集客できる文章を書くコツとは?ズバリ『漢字』を減らそう!

集客する上で、言葉は必ず必要になってきます。

Web(ウェブ)上でも相手に伝わる文章が書けないと、だれも見てくれません。

しかし問題点が自分にあることに気づかず「どうして集客できないのだろう……」と悩む方が多いのも現実です。

そこで今回はWeb(ウェブ)上で集客できる文章を書くコツについて、ご紹介していこうと思います。

この記事は以下の方におすすめです。

  • ブログやSNSなどのWeb(ウェブ)コンテンツを持っているが集客数が伸びない方
  • Web(ウェブ)集客において、わかりやすい文章の書き方を模索している方
  • 主にWeb(ウェブ)上で、集客数が伸びる文章を書くコツが知りたい方

集客できる文章とは?

それは、読み手に伝わりやすい文章のことです。

もっと具体的に言うと『漢字』を減らすことです。

毎日ブログや、SNSなどのWeb(ウェブ)コンテンツを何回も更新しているのに集客できない。

そういったお悩みを持つ方がやらかしている失敗例の1つとして、文章の中に漢字が多すぎるというケースが存在します。

漢字をたくさん使っている文章は、なんだかアタマがいい人が書いた文章に見える気もしますが、実はその逆で、むしろアタマの悪い人の印象を与えかねません。

また、読み手も解釈するまでに時間がかかってしまうので、あまりオススメできません。

人に響く言葉とは

Web(ウェブ)上では、論文や作文ではなく、あなたが普段使っているような話し言葉で書くようにしましょう。

以下の文章を読んで見てください。

どちらがスッとアタマに入って来るでしょうか。

例1:ホームページを軌道に乗せWeb(ウェブ)集客を成功に導くまでには膨大な時間と労力が必要です。大半の人は頓挫し、収益化までに至る人は極めて僅かです。

例2:ホームページで集客できるようになるには、めっちゃ時間とエネルギーがかかります。まぁ……95%の人はむずかしいですね。

例1は意味も漢字もわかりにくいものが多い反面、例2はすぐに理解できたのではないでしょうか。

このように漢字を減らし、普段からみんなが使ってそうな言葉へ変換することで、自分の言いたいことがお客さまへ、伝わりやすくなります。

話すように書くことを意識すれば読みやすい仕上がりになります。

漢字が多いようなら、ひらがな、カタカナ語に変えてみましょう。

ただし、カタカナ語も多用するとわけがわからなくなるので注意が必要です。

次のような文章はどうでしょうか?

『ミーティングにはレジュメがマスト』

何を言われたのか、理解までに時間がかかりますよね。

漢字とひらがなとカタカナの割合が、文章の中にちょうど3分の1ずつ存在するのが、バランスのとれた文章とされています。

漢字から、ひらがな・カタカナに直した方がいい言葉

では、どういった漢字をひらがな、カタカナに直していくのがいいのでしょうか。

具体例を挙げていきます。

1.気を付ける→気をつける

2.頭→あたま、アタマ

3.簡単→かんたん、カンタン

4.その事→そのこと

5.色々→いろいろ

6.物→もの、モノ

7.改めて→あらためて

8.頂く→いただく

9.等→など

10.僕達→僕たち

字数が多い漢字はWeb(ウェブ)上だと字面が複雑に感じ、とても読みにくく感じます。

そこで読みやすい、ひらがなか、カタカナに直すようにしましょう。

また、10.の『僕たち』の『僕』をひらがなにして、『ぼくたち』にするとバランスが悪くなるので気をつけましょう。

ひらがなで書いたほうがよい言葉は常用漢字で書けるかどうかを目安にして下さい。

しかし、例え常用漢字で書けたとしても、読みにくかったり、本来の漢字がもつ意味からはなれている場合は、ひらがなで書いたほうがよい場合もあります。

また、動物や植物の名前を学術的なものとしてとらえる場合、常用漢字で書けたとしてもカタカナで書くケースが多くなってきています。

例:イノシシ トラ スズキ サクラ スギ ニンジン 

読み手にやさしい文章を意識しよう

お客さまはこちらよりシロウトです。

アンチなど文句ばかり言ってくる人は、最初から覚える気がないので相手にしなくていいのですが、基本的にお客さまに伝わらない、ひびかない文章は、むこうが悪いのではなく集客する側に問題があると考えた方がいいでしょう。

商売の成功のカギは、『相手にどれだけ価値を与えられるか』ということです。

それはWeb(ウェブ)集客においても同じです。

自分でビジネスを立ち上げてSNSやオンラインを駆使して

も、読み手にやさしい文章を意識しなければ集客数は伸びません。そしてそれはすぐにお金という数字に反映されます。

読み手にやさしい文章を心がけることは気づかいであり、おもてなしの心でもあります。

みなさんも、おもてなしの心を持って一つひとつの文章を丁寧に考えてみて下さいね。

投稿者プロフィール

アインライター部門
アインライター部門
一般社団法人アイン専属のライター部門です。

【初心者でも月収50万!オンライン集客のゼロイチを解説】

先生、士業、セラピスト、占い師などの方に向け、オンライン集客のゼロイチを伝える本を作りました!
「とってもやさしいオンライン集客の教科書」
わかりやすさで、他に負けない自信があります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)