これさえ読めばすぐに書ける!売れるキャッチコピーの例と作り方のコツ

キャッチコピーは、お客さまを惹きつけて興味を持ってもらい売上につながっていく非常に重要な役割を担っています。もし、あなたがキャッチコピーを軽く見ているのならビジネスパーソンとして失格です。

巷にキャッチコピーの付いたヒット商品は溢れかえっていて、販売促進力の強さがわかります。商品の特徴を伝えたり、お客さまの背中を押したり、記憶に残したり、キャッチコピーは万能です。

ビジネスに重要なキャッチコピーですが、作成するとなると漠然と苦手意識を持っている方は多いと思います。自分はセンスを持っていないと作る前から諦めている人もいると思います。

しかし、キャッチコピーには作るコツがあり、成功した参考例もたくさんあるので、活用していけば初心者でもお客さまの心を惹きつけるコピーを作成できます。

この記事は以下の方におすすめです。

  • 集客にお悩みの方
  • マーケティング担当者又はマーケティングに興味のある方
  • 起業初心者又は起業したい方

売れるキャッチコピーを作るにはまずお客さまを知ること

商品やサービスを販売する場合、闇雲に販売していても売れません。誰に向けた商品やサービスなのか明確にする必要があり、それを元にキャッチコピーを考案していきます。

お客さま像(ペルソナ)を設定する

購入してくれそうなお客さま像(ペルソナ)を設定して、そのお客さま像一人がどうしたら読んでくれるかを考えましょう。まず、購入してくれそうなお客さまのことを理解することが売るための1歩です。

ペルソナ(Wikipedia)

お客さまの悩みを理解する

お客さまは、何を悩んでいて自社の商品やサービスに興味を持つのでしょうか。そして、お客さまは自社の商品やサービスを使用してどのようになりたいのでしょうか。

お客さまは、悩みを解決して良い方向に変化することを望んでいるのであって、商品やサービスを購入することを望んでいると勘違いしてはいけません。

お客さまの悩みを具体的に理解して、効果の高いキャッチコピーを考案します。

すぐにお客さまの悩みを解決しようとする気持ちが大切

お客さまは、すぐにでも悩みを解決したい人ほど購入する確率が高くなります。自社の商品やサービスをすぐ使いたい人を思い浮かべましょう。

そして、すぐ悩みを解決してあげたいと思いながらキャッチコピーを考えてベネフィットを伝えることで、お客さまの心に届くコピーが作成できます。

(例)

〇2週間で合格させる大ヒット教材

✖1年間で基礎から応用まで学んで合格できる大ヒット教材

試験日が近い人は、2週間のコピーに惹かれるのは当たり前ですが、試験日が遠い人でも興味が湧き使用してみたいと思います。すぐに解決できるというコピーは、幅広く影響を与えます。

売れるキャッチコピーの作り方のコツと例

売れるキャッチコピーにはコツがあります。例を参考にしてコピーを作成していきましょう。

売れるキャッチコピーの例①~問いかけて教える~

人間は、根源的に知りたいという欲求があり好奇心があるので、問いかけると注目されやすく、知らない情報を知りたいと思います。本文も読んでくれる確率が高くなり、お客さまの反応も良くなります。

○○でしたか?+知らない情報」をテンプレートにして、その後に答えを教えてあげましょう。答えを引っ張るとお客さまは興味を失う可能性があるので、すぐ答えを教えることも大切です。

(例)

ご存じでしたか?毎月のローンの返済額が減ることを!

知っていましたか?あなたのお肌はもっと若返ることを!

知っていますか?この商品は98.5%の方がリピートしていることを!

売れるキャッチコピーの例②~具体的な数字を使う~

具体的な数字を入れることで、お客さまは商品やサービスを使用して良い方向になったイメージが湧きやすくなり、説得力が増すことで購入する確率が高まります。

○○で○○した」というテンプレートに、具体的な数字を入れることで結果がわかりやすくなります。さらに、1ケタの部分まで数字を示せば、信憑性が増してお客さまの背中を押してくれます。

(例)

たった2週間で50点アップする勉強法

1ヶ月で92%の人が5kg痩せたダイエット法

3ヶ月で売上が1.5倍になる集客術

売れるキャッチコピーの例③~新情報を表現する~

人は、本能の部分で常に新しい情報を求めているので、新商品の話題を友人や家族とする機会も多いと思います。新情報は注目されやすく興味を持たれます。

新○○・発表○○・ついに○○・とうとう○○など、新しいことを表現する言葉を頭に付けて表現してみましょう。

(例)

新登場!寒い冬だからこそ食べて美味しい

発表!この春のトレンドはこれ

ついに上陸!ヨーロッパで流行りのこの商品

とうとう出た!1ヶ月で50点上がる勉強法

売れるキャッチコピーの例④~得をする情報に刺激を追加する~

得になるコピーだけではなく、好奇心を刺激するコピーを追加して組み合わせることによって、お客さまを惹きつけるコピーになります。刺激だけ与えてもあまり効果はありません。

(例)

年収を100万円増やすために実行したこと

こんな方法で簡単に名門大学に合格しました

詐欺だと思われても仕方がない!1ヶ月で売上倍増した理由

売れるキャッチコピーの例⑤~カタカナの繰り返し言葉を使う~

カタカナの繰り返し言葉は、ドキドキやワクワクなど感情を表す言葉も多く、見た瞬間に頭に入ってくるのでお客さまの心をつかみやすくなります。

(例)

一口飲めばゾクゾクするほどのうまさ!

あなたの望みのスタイルにドンドン近づいていく!

ドキドキすることは無駄!この教材を見つけたならもう合格

売れるキャッチコピーの例⑥~魔法の言葉を使う~

自然に惹かれてしまう言葉や、面白そうで興味が湧いてしまう言葉があります。どんな情報なのかなと思って、本文を読んでもらえることで購入に近づいていきます。

(例)

奇跡のサプリメント2ヶ月で効果抜群!

魔法のスイーツ!甘い物を食べながら痩せられる

副業で1ヶ月50万円稼いだ秘密

売れるキャッチコピーの例⑦~価格をメインにする~

お客さまが商品を購入するときに、一番気になるのは価格だという方が多いのではないでしょうか。チラシでもまず、特売価格を見てから商品の詳しい内容を確認する人もたくさんいると思います。

価格をアピールポイントにしている商品ならば、キャッチコピーでも価格をメインにすれば、一定以上の成果が望めます。

(例)

今ならサプリメント60日分がお試し価格500円!

人気のアイスが全品半額セール!

国産牛にこだわったハンバーグを500円で提供!

【コツ】キャッチコピーの作り方|占い師集客で他と差別化したいあなたへ

お客さまの心を惹きつけるキャッチコピーを作ろう!

キャッチコピーは、お客さまの心を惹きつけて商品やサービスに興味を持ってもらい、購入につなげていくための重要な役割があります。

商品やサービスを購入するお客さまを明確にイメージすれば、伝えたいことも明確になります。お客さまは、商品の説明よりも使用することで得られるベネフィットを求めています。

キャッチコピーも、自分本位の考えや自分の伝えたいことではなくて、お客さまの立場になって考え作成していくことが、売れるキャッチコピーができる最大のポイントです。

「絶対にやってはいけないSNS集客法 30チェックシート」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)