人を動かす言葉とは?たった一言で大きく変わる

言葉にはかなりの力があります。

誰にでも経験があると思いますが、言葉一つだけで元気になったり、落ち込んだりすることがあると思います。

言葉には、影響力がかなりありますので、人を動かすことも可能です。

言葉の力について、これを知っているか知らないかで集客力・売上・販売力がかなり大きく変わっていく話を解説していきます。

この記事は以下の方におすすめです。

  • 占い師又はWebビジネスで集客にお悩みの方
  • 経営初心者又は独立を目指している方
  • マーケティングを学びたい方

集客の悩み解決~あなたは知っていますか?~

アメリカで話題になった、2011年のショートムービー「言葉の力」をあなたは知っていますでしょうか?

YouTube(ユーチューブ)でも見られる、たった100秒程の動画です。

盲目のホームレスが、段ボールに書いた言葉があります。

「私は盲人です。助けて下さい。」と段ボールに書いていましたが、全くお金が集まりませんでした。

ある日、通りがかった一人の女性が段ボールに書いてある言葉をたった一言変えただけで、かなりの人がお金を恵んでもらえるようになったというエピソードです。

その言葉については、後ほど教えますがビジネスを成功させるためには、大切な言葉の力というのが絶大な威力を発揮します。

集客の悩み解決!~なぜ「言葉の力」を理解することが大切なのか?

「言葉の力」を理解することは大切です。二つの理由を解説していきます。

理由①言葉を換えるだけで人の行動がガラッと変わる

同じ商品・サービスでキャッチコピーが変わるだけで、売上が大きく変わる事例は世の中に沢山あります。

とあるオムツ売り場の話です。

アメリカで70年位前の話なので、今ではそのまま使用しても通用しないかもしれないが、応用すれば通用する話です。

POPを一言変えただけで、なぜかカメラフィルムも売れるようになった事例があります。これも後ほど教えます。

理由②ビジネスを成功させるには「言葉の力」を理解することは必須

成功している人のほとんどは、「言葉の力」を理解しています。

ネット上で集客する前に必ず知っておくべきことです。

なぜならば、ネット上で1番目にするのは、文字情報だからです。

だから、言葉の言い方や見せ方を変えるだけでかなり変わります。

どんな集客方法が良いかと言うよりも、まずこの言葉だから売れる、この言葉だから売れないということを理解することが大事です。

集客の悩み解決!~どのような言葉にすると人の行動を変えることができるのか~

どのような言葉で人の行動は変わるのでしょうか。二つの手段で解説していきます。

手段①マイナスの感情ではなくプラスの感情を生む言葉

ビジネスセミナーなどの行くと、煽り系コピーは強いと教わります。

強いコピーが良いと言われがちですし、確かに合っていると思います。

しかし、こういうコピーで集まってくる人は、不安を煽られやすい人ばかりが集まってしまいます。

でも、買ってくれるのならそれでも良いんじゃないかと思いますよね?

買ってはくれますが注意点があります。

このタイプの人達は、感情的に不安定ですし依存的です。

主体的に判断・行動をしません。

これの何が問題かと言うと労力がハンパなくかかることです。

こういうタイプの人達は成功しません。

全く成功しないので、お金を持っていません。

だから、無料で情報ばかり求めているので、有料で何かを販売したり提案したりすると、クレームを言ってきます。

「やっぱりお金がかかるんですね」とか「損しました」とか言ってきますが、お金を支払ってもいないのに損をしていることはありません。

こういう人達は100%成功しません。

自分で販売する側になったら「無料で販売するのですか?」と逆に聞いてみたいです。

この人達は、無料の情報しか求めていないので有料では売れないです。

お金のかかるものは悪だと思い込んでいるので、自分が販売側になったら売れません。

また、こういう考え方になっている人は今すぐに考え方を変えましょう。

こういうことを避けるためには、普段からCMやチラシ、電車の中吊り広告などを見て、キャッチコピーを見て下さい。

それで、自分が不安を煽られるのか不快に感じるのか。

又は、買ってみたいな、ワクワクするなと思うのか考えてみて下さい。

これは、その人ごとに違います。

全ての人に最適な言葉はないので、自分の目線でまずは考えることがトレーニングになります。

自分が主体的に行動や判断ができないとしたら、まず自分の目線で自主的に考えてみて下さい。

手段②事実よりも感情に訴える言葉

先程のオムツの場合、「吸水力バツグン!しかも今なら半額!」と機能面と価格面の事実のみを伝えています。

これでも売れないことはないのですが、売れてもオムツのみです。

これを、「今しか見られない姿を残しませんか?」と感情に訴えて、横の売り場にカメラを置いただけで、カメラやフィルムが売れました。

オムツを買う人は、1~2歳位の親です。

子供は凄い速度で変化していきますので、1~2歳の姿はその時しか見られません。

だから、今しか見られない姿を想像します。

そして、残したいと思ったところに横の売り場にカメラが置いてあるので、買わなくちゃいけないとなります。

現在は、スマホがあるので売れませんが、事実のみを述べてしまいがちですが感情に訴えかければ、売れるものも売上も変わってきます。

ミニムービーの「言葉の力」はどうだったのか。

「私は盲目です。助けて下さい。」これは、事実のみしか言っていません。

人は、自分がなってみないと分からないことが多くて、目が見えないことは想像ができません。

また、お金がないのは自分のせいだという思いがあります。

事実のみだと想像ができないのです。

そこで、通りがかりの女の人は「今日も素敵な1日ですね!残念ながら私は見ることができませんが」と感情に訴える言葉に変えてみました。

素敵な1日は想像することができます。

それを見ることができないのです。

感情に訴えかけることができます。

事実や機能を述べるよりも、大きく変化できます。

想像させることが大事です。

感情に訴えかけることによって、人は想像します。

想像すると行動するようになります。

行動を促すには、事実ではなく感情に訴えます。

集客は多少できているけども全く売れない場合は、言葉が間違っている可能性がありますので、言葉を換えてみることも大事です。

集客に言葉の力は重要!感情に訴える言葉を!

人は、事実のみ言われてもあまり動きません。

人は感情で動く生き物です。

お客さまは、商品やサービスを購入する時には購入後の想像をして、良い感情を持って行動します。

集客に悩んでいたら、お客さまの感情に訴えている言葉なのかチェックしてみましょう。

事実のみだけではなく、想像させることによってお客さまは行動します。

投稿者プロフィール

アインライター部門
アインライター部門
一般社団法人アイン専属のライター部門です。

【初心者でも月収50万!オンライン集客のゼロイチを解説】

先生、士業、セラピスト、占い師などの方に向け、オンライン集客のゼロイチを伝える本を作りました!
「とってもやさしいオンライン集客の教科書」
わかりやすさで、他に負けない自信があります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)