【メリ・デメ・やり方解説】アマゾンビジネスに登録する方法

ネットショッピングの普及率は、年々増加傾向で市場は拡大しています。総合ECサイトの利用者数が一番多い、アマゾンでショッピングを何回も楽しんだ経験がある人もたくさんいると思います。

アマゾンの魅力の一つは、地球上最も豊富な品揃えと宣伝されているほどの莫大な商品数です。「こんな便利な商品も販売しているのか」と気付いて嬉しくなることもあります。

そのアマゾンでは、法人・個人事業向けにもっと便利でお得に購入できるアマゾンビジネスというサービスがあるのはご存じでしょうか?

アマゾンを利用する人なら、登録して活用した方が仕事的にも有利なアマゾンビジネスをメリットやデメリットも含め解説していきます。

この記事は以下の方にオススメです。

  • 法人代表者・経理または仕入れ担当者・個人事業主の方
  • 会社の備品や仕入れなどをネットで購入している方
  • 経理作業を効率化して負担を減らしたい方

そもそもアマゾンビジネスとは

アマゾンの法人・個人事業主向けのサービスです。会社や事業所で使用する、事務用品や備品、消耗品など豊富な種類の中から購入することができます。

競合会社でいえば、アスクル・モノタロウ・カウネット・たのめーるなど多数ありますが、アマゾンビジネスの違う点は圧倒的な品揃えです。

通常のアマゾンで購入できる商品は、全てアマゾンビジネスでも購入できますし事務用品などの商品は、通常のアマゾンよりも安く購入できます。

アマゾンビジネスに登録できる人

アマゾンビジネスには、誰でも登録できるわけではありません。通常の個人でアマゾンアカウントを作るのとは違い審査もあります。

アマゾンビジネスは法人・個人事業主向け

アマゾンビジネスは、法人・個人事業主向けのサービスです。法人・個人事業主の方は登録できますが、アマゾンの方で審査をおこないます。

審査といっても確認のことで、法人・個人事業が実在して稼働しているのか、登録者は法人に所属している人なのか確認するため申し込んでから登録まで約3日間かかります。

個人事業主の場合は、以下の書類のうち一点をアップロードして提出する必要があるので登録時には用意しておきましょう。

  • 確定申告書B(コピー1部)
  • 開業届出書(コピー1部)
  • 過去2年以内の所得税青色申告決算書(コピー1部)
  • 過去2年以内の所得税青色申告承認申請書(コピー1部)

重要事項

  • 郵送または持参して提出した申告書は税務署の印鑑があること
  • e-taxの提出は受付番号と受付日時の印字があること
  • マイナンバーは塗りつぶす
  • 事業収入などの情報は隠しても構わない
  • 登録時と提出書類の住所が違う場合は所得税・消費税の納税地の異動に関する届出書が必要

詳細はこちら

会社に勤めている個人の場合

アマゾンビジネスは、法人アカウントを作成後にユーザーを追加することが可能です。購入の権限を与えられた場合、個人でビジネスアカウントを登録できます。

しかし、請求はまとめて会社にいきますので個人利用はできません。また、管理者の承認がなければ購入ができない設定にもできるので、未然に個人利用を防ぐこともできます。

アマゾンビジネスのメリット

法人・個人事業主の方は通常のアマゾンで購入するよりもアマゾンビジネスで購入した方が多大なメリットがあります。

法人価格で購入できる

会社で使用する事務用品や備品などアマゾンの商品の一部が、通常よりも割安で購入できます。通常価格の30%割引や50%以上割引される商品もあるので大変お得です。

また、まとめて購入すると割引される商品もあります。購入数が2個からでも割引いてくれる商品もありますので、小規模事業や個人事業の方でもお得に購入できます。

法人価格で購入できるだけでも、アマゾンビジネスに登録することを検討する価値はあります。

請求書払いが可能

1か月分まとめて支払うことが可能になります。支払いサイクルは、月末締めの月末払いです。その都度支払う煩わしさがなくなりなすし、クレジットカードの枠も使わなくてすみます。

法人カードが使用可能

法人カードが使用できますので、クレジットカードで経費管理している会社は便利です。

経費管理ができる

アマゾンビジネスでは、ユーザー数を追加して法人アカウントを共有することができますので、全ての社員が購入可能にすることもできます。

それぞれのユーザーアカウントに権限を持たせることが可能です。発注金額の制限もかけられ、管理者の承認が必要な仕組みも作ることができるので、使い過ぎや不正の対策もできます。

データの一元化と、いつ・誰が・どのくらい購入したのかレポート機能も使用でき分析することが可能です。経費処理の効率化によって手間が軽減され、誤発注によるリスクも防げます。

アマゾンビジネスのデメリット

アマゾンビジネスは、通常と同じく無料で登録して利用できるので特にデメリットはありませんが、通常のアカウントとビジネスアカウントを切り替えることで多少手間が増えるだけです。

また、配送料を無料にできるなどの配送優遇サービスは、通常と同じく有料でプライムに加入する必要があります。

もっと詳しくメリット・デメリットを知りたい場合はこちら

通常アカウントとビジネスアカウントの違い

アマゾンビジネスのメリットでも解説していますが、通常アカウントとビジネスアカウントでは違いがいくつかあります。

通常アカウントビジネスアカウント
登録条件誰でも可能法人・個人事業主
ユーザー数1人複数
支払い方法請求書払い不可請求書払い可
便利な機能なし社員登録・権限設定
購買データ取得

通常のプライムとビジネスプライムの違い

通常のプライムとビジネスプライムでは、サービス内容がかなり違います。ビジネスアカウントから、プライムビデオなど通常のプライムサービスは利用できないので注意が必要です。

通常のプライムビジネスプライム
料金月額500円年額2,450円~270,000円
年額4,900円
お急ぎ便(当日含)無料無料
日時指定便無料無料
プライム会員セール
プライム限定価格
累積購入割引
プライムビデオ
プライムミュージック
プライムリーディング
購買分析ダッシュボード
購買コントロール

ビジネスプライムの会員プランの種類

アマゾンビジネスプライムには、5種類の会員プランがありますので、事業規模に合わせて選択できます。1ユーザー限りのDUOだけは、通常のプライム会員に入会されている方限定のプランです。

年会費(税込)最大ユーザー数
DUO2,450円1
ESSENTIALS4,900円3
SMALL13,500円10
MEDIUM37,800円100
UNLIMITED270,000円無制限

詳細はこちら

アマゾンビジネスの登録方法

アマゾンビジネスの登録方法は簡単です。個人事業主の場合、提出書類を用意するのが多少面倒に感じるくらいです。

ビジネスアカウントと通常のアカウントは、別々に作成してメールアドレスも別々にすることをおススメします。

  1. アマゾンビジネスのページにいきます。
    グラフィカル ユーザー インターフェイス, Web サイト

自動的に生成された説明
  2. 「無料登録ボタン」を押します。
    グラフィカル ユーザー インターフェイス, Web サイト

自動的に生成された説明
  3. ビジネス用のメールアドレスを入力して「ビジネスアカウントを作成する」を押します。
    グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション

自動的に生成された説明
  4. 名前の欄に会社名や屋号とパスワードを記入して「次に進む」を押します。
    グラフィカル ユーザー インターフェイス が含まれている画像

自動的に生成された説明
  1. Eメールの確認をおこないます。入力したアドレスにコードが送信されるので入力し「アカウントの作成」を押す。
    グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション

自動的に生成された説明
  2. 利用者情報を入力して「次に進む」を押します。個人事業主の場合は、ここで必要書類の提出をします。
    グラフィカル ユーザー インターフェイス, アプリケーション

自動的に生成された説明
  3. 登録情報をアマゾンが確認するので結果がでるまで待ち、問題がなければアマゾンビジネスからメールが届き、ビジネスアカウントの登録が完了です。

法人の場合、情報確認の時点で下記のいずれか一点、書類のアップロード提出を求められることがあります。

  • 過去6か月以内発行の企業名と本社所在地が明記されている公共料金の領収証
  • 企業名と本社所在地が明記されている印鑑証明書
  • 企業名と本社所在地が明記されている法人設立届出書
  • 過去6か月以内に発行された登録者の連絡先と企業名が明記された社判付き在籍証明書
  • 登録者の連絡先と企業名が明記された社員証

もっと詳しく登録の仕方を知りたい場合はこちら

アマゾンビジネスはお得で便利!無料なので登録を検討しよう!

法人・個人事業主の方にとっては、通常よりも安く商品が購入でき経費管理の負担も軽減できるアマゾンビジネスは、登録しておいた方が大きなメリットがあります。

無料で登録でき退会も無料で、通常利用するのも無料です。登録の仕方も簡単ですので、気軽に商品の価格を比較するために登録してみるのも良いかも知れません。

アマゾンビジネスはこちら

「絶対にやってはいけないSNS集客法 30チェックシート」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)