コーチングの意味はありません!その理由は?

coaching|アインの集客マーケティングブログ
  • コーチングは意味がない
  • コーチングに懐疑的だ
  • 本当に効果があるのか疑わしい

このように思っていませんか?

結論から言えば、コーチングは意味がないわけではありません。

効果的に活用すれば、起業家としての成長にもつながる素晴らしい手法ですし、サラリーマンといったビジネスマンにも効果を発揮します。

現実に私たちアインにおけるスピ系先生業の中には、コーチングのおかげで月収100万円、200万円を達成した人も少なくありません。

コーチングを専門にしている先生も、コーチングについて新たな理解を得ることでより多くの顧客を獲得し、大幅な収入増加を果たしています。

では、なぜ世の中の多くの人が「コーチング=意味がない」と感じるのでしょうか?

今回は、「コーチングは意味がない」と感じる人の理由と、コーチングの本当の価値とは何かを説明します。

記事の信頼性

みょうじん先生

アインの集客マーケティングブログへようこそ!
占い師、ヒーラー、コーチ、コンサルタントといった方々のオンライン集客を改善する内容を無料でお届けしています。

コーチングとは?

人々, 大人, 女性, 男性, コーチング, 通, 物語を伝え, 現在の|アインの集客マーケティングブログ

コーチングを行う人のことを「コーチ」と呼びます。

コーチというと、スポーツチームの監督を思い浮かべるかもしれません。

しかし、コーチとスポーツチームのコーチとの間には、決定的な違いがあります。

気づかせるのが「コーチング」

デザイン, 女性, 跳躍, 山, カバー, 探している, キャリア, 仕事|アインの集客マーケティングブログ

それは、私たちのいうコーチングは、スポーツチーム監督のようにスキルやノウハウを徹底的に教えるのではなく、クライアント自身に気付かせるというスタンスであることです。

つまり、コーチングとは、クライアントが自発的に行動を起こし、目標を達成できるように支援することであり、コーチがどこで、どのような目的でコーチングを学んだかによって、それぞれのコーチのコーチングスキルは変わってくるのです。

コーチングの語源|あの有名ブランドに関係が?

チーム, 馬, Haflinger, 手綱, 交通機関, 交通手段, 馬車|アインの集客マーケティングブログ

コーチングは、「コーチ」という言葉の活用形です。

つまり、“coach”という言葉がもともとどんな意味を持っていたのかを知ることも大切です。

コーチという言葉が初めて登場したのは、1500年代と言われています。

もともとコーチ(COACH)という言葉は、15世紀にハンガリーのコチ(Kocs)で製造され始めた「四輪でバネと屋根のついた大きな馬車」を意味するコチ(マジャール語:kocsi)に由来します。

この言葉が初めて辞書に掲載されたのは1556年のことで、現在でも欧米では、鉄道やバスなども含めて「コーチ」と呼ばれているようです。

抽象的な解釈では、コーチとは人を乗せて目的地まで連れて行く乗り物のことです。

つまりコーチとは、人を目的地に連れて行く人

目的地, ゴール, 目的, 目標, 目当て, 理想, 行き先, ターゲット|アインの集客マーケティングブログ

つまり、コーチングとは、人をゴールに導くことなのです。

ここで、ある条件があることにお気づきでしょうか。

それは、コーチングを受ける人がゴールを持っていることが前提条件です。

そうでなければ、連れて行く先がないので、コーチはコーチとしての機能を果たすことができないのです。

コーチング・マネジメント

実業家, コンサルティング, ビジネス, 会議, 交渉, トーク, 修道院|アインの集客マーケティングブログ

一般的にはまだ馴染みの薄いコーチングですが、アメリカやイギリス、そして日本でも導入する企業が増えています。

アメリカやイギリスなどでは、企業が組織のパフォーマンス向上のためにコーチングを導入しています。

また、スポーツ選手が自分のパフォーマンスを向上させる目的でコーチングを導入することもあります。

自分の目標を実現し、人生を向上させるためのセルフコーチング。

このような形でコーチングは普及してきました。

日本では、もともとコーチングは自分の人生を向上させるための手段として捉えられており、コロナ渦である2021年現在もその傾向は変わりません。

次第に人材育成などに活用できるマネジメントスキルとして注目されるようになりました。

その結果、教育関係者や医療関係者、個人でもコーチングの実践者が増え、コーチングに触れる人が徐々に増えてきています。

コーチングには種類がある

スポーツ, 運動選手, トラック, ランナー, フィールド, レース, 勝利|アインの集客マーケティングブログ

実際、コーチングには様々な種類があります。

  • ビジネス・コーチング
  • パーソナル・コーチング
  • セルフ・コーチング

ビジネス・コーチング

男性, 肖像画, 人々, 大人, 事業, コーチング, 通, 物語を伝え|アインの集客マーケティングブログ

ビジネスの場面で結果を出すことを目的に実践されるのがコーチングです。

コーチングは、個人、企業や組織、個人のビジネスにおいて、最高のものを引き出すために使われます。

また、人材育成を目的としたものも多いです。

パーソナル・コーチング

カウンセラー, ウェルネスコーチ, 男, ポインティング, 髭, 緑の目|アインの集客マーケティングブログ

このタイプのコーチングは、目標を達成することを目的とした個人に活用されます。

このタイプのコーチングは、個人起業家のコーチが行うコーチングの中でも最も多い傾向にあります。

コーチングに種類があるということは、コーチングを行うそれぞれのコーチの考え方によって、コーチングの方法に大きな違いが出てきます。

また、コーチがどこでコーチングを学んだのか、どのような考え方をベースにコーチングを行っているのかによっても、コーチングの内容が全く違ってきます。

つまり、それぞれのコーチがどのように行動し、どのように考えるかによって、コーチングの成果は大きく変わってくるのです。

実は、コーチごとにやり方が違うということが、「コーチングは意味がない」と思われる原因のひとつになっているのです。

セルフ・コーチング

オフィス, コーチング, 事務所, ソファ, コーチングスペース|アインの集客マーケティングブログ

セルフコーチングとは、自分自身のために行うコーチングのことです。

通常のコーチングは、コーチとクライアントが一対一で行うものですが、セルフコーチングは一人で行うものです。

自分の理想を実現するために、自分で自分をコーチするということです。

セルフコーチングの目的は、ビジネスで成果を上げるため、あるいは個人的な目標を達成するためなど、人によってさまざまです。

自分への問いかけとコーチングを繰り返すことで、自分への理解が深まっていきます。

  • 自尊心の向上
  • 自分の強みの把握
  • モチベーションの維持
  • ストレスのコントロール

などの効果が期待できるコーチング手法のひとつです。

ただし、自分に問いかけ、自分と向き合うことになるので、より深いレベルで問題や悩みを解決する方法を学び、実践していく必要があります。

コーチングは意味がないと感じてしまう要因

先生, プレゼンテーション, 教育, 導入, 演説, 通信, セミナー, 男|アインの集客マーケティングブログ

多くの人が「コーチングは意味がない」というイメージを作ってしまう理由を一つずつ説明していきます。

なぜ、コーチングが効果的で変革をもたらす人がいる一方で、そうでない人がいるのか?

それは、人によってコーチングの捉え方、考え方、見方に違いがあるからです。

例えば海外では、コーチングは医療分野でも活用されるほど有名ですが、日本ではあまり知られておらず、主に個人の起業家が実践している傾向があります。

この違いが、意味のないものになってしまう原因のひとつです。

コーチングの認知度が低い

事業, コーチング, 通, 物語を伝え, 現在の, コーチング, コーチング|アインの集客マーケティングブログ

コーチングは意味がないと思われてしまう理由のひとつに、「コーチングはまだまだ知られていない」ということがあります。

コーチングとは何か?それによって何ができるのか?が理解されていなければ、当然、クライアントは「コーチング」の価値を見出すことができません。

これは非常に単純な理由ですが、過小評価してはいけないことです。

あなたのクライアントがコーチングを知らなければ、あなたが与えるコーチングがクライアントの受けるコーチングになってしまいます。

もし、その時点でクライアントがあなたに悪いイメージを持っていれば、あなた自身とコーチングというもの自体に悪いイメージを持ってしまいます。

このような状態が続くと、ビジネスを継続することが難しくなるかもしれません。

海外と日本での認知度の差

海外におけるコーチングは1990年代からアメリカやイギリスで広く知られています。

企業や医療機関、スポーツ現場などでも活用されるようになりました。

日本に普及し始めたのは2000年代から

日本でコーチングが普及し始めたのは、2000年代に入ってからです。

日本でコーチングが普及し始めたのは、主にコミュニケーションやマネジメントに関心のある一部の人たちの間でであり、まだまだ認知度は低いです。

そのため、コーチングと聞いてもイメージできない人がほとんどです。

だからこそ、クライアントをコーチングする際には、コーチングそのものの価値を正しく知ってもらうことが大切なのです。

コーチの伝える表現に問題がある

実際にコーチングを行っているコーチ自身が「言葉を伝える」ことがとても大切です。

たとえコーチングのスキルを持っていても、言葉や内容の伝え方に問題があれば、本来のコーチングの効果を得ることはできません。

その結果、「コーチングなんて意味がない」と思われてしまうのです。

コーチがどのような環境でコーチングを学んだかによって、

  • コーチングの方法
  • コーチングの目的
  • コーチングに対する考え方

これらが変わってきます。

例えば、医師であれば、「インフルエンザで病院に来た人には、インフルエンザに効果のある薬を処方する」というルールがあります。

一方、コーチングの場合は、「自信をつけたい」というクライアントに対して決められたルールはありません。

自信をつけたいと思っているクライアントに、どのようなコーチングをするかは、コーチ次第なのです。

  • 一流企業に認められたコーチ
  • トップアスリートのメンタルヘルスを指導するコーチ
  • 100人以上の起業家を成功に導いてきたコーチ
  • 約30人のクライアントに結果を出してきたコーチ
  • 有名なコーチング団体の認定を受けているコーチ
  • 本などを読んで独学したコーチ

世の中にはさまざまな種類の「コーチ」がいます。

そして、どんな種類のコーチであっても、自分のスキルを高める努力をしなければなりません。

しかし、自分のコーチングスキルをクライアントに伝えることができなければ、クライアントの望む結果を得ることはできません。

自分のスキルをうまく伝えられないコーチにコーチングされても、「コーチングは役に立たない」「コーチングは意味がない」ということになってしまいます。

つまり、あなたが本当に注目すべきポイントは、コーチングの良し悪しではなく、コーチが自分のコーチング・スキルをうまく使えたかどうかということなのです。

コーチ自身が自分のスキルを伝える力を高める努力をすれば、「コーチングなんて意味がない」と言われることも減るはずです。

しかし、コーチングスキルを習得したばかりのコーチであれば、まだ改善すべき点があるかもしれません。

クライアントにとっての「コーチング」という既成概念

心, 脳, 考え方, 知覚, インテリジェンス, 思う, 知識, 概念の, 思考|アインの集客マーケティングブログ

コーチングを必要とするクライアントは、コーチへの依存度が高いかもしれません。

しかし、完全にコーチに依存していては、クライアントが変わることはできません。

なぜなら、コーチはあくまでサポートであり、クライアントは自分で努力することが求められるからです。

クライアントに「頑張ってほしい」という気持ちを伝えないと、「結果が出ないとコーチングの意味がない」と思われてしまいます。

クライアントのマインドにも注意を

コーチングに意味がないのではなく、コーチングを受けるクライアントのマインドセットに気をつける必要があるのです。

コーチングが無意味だと思っている人は、「今のままでいい」と勘違いしています。

  • 今の人生を思い通りにすることができる。
  • 簡単に変化させることができます。
  • 特に何もしなくても自然に収入がアップする。

もし、誰もがコーチングを使って簡単に人生を変えることができたら、誰もが理想の人生を送ることができるはずです。

しかし、現実にはそのようなことは起こっていません。

コーチングという受け身のアプローチをしても、人は変われないということです。

変わるということは、一般的には難しいことなのです。

コーチングは、誰もがぶつかる「やらない理由、できない理由を考える」という壁を乗り越え、高い可能性で理想を実現することができます。

コーチングは正しく実践すれば結果を出すことができます

実際に、良いコーチに出会えれば。良いコーチングを受ければ、ビジネス経験がまったくない人でも、短期間で月収100万円を達成することができます。

自分が望んでいる変化や理想の生活に、現状からの大きな変化が必要な場合、その変化を恐れて、行動しない理由を探すようになります。

その結果、誰かに何かをしてもらうことに依存してしまうのです。

コーチングが最も効果的なのは、クライアントが自発的に行動を起こすときです。

依存したままでは、大きな変化を起こすことはできません。

どんなに素晴らしいコーチングを受けても、自分は変われません。

思うように変われない……(コーチングは意味がない)という結果になってしまいます。

コーチは、相手の中にある、

  • 本当に変化したい
  • 成長したい
  • 人生を良くしたい

という部分を育てることが大切です。

クライアントの「コーチング」という概念の認識に違いがある

アセンション, 天体, 惑星, 天, 地球, 宇宙, 光, 神秘的です, 信念|アインの集客マーケティングブログ

クライアントは、コーチングそのものに誤解を持っていて、「コーチングは意味がない」と感じていることがあります。

コーチングとは、会話やコミュニケーションのスキルやテクニックを使って、クライアントの能力やモチベーションを無理矢理上げて結果を出すことではありません。

コーチングは、クライアントが望む結果を出すために、クライアントの無意識や深層心理を変化させるためのスキルです。

これがコーチングの醍醐味です。

少し大げさですが、「今までの自分とは違う自分になる」と表現することもできます。

また、

  • 「コンフォートゾーンを広げる」
  • 「コンフォートゾーンの外に出る」

とも表現できます。

コーチングとは、自分のコンフォートゾーンを今のままにして、楽しみながら結果を出せるようになることだと勘違いしてはいけません。

コーチングとは、自分のコンフォートゾーンが広がり、別人のようになっていく感覚を受け入れる必要があるということです。

最初のうちは、誰でもコンフォートゾーンを広げることに違和感を覚えます。

しかし、コンフォートゾーンを広げれば広げるほど、できること、達成できることが増えていくのです。

個人事業主であれば、コンフォートゾーンを広げて売上を伸ばすことができます。

アインでのスピ系先生業の方々は、そのほとんどが月収数百万円を実現しています。

あなたはどうですか?

自分を過小評価している

女性, バーンアウト, マルチタスク, 顔, 輪郭, 空白, 潜在的な心|アインの集客マーケティングブログ

コーチングを受ける人が、コーチングのプロセスに自信と確信を持てなければ、コーチングを疑うことになります。

コーチングの特徴は「相手から答えを引き出す」ことです。

学校教育のように、先生が生徒に答えを教えるのではなく、コーチがクライアントに問題解決の方法を手取り足取り教えるのでもありません。

コーチングでは、クライアントが問題解決に向けて意識することが大切です。

そのため、コーチングを受けるクライアントは、自分の考え方や行動が「本当に大丈夫なのか」という不安や疑問を抱くことがあります。

その不安や疑問が大きくなりすぎると、クライアントはコーチングを信頼することができず、結果的に望ましい変化を実現することができません。

その結果、コーチングのイメージが悪くなってしまうのです。

まとめ

コーチングの価値は、多くの人が「コーチングは意味がない」と感じるほど、まだ一般的ではありません。

しかし、短期的な成長や大きな成功を収めるためには、コーチングは非常に有効な手段です。

今回お伝えしたポイントを意識して、コーチングを有効に活用していただければと思います。

スピ系ビジネスをしている全ての
占い師セラピストヒーラーコーチ、コンサルの先生へ

この記事を最後まで読まれたあなただけに限定の招待状を表示しています。

集客にお悩みできっとこのページにたどり着いたのでしょう。
記事の内容は参考になりましたか?

アインではこのように、スピ系ビジネスをされている先生方に
役立つ集客についての情報を発信しています。

もっと詳しく、確実な情報を手に入れたいのなら、
メールマガジンをご覧下さい。

メールマガジンは完全無料です。
世の中にデタラメな情報商材が出回るなか、
私たちの提供する情報は
実際にスピ系ビジネスの現場で得られたナマのノウハウです。

あなたは、もっと稼げる。
今日が人生で一番若い日です。


「絶対にやってはいけないSNS集客法 30チェックシート」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)