集客の悩みを解決する心理術「メラビアンの法則」とは?

人は第一印象が重要だという話を良く聞くことがあると思います。人が印象を判断するのは、出会ってから実は3秒~5秒で判断してしまいます。

出会って数秒で判断してしまうということは、ほとんど見た目で判断するということです。では、見た目だけきちんとしていれば良いのでしょうか。

この記事は下記の方におススメです。

  • 集客にお悩みの方
  • マーケティング担当者又はマーケティングを学びたい方
  • 起業初心者又は今後起業しようと思っている方

集客の悩み解決~メラビアンの法則とは~

メラビアンの法則とは、アメリカの心理学者アルバート・メラビアンが1971年の著書「非言語コミュニケーション」で提唱した、感情心理です。

メラビアンは、言語メッセージと非言語メッセージを比較した調査を行い、人間の感情やコミュニケーションに関して研究しました。

メラビアンは、口調の強弱や表情に変化を付けて同じ言葉を言ってみた時に、相手はどういう印象を持つのか実験しました。通常の口調よりも強い口調で言った方が、説得力が増す結果になりました。

そして、もう一つの実験では「好意・嫌悪・中立」を表現した顔写真と、「好意・嫌悪・中立」をイメージして録音した声と、「好意・嫌悪・中立」を表した言葉をそれぞれ用意しました。

矛盾した組み合わせにして、被験者に聞かせていき印象を報告してもらいました。その結果、影響を受けた割合が視覚情報で55%・聴覚情報は38%・言語情報が7%になりました。

つまり、ポジティブな内容の言葉でも低くボソボソした声で、不機嫌な表情をして言うと、全くネガティブな印象にしか聞こえなくなってしまうということです。

これによって、メラビアンの法則は別名「7-38-55のルール」と言われます。また、視覚情報(Visual)・言語情報(Vocal)・言語情報(Verbal)の頭文字を取って3Vの法則とも言われます。

集客の悩み解決~メラビアンの法則の3要素~

  1. 視覚情報
    視覚情報は、態度や表情、しぐさなどから情報を受け取ります。目は心の窓と言われている通り、目の動きだけでも重要な情報を受け取れることもあります。

    人間は、5感を使って情報を得ています。その中でも視覚から約90%情報を得ていると言われています。情報は視覚化すると分かりやすくなり、伝えたいことが見てすぐ分かるようになります。

    言葉にはならない、又は言葉にはできない心の思いを相手に伝えることができ、お互いの意思を素早く伝えることにも役立ちます。
  2. 聴覚情報
    聴覚情報は、相手の声のトーンや大きさ、話し方から得る情報のことです。視覚と聴覚で90%以上の情報を得ています。
  3. 言語情報
    言語情報は、話をしている言葉や内容のことです。メールや手紙でのコミュニケーションがこれになります。文字や言葉で明確に情報を伝えることができます。

    しかし、文字だけでは感情が伝わらないため、相手に誤解されてしまったり、意味が上手く伝わらなかったりする場合もあります。

集客の悩み解決~メラビアンの法則を提唱した本来の意味~

メラビアンの法則での実験では、視覚・聴覚・言語の情報が一致しない場合は、どの情報を重要視するのかという実験です。つまり、言語情報は7%だけれども重要なのです。

特に日本では間違った解釈で伝わってしまったケースがあり、見た目や話し方が大事であって、話の内容はどうでも良いという意味ではありません。

もちろん、身なりや表情が良く、話し方も上手な方が信頼度も上がる傾向ですが、話の内容が悪ければ信頼度は下がります。

そして、第一印象が良ければ全てが良いという訳ではありません。その場限りの場合は別ですが、第一印象が悪くても、後に印象が良くなって成約に至るケースや交際に発展するケースは沢山あります。

メラビアンの法則が伝えたかったのは、情報が一致していない時の各情報の影響度と、3つの情報が全て一致していることが重要だということです。

集客の悩み解決~メラビアンの法則を集客に活用する方法~

メラビアンの法則では、3つの情報が違っていると伝わりにくいということですので、お客さまにスムーズに伝えるためには、3つの情報を揃えれば良いということです。

お客さまに良い印象を与える接客をするように心掛けます。それは、商品やサービスの話をする時には、表情を豊かに笑顔で明るい声のトーンにしてポジティブな言葉で話をします。

身なりも清潔感がある方が良いです。これで、あなた自信に対して印象が良くなり、自然と商品やサービスに対しても印象が良くなっていきやすくなります。

電話では、相手が見えませんが声だけでも感情は伝わります。表情を豊かにするのと同様、棒読みではなく口調や声のトーンに気を配って話をすることにより印象が良くなります。

また、メールでは文字だけですので感情が伝えにくくなります。無機質な文面にならないように、感情を込めて声に出して読んでみることがおススメです。

ビジネスシーンの一部やプライベートでは、文字だけではなく絵文字やスタンプを使って感情を表すことができるので、上手に活用しましょう。ただ、重要なことはあくまでも文の中身です。

また、Webサイトでも同様のことが言えます。文章の内容が良くてもサイトの印象が悪ければ、お客さまは途中で読まなくなってしまい、戻ってこなくなってしまいます。

メラビアンの法則を理解して集客に役立てよう!

メラビアンの法則は、視覚・聴覚・言語の情報が不一致の場合、どの情報が影響力を高く示すのかを表した法則です。

これは、お客さまとコミュニケーションを取る時に、情報が不一致だと不信感を与えてしまうことになってしまうということです。全てを一致させて印象を良くして信頼度を上げていきましょう。

素人占い師の売上げを1か月で200倍にした方法とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)