良いランディングページの作り方!集客で失敗しないために

ランディングページという言葉を聞いたことがある人も多いでしょう。

Web集客では、成果を上げるために非常に重要なページです。

作り方次第で、コンバージョン率(獲得成果率)が大きく変わります。

あまり何も考えずに作っても失敗するだけです。

作り方にはいくつものポイントがあるので、理解して作っていくことが大切ですので詳しく解説していきます。

この記事は以下の方におすすめです。

  • Web集客にお悩みの方又はこれからWeb集客を始める方
  • 起業初心者又は今後起業を考えている方
  • マーケティングに興味のある方

良いランディングページの作り方~ランディングページとは~

ランディングページ(LP)とは、直訳すると着地ページとなりユーザーが最初に訪れたページのことで、集客用のページのことです。

Google(グーグル)などの検索エンジン、Twitter(ツイッター)などのSNS、サイトのリンク、紙媒体など様々な方法でランディングページへ集客しています。

そして、集客したお客さまに行動してもらうことが目的のページです。

商品やサービスの購入・資料請求・入会・お問い合わせなど、一般的なページとは違い集客に特化し目的を達成させるページです。

お客さまが自分で情報を探さなくて良いように、そして途中で離脱しないように、1枚のページに情報を集約してリンク先を作らないようにしてあります。

しかし、必ず1枚のページで作らくなくてはいけないというルールはありません。

伝える情報にもよります。

良いランディングページの作り方~まずは目的と設定を決めよう~

順序良く、作っていくことが大事です。

まずは、目的と設定を決めます。

ランディングページを作る目的を決める

商品やサービスの購入と資料請求、会員登録など目的によって作り方が変わってきます。

必ず、目的は明確に決めてから作り始めましょう。

また、情報をあまり多くしてしまうと訴求力が弱くなるので、商品やサービスはなるべく1つにして集中的に訴求しましょう。

複数の場合は別々にページを作りましょう。

ランディングページを見てもらいたい人を設定する

ランディングページを見てもらいたい人とは、商品やサービスを買ってもらいたいターゲットのことです。

細かく人物像を決めてペルソナを設定します。

設定によって、ランディングページの作り方を変えていきます。

年齢層や性別、住所、独身・既婚などによって、デザインや文章を変えていきます。

ランディングページの構成を決めよう

通常、営業に行って商談する場合でも話す内容や順序はとても大事です。

ランディングページも役割は同じで、構成がとても大事ですので基本を解説します。

  1. ファーストビュー
    キャッチコピー、アイキャッチ画像、権威付けなどで訴求します。
  2. 共感部分
    お客さまの気持ちに寄り添うことによって共感してもらいます。
    興味や関心を持ってもらいます。
  3. 商品説明
    商品やサービスの説明をします。
    イメージしやすいように文章だけではなく、画像・動画・表を用いると効果的です。
  4. ベネフィット
    ベネフィットとは、お客さまが商品を購入した場合のメリットです。
    どのように悩みを解決するのか、生活がどのように変化するのか説得します。

    お客さまは、商品ではなく商品を購入した後のより良い状態を求めて購入しています。
    そのため、ベネフィットはとても重要でコンバージョン率をかなり左右します。
  5. お客さまの声
    良い商品だと思っていても、1歩が踏み出せない場合は多々あります。
    そこで、背中を押してくれるのは他のお客さまの体験談です。
    説得力が増して踏み出しやすくなります。
  6. クロージング
    お申し込みボタン、お問い合わせフォームなどです。よくあるご質問などもあるとお客さまの不安解消になります。

良いランディングページの作り方~コンテンツ作成~

ここからは、コンテンツ作成で知っておいた方が良い情報を解説していきます。

デザイン

デザインの基本は以下になります。

  • 使う色は少なくして特に訴求したい部分を強調させる
  • フォントは見やすく読みやすいものを使用する
  • 文字の位置や画像の位置は揃えて見やすくする
  • 文章の行間にはスペースを入れて読みやすくする
  • 画像・イラスト・動画を使いわかりやすくする

コーディング

ランディングページをWebページにします。

まずは、サーバーとURLを決めましょう。

そして、お客さまからの問い合わせ用のメールアドレスと問い合わせに対する文面もある程度用意します。

公開・改善

ランディングページは、公開してしまえば終わりではありません。

分析しながら、常に改善していくことが大事です。

売り上げや利益に結び付くページなので、状況によって最適化していきます。

基本は、Google Analyticsを導入してレポートを活用します。

また、ヒートマップを導入して集客したユーザーの行動を分析して改善していきます。

良いランディングページの作り方~売れているランディングページから学ぼう~

他社の売れているランディングページを参考にして、学んでいくことは成功への近道です。

デザインや文章を参考にするだけではなく、目的や設定も考えて成功の秘訣も探ってみましょう。

参考にするランディングページを探すには、Google(グーグル)で検索することが手っ取り早いです。

「ランディングページ」にデザイン・かっこいい・スマホなど付け足して検索してみて下さい。

同業他社を参考したい場合は、業種で検索して実際にランディングページを見に行ってみましょう。

そして、参考事例サイトを活用する方法があります。

よく参考にされているサイトを紹介します。

  • LP幹事
    業界・カラー・イメージから検索可能、掲載ページ数は2,500件以上
  • LP advance
    業種・カラー・タイプ(かわいい・爽やかなど)・メインビジュアル(人物・物・男女など)から検索可能、掲載ページ数は1,600件以上
  • LPアーカイブ
    業種・カラー・イメージから検索可能、デザイン数は23,000件以上。

良いランディングページの作り方に大事なことはお客さま視点

良いランディングページとは、お客さまが読みやすくてわかりやすいことです。

そして、お客さまが商品やサービスを購入した後の生活に幸せを感じることが想像できるようにすることも重要です。

ランディングページを公開した後でも、お客さま視点で改善していくことがコンバージョン率を高めます。

「絶対にやってはいけないSNS集客法 30チェックシート」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)