インスタグラム集客のメリット・デメリット

インスタ集客のメリット①「ユーザー層の広がり」

 Instagram(インスタグラム)を集客に利用することに、メリットはあるのでしょうか?まずInstagram(インスタグラム)は国内で勢いよく成長しているSNSで、利用するユーザー層も広がりを見せています。多くの人の目にとまるので、インスタは集客ツールとして積極的に活用したいSNSです。Instagram(インスタグラム)は写真や動画が鍵なので、画像での宣伝が効果的な商品・サービスの集客において、絶大な効果を発揮します。

 人の心をつかむ画像を投稿できれば、宣伝したいものに興味を持ってもらえ、より効果的な集客につながります。インスタの画像を見る人に、

  • 「わぁ、美味しそう!食べてみたい。」
  • 「素敵な場所!ここで写真とりたい!行ってみたい。」
  • 「オシャレな服!着てみたい。」
  • 「素敵なヘアスタイル!こういう風にしたい。」
  • 「可愛い!使いたい。」

などと思ってもらうことが重要です。質が良いこだわった画像を投稿すれば、効果的なインスタ集客を行うことができます。

インスタ集客のメリット②「80%以上の購入経験」

 最近ではInstagram(インスタグラム)で画像を楽しむだけでなく、情報収集を行うユーザーが増えています。サイバーエージェント連結子会社サイバー・バズが2017年に行った調査によると、Instagramで企業アカウントをフォローしているかという問いに対して、「フォローしている」と回答したのは、20代で92%、30代で89%、40代で82%

 その中で、Instagramでの企業の投稿をきっかけに商品やサービスを購入したことはあるか?との質問に、20〜30代女性の80%以上で「購入経験がある」と回答しています。

 以上の結果からもInstagramは効果的な集客を行うことができるSNSだと言えます。

インスタ集客のメリット③「#ハッシュタグの威力」

 ハッシュタグ(#)をつけて投稿してくれたユーザーに、特典をプレゼントするキャンペーンなどを行うと、投稿が増え宣伝を拡散することができます。検索してもらいやすくするために、具体的なハッシュタグ(#)をつけることが大切です。

 例えば「#美容院」だけだと大量の投稿があるので、検索結果で表示されやすいように、「#美容院原宿」など、場所を付け加えると見つけられやすいです。店名を入れることもできます。検索で見つけてもらうにはハッシュタグ(#)がすごく重要です。戦略的なハッシュタグ(#)をつけましょう。自分が投稿したいジャンルの人気投稿を調べ、その投稿に使われているハッシュタグを参考にすることもおすすめです。

インスタ集客のデメリット①「コミュニケーションが取りにくい」

 Instagram(インスタグラム)は文字だけの投稿はできないので、コミュニケーションを取りにくいSNSです。しかし、つけてくれたコメントに返信する、いいねをつけてくれたユーザーをフォローしコンタクトをとる。など、ユーザーやフォロワーからのアクションにこまめに反応することが大切です。また、宣伝したいもののジャンルに興味がありそうなユーザーをフォローし、自分のアカウントを見つけてもらうなど、こちらからのアクションも重要ですね。

 例えば、アカウントにタグ付けしてくれた投稿にいいねしたり、自社のハッシュタグを使用している投稿にいいねをしたりすると、ユーザーは「ちゃんと見てくれて反応しているんだ」とうれしくなり、わかりやすくフォロワーが定着していきます。

 こまめなアカウントには、一つ一つのコメントにいいねと返信をしているアカウントもあります。地道で地味なアクションに見えがちですが、意外とこういう細かな努力からファンが根付いていくので、無下にせずに細かいコミュニケーションをとっていきましょう。

インスタ集客のデメリット②「拡散力がない」

 他のSNSに比べ、拡散力がないこともデメリットです。インスタグラムは、他のSNSと比べて拡散力が低いと言われています。その理由はいくつかありますが、もっとも拡散力が低いことに影響しているのは以下の2点でしょう。

  • シェア機能がない
  • フォロー相手の投稿しかタイムラインには表示されない

この2点の仕様により、インスタグラムの拡散力が低くなっていると考えられます。

 シェア機能とは、他人の投稿を自分のフォロワーに教える機能です。シェアすることで、シェアした人のフォロワーのタイムラインにシェアされた人の投稿が流れます。その結果シェアされた人数に比例して爆発的な拡散力が期待できるのです。しかし、インスタグラムにはシェア機能がありません。他人の投稿をフォロワーに教える術がないので、ひとつの投稿を拡散することは非常に困難です。

 ですが、外部アプリを利用すれば、シェア機能に似たリポストが使えます。リポストすれば多くのユーザーに投稿を拡散できるので、拡散させたい投稿がある場合はリポスト用のアプリを利用するとよいでしょう。インスタグラムのタイムラインには、フォローしているユーザーの投稿しか表示されません。フォローしている人以外の情報が拡散されにくい仕様です。

 というのも、ツイッターのような他のSNSではフォローしているユーザーが「いいね」や「シェア」をしたら、フォロワーにもその投稿が表示されます。「いいね」や「シェア」の数だけ投稿が表示されるユーザーが増えるので、すごい勢いで投稿が拡散されるのです。しかし、インスタグラムでは「いいね」をしてもフォロワーにその投稿内容が伝わりません。シェア機能もないので、情報を拡散することが非常に難しいです。フォローしているユーザーの投稿か、検索した画像しか見られないので、インスタグラムは情報拡散力が非常に低いと言えるでしょう。

そのため、

  • 人をひきつける魅力的な投稿をして多くの人の目にとまるようにする
  • 他のSNSと連携させる
  • 戦略的なハッシュタグ(#)をつける
  • リポスト用の外部アプリを使う

などの工夫が必要です。

 リポスト用の外部アプリを使うことでも、インスタグラムでの拡散力を高められます。リポストとは、他のSNSで言うところのシェアと同じような機能です。他人の投稿を自分のアカウントで投稿するので、フォロワーに拡散することができます。しかし、シェア機能とは異なり、リポストではリポストされたユーザーの名前が表示されません。他人の投稿ではなく、自分の投稿に見せかけて拡散することも可能になっているのです。これはやってはいけない行為として広く知られているので、絶対に他人の投稿を転用しないようにしましょう。というように、自らコミュニケーションを取りに行くなどして解消する必要があります。

課題2

 インスタグラム集客のメリットの中で「ハッシュタグの威力」について紹介しましたが、あなたがこれから使っていけそうだなと思うハッシュタグを3つ考えてみましょう。

「月収1万ど素人占い師が瞬時に売れっ子占い師に生まれ変わる10の秘密」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)