あなたのビジネスには、明確なターゲット層がありますか?

もし、ターゲットが誰なのかを明確に言えないのであれば、まずはターゲットを明確にしてください。

ターゲットがはっきりしていないと、いくら友達を増やしても集客にはつながりません。

自分のビジネスのメインターゲットを明確に定めることを忘れてはいけません。

商品・サービスの提供状況は?

レストラン, テーブルの設定, テーブル, ガラス製品, 脚付きグラス|アインの集客マーケティングブログ

自分のビジネスが何を提供しているのかを確認しましょう。

例えば、「ヨガ教室」「セラピスト教室」など、実際に自宅に来て作業をしてもらうビジネスを行っている場合、地元近辺以外の人と友達になっても、集客にはつながりません。

ビジネスの提供状況によって友達になれる人は変わってきますので、しっかりと確認しておきましょう。

競合他者(他社)はどうですか?

チェス, メタファー, ボード, ビジネス, 概念, ゲーム, ポーン, 人間|アインの集客マーケティングブログ

また、競合他社のFacebookの状況を確認するのも良いアイデアです。

自分よりも成績が良く、友達やフォロワーが多い競合他社をいくつかピックアップしておけば、後で友達を増やすときに参考にすることができます。

競合他社をチェックする際には、以下のような情報もチェックしておくと、Facebookページを有効に活用することができます。

  • どんな投稿に「いいね!」が多いか?
  • どんな投稿に一番コメントがついているか?

これらをまとめてチェックしておけば、似たような投稿をしても高い反応が得られやすくなります。

反応が高い投稿は、友達が増える可能性が高く、さらに集客効果も期待できます。

競合他社をチェックして、集客のヒントにしてみてはいかがでしょうか。

Facebookの友達リクエストを送る前にすべきこと

Facebookで友達リクエストを送る前に、自分のFacebookページでやっておかなければならないことがあります。

準備ができていない状態で友達申請を送っても、承認してもらうことはできません。

特に、ビジネスを始めたばかりで、初めてFacebookを利用する方はこの点に注意が必要です。

タイムラインへの投稿はありますか?

Facebook, 社会的なメディア, プロファイル, アバター, バナー|アインの集客マーケティングブログ

Facebookのアカウントを作成してすぐに友達リクエストを送るのは控えた方がいいでしょう。

きちんとしたアカウントであると判断されにくいからです。

Facebookを使っていると、定期的に友達リクエストが送られてきます。

その投稿を見てみると、

  • 「プロフィール写真を変更しました」
  • 「カバー写真を変更しました」

などと書かれていることがあります。

これはスパムである可能性が非常に高いと言えます。

あなたが新しいFacebookアカウントを持っていれば、他の人からはこのスパムと同じように見えるでしょう。

自分では友達リクエストを送ったつもりでも、相手にとってはスパムにしか見えず、承認してもらえるはずがありません。

スパムと判定されないためには、ある程度のメッセージを投稿してから友達リクエストを送るのがよいでしょう。

最低でも1週間、毎日投稿すれば問題ありません。

一日に何度も投稿することが必ずしも良いとは限りませんが、「一定期間に渡って投稿する」ことが大切です。

プロフィールは充実していますか?

顔, 頭, アイコン, 女性, 男, 人, プロフィール, プロフィール|アインの集客マーケティングブログ

集客を目的としているので、自分のビジネスの内容を準備してから友達申請をしたほうがいいでしょう。

そのためには、「プロフィールの設定」を行う必要があります。

  • 名前
    日本人が相手の場合は、漢字を使ったほうがいいでしょう。
  • 顔写真
    良い印象を与えることが大切です。
  • カバー写真
    どのようなビジネスをしているかを予測できる写真。
  • 自己紹介欄
    ウェブサイトを持っている場合は、そのリンクを掲載します。

ちょっとした見た目の違いで、印象は大きく変わります。

例えば、旅行に行った先の美しい風景をカバー写真にしても、ビジネスをしていることは伝わらず、個人のアカウントと見られてしまいます。

集客を目的としていない場合は問題ないかもしれませんが、集客を目的としている場合は適切ではありません。

まずは必要な部分をしっかりと整備してから、友達申請を増やしていきましょう。

Facebookの友達申請のポイント

さて、いよいよ実際に「友だち申請」を始めてみましょう。

ここでは、「友だち申請」の基準や注意点などをお伝えしたいと思います。

友達申請を送る人の選定ポイント

Facebook, 社会的ネットワーク, ネットワーク, 接続|アインの集客マーケティングブログ

友達リクエストを送る際には、誰に送るかが重要になります。

集客を目的としているので、集客効果が期待できる人にリクエストを送るのが基本です。

友達申請を送る相手の選び方をご紹介しましょう。

まず、対象となる友達の選定ポイントについて説明します。

  1. 共通の友人がいて、あなたのターゲット層に入っている人
  2. 競合他社と友達になっている人、コメントしている人、いいね!を押している人

優先順位は1と2の順です。

共通の友人がいる人をターゲットにする理由は、単純に承認されやすいからです。

共通の友人が多いと、申請を承認してくれる人とそうでない人の割合が大きく変わってきます。

共通の友人が多いことで、安心感や信頼感が得られることが大きな理由です。

まず、友人がまったくいないゼロからのスタートの場合は、共通の友人はいないと思いますが、徐々に共通の友人を増やしていくことで、申請が承認されやすくなります。

共通の友人がいる人を集めるためにも、集客のためにも「ターゲット」を中心に選んでいくとよいでしょう。

ただし、ターゲットを選定する際に、1点だけ注意していただきたいことがあります。

それは、すでに5,000人の友達を持っている人です。

これはFacebookの仕様上の問題ですが、Facebookの友達数の上限は5000人です。

友達リクエスト候補者の中に、すでに友達数が5000人でMAXになっている人がいる場合は、まずその人を除外しましょう。

友達を選定したら
次に「いいね」「コメント」をしよう

技術, スマート フォン, 電話, タッチ スクリーン, 画面, ディスプレイ|アインの集客マーケティングブログ

いきなり友達申請を送ると、共通の友人がいたとしても承認される確率は高くありません。

承認率を上げるために、「いいね!」と「コメント」を活用しましょう。

まずは「いいね!」をすることが大切です。

縁もゆかりもない人にいきなりコメントをすると、相手は警戒してしまいます。

まずは、警戒されにくい「いいね!」から始めましょう。

そして、数日かけて、友だちになりそうな人の投稿に「いいね!」をつけていきましょう。

ですから、あまり投稿をしない人は、最初から友達申請を狙う必要はありません。

ある程度定期的に投稿している人をメインターゲットにするべきです。

次に、一定期間、自分の投稿に「いいね!」を押してくれた人にコメントをつけるのもいいでしょう。

コメントをつけることで、相手はあなたをより明確に認識することができます。

また、コメントをしてくれた人からのリクエストを断りにくくなり、結果的に承認されやすくなります。

でも、いいね!から「コメント」にするのは、ちょっと大変なことですよね。

そのため、私が言いたいのは2つのポイントです。

1つ目は、相手も自分の投稿に「いいね!」を押してくれること。

つまり、コメントする前に、相手があなたのことを意識するようにしましょう。

2つ目は、どうやってコメントするかです。

次の例のようなコメントをすれば、初めてのコメントでも投稿しやすいと思います。

初コメントの例↓

いつもは「いいね!」だけなのですが、
この記事が面白かったので、
コメントさせていただきます。

など、上記のコメント例を参考に、相手との距離を縮めてください。

メッセージを添えて友達申請をしよう

ような, Facebook, 3D, ソーシャル ネットワーク, それが好きです|アインの集客マーケティングブログ

いいね!コメントができたら、いよいよ「友達リクエスト」です。

友達申請をする際には、メッセンジャーを使ってメッセージを送るのが良いでしょう。

ただし、一度にたくさんの友達申請をすると、Facebookから「スパム」扱いされる可能性がありますので、ご注意ください。

日頃から地道に申請することが大切です。

メッセージには、「いいね!」や「コメント」へのお礼と、「申請しましたが、よろしければ承認してください」などのメッセージを添えます。

このプロセスをきちんと踏んでいれば、かなりの確率で申請が承認されるはずです。

まとめ

  1. プロフィールを充実させる
  2. タイムラインへ定期的に投稿する
  3. まずは「いいね!」から
  4. いいね!がある程度できるようになったら友達申請へ

友達申請を送るポイント

  1. 共通の友人がいて、あなたのターゲット層に入っている人
  2. 競合他社と友達になっている人、コメントしている人、いいね!を押している人

今回の記事を参考にして、FB集客を成功させて下さい。

この記事を読んでいるあなたに朗報!

もし、皆さんがTwitterを使って集客を行いたいのであれば、「絶対にやってはいけないSNSチェックシート」は確認しておきましょう。

「絶対にやってはいけないSNSチェックシート」は無料で利用できます。

期間限定!無料でSNSチェックシートを手に入れる↓

みょうじん先生

全ての占い師セラピストヒーラーコーチ、コンサルへ。

「絶対にやってはいけないSNS集客法 30チェックシート」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)